大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



円安を好感し大台挑戦したものの大手投資家の益出しの売りから、高安まちまちで終了…個別材料株のかさ上げ的な動きは継続
 新聞記者をしていた時に一番注意をしていたことは、競争相手や政敵を貶めるような記事を持ち込まれることでした。選挙の時や、経済団体が二つに割れていたりするときに、よく記事ネタの提供がありました。記事は中立でどちらにも偏らないものを書かねばなりませんが、最近のマスコミの記事を見るとおかしなものが多すぎます。今日は、橋本聖子議員とスケートの高橋選手の話が週刊誌に掲載され、テレビのワイドショーも面白おかしく取り上げていました。真剣に見る気もしませんが、今頃なんでこんなスキャンダル記事が出てくるか…の背景を考えると、ますます馬鹿らしくなってきます。

 安倍首相は9月の組閣にあたって、女性閣僚の数を増やす方針といいますが、順番待ちの「大臣なりたい病患者」は60人近くいるといわれ、一様に、女性閣僚の数を増やすことを面白くないと考えているようです。この中で、今回の記事が出てきたわけです。橋本議員は入閣の最有力候補とも言われていますから、これをつぶすには十分なネタです。同議員の脇が甘いといえばそれまでですが、これだけ、見え見えのネタで記事を書く週刊誌も週刊誌…。先ごろの、東京都議会の不適当発言の時も、渦中に、女性議員のスキャンダルめいた記事が掲載されていました。明らかに、「意図」を持った記事提供がなされ、これに記者が飛びついた…というところでしょうか。もし、金銭の授受などがあったとしたら…。先日の、責任を回避した朝日新聞の記事取り消しといい、この国のマスコミの体質は腐っている。昔、上司がコラムで大間違いの記事を書き、それを指摘したら、どこからもクレームがついていないので、訂正する必要はない…ときた。新聞というものに少しは信を置いていたが、この一言でガタガタと崩れていく音が聞こえた覚えがある。

 今日の日経平均は、4円66銭高の1万5454円45銭と小幅に8日続伸。TOPIXは0.65ポイント安の1279.64ポイントと8日ぶりに小反落して終わりました。出来高は、18億3270万株と前日から4000万株の増加。売買代金は、1兆5364億円と、前日から300億円の減少。相変わらすの薄商いでした。騰落状況は、値上り770、値下がり861と、8立会日ぶりに、値下がり銘柄数が上回りました。日経平均は前日に小動きで、終日レンジは59円。ソフトバンク1社で12円弱、指数を引き上げており、実質的には日経平均は、マイナスでした。

 今日の引け値での日経平均サイコロは、9勝3敗(TOPIXは8勝4敗)と前日から上昇。警戒ゾーンの75%に達しました。RSIは1ポイント上げ45%に上昇したものの、依然、底値ゾーン。25日線かい離は+0.7%と横ばい。指数の動きは、先物の一方通行的な商いで、過熱と売られ過ぎとが混在するというややこしい状態。物色の広がりを見る騰落レシオは、3ポイント下げ、101%に低下。まだ買われる余地を残しています。

  米国株の動きに引きずられ、先物主導できた連騰相場でしたが、6月移行のように1万5500円に近づくと、TOPIX100型の主力株を中心に実弾の売りが出てきます。おそらく、信託銀行経由で投信や年金の益出しの売りが入ったものと思われます。円相場が103円台に入っているにも関わらず、トヨタが売られたことをみても、実弾の売りが入ったとみてもよさそうです。
 レポートでも、盆休み明けの相場はさえないこと、また、当面は2週前の急落相場でつけた週足長大陰線の中での動きで、主力はさえず、高い進捗率銘柄など個別中心の流れになる…としましたが、今のところ想定内の動きをしています。やはり、主力は大手海外投資家の長期休暇が明ける9月までは、鳴かず飛ばずの動きが続き、この間、成長性の高い銘柄をファンドに組み入れる成長性志向の強いファンドが組み入れを増やす動きになるんでしょう。

 今日も日本M&Aセンターが、高値を更新していましたが、同社は、地方金融機関とのつながりが深く、金融機関からの依頼で、後継者難に悩む地方中小企業の事業再編やM&Aを行い、高い収益を上げています。また最近では、海外に進出した中小企業の撤退や事業再編なども支援。また、資金調達支援まで幅を広げるなど、独自の事業展開がファンド勢から注目を集めています。3日前にやっと3000円飛び台の壁を抜けてきたばかり…。右肩上がりのレンジ相場の上限まで行くにしても、まだまだ大きな上げ余地を残している。同じような個性的な企業はまだまだ多い。日本の構造変化が本物なら、まずは小回りが利く軽量級から…。突然の公募増資でつぶされた銘柄…一気に週足一目均衡表の「雲」内に入ってきました。雲上限付近は、週足長大陰線のより付近でもあり最大の急所。雲を抜けるかどうかで次の動きを判断してみたいと思いますが、長期的な事業展開の布石は海外も含めて打ち終わったような感じですが…。とにかく、どの銘柄も鋭角的に上げる局面がでるまで売る必要は無し。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ