大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



GPIF改革派塩崎氏の厚労相内定や追加緩和を意識した日銀トレードによる「円売り・株先買い」が指数を押し上げ続伸して終了
 長い夏休みが終わりましたが、早速、動きが出てきたようです。もたもたしていましたが、やっと3本新値が陽転。強気相場入りしてきました。相変らずの先物主導で、7月末の様子に似ていますが、果たして、今日市場が思惑したような展開になるかどうか…。あとは円安の持続力にすべてがかかっています。

 本日の日経平均は、192円高の1万5668円60銭、TOPIXは13.64ポイント高の1297.00ポイントと、ともに続伸して終わりました。出来高は、6億3000万株増の24億4232万株、売買代金は6400億円増の1兆9744億円と、一気にボリュームアップしてきました。騰落状況は、値上り1245、値下がり467。相場環境の急変で、先行グループが売られ、出遅れの主力を中心に買われるリターン・リバーサルの動きが強まりました。

 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗(TOPIXは7勝5敗)で、変わらず。RSIは4ポイント上げ73%に上昇。25日線かい離は+1.7%に拡大。指数系のモメンタムは一気に上向きに転じました。物色の広がりを見る騰落レシオは2ポイント上げ103%に上昇。日経平均の3本新値は陽転したものの、通常なら、銘柄の入れ替えは全体が下押してから起きるもの…。今日の動きは、ある程度割り引いてみておく必要があるかもしれません。

 朝方は、円安が進行したことや、GPIF改革に熱心な塩崎泰久政調会長代理が厚生労働大臣に就任する、と伝えられた
ことなどを好感。小幅続伸して始まりました。前場半ばまでは、昨日と同様に小動きに推移していましたが、ユーロが対ドルで安値を更新すると、対ドルでの円売りが増加。株先物に買いが入るとともに、裁定買いも増加。輸出株にも幅広く買い物が入り、日経平均は急伸。全引け近くには1万5700円台を回復。後場寄りも買い物が続き、後場寄り直後に、日経平均はこの日の高値1万5737円(前日比261円高)をつけていました。ただ、円が下げ渋るとともに、先物に利食いとみられる売りが増加。引けにかけては、上げ幅を縮小。1万5700円台乗せでの終わりにはなりませんでした。

 昨日から指摘していますように、本日の業種別値上り上位を見ると証券、その他金融、不動産など金融緩和関連が上位に来ています。一部には、塩崎氏の厚労相就任からGPIF改革が進展するとの期待感から上げた、との解説がありましたが、値上がり上位を見ると明らかに、日銀金融政策決定会合で何らかの変化が起きることを期待した動き(日銀トレード)が行われている可能性を頭に入れておく必要がありそうです。決算が近づいてきたヘッジファンドなど短期筋が、日銀会合、ECB理事会と立て続けに実施され、ともに景況感の悪化から、何らかの緩和措置か、または、景況感の変更から追加緩和をにおわすような発言をするのでは(日銀)との思惑から仕掛けに動いたものと思われます。ただ、日銀トレードっぽい先物買い残が増加していることは確かですし、今日の終値で、日経平均PERは15.06倍と、最近の相場が転換した水準に上昇してきました。7月末に流れが転換する前にも、ある欧州系証券の先物買い残がトップになっていましたが、昨日発表分も同様でした。イベントドリブン型HFが勝つのか、積みあがった日銀トレードのポジションを前回同様、マクロ系HFが崩しに来るのか…。

 4日の日銀会合の結果と黒田総裁の会見を聞かないと答えは出ないのかもしれません。これまで、過去の数字ばかりを重視し、先行指標を無視してきた黒田日銀総裁が、しっかりした根拠もなしに、7~9月期には劇的な改善をする…など先行指数を無視するような発言をしていますが、7月の数字がこれだけ悪くては、さすがの黒田さんも「お手上げ…」と、市場は見切り発車してきたのかもしれません。まあ、とにかく、3本新値は陽転、13週移動平均線も下値を支える格好で上昇。今週、26週線も上昇に転換。中期線はすべて上向きに転じており、売り仕掛けをしても下値は限られてくるはず…。引き続き、変化率が大きくなりそうな外需系中小型株と成長型企業の押し目買い…。次は、上げの第7ポイント(16378円)付近がターゲット。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ