大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ECBのQE採用と想定外の利下げを好感して上げるも、今晩の雇用統計への警戒感から下落して終了
 おはようございます。
 私は「オオカミ少年」ではないよ…とでも言いたげな、昨日のECB理事会の結果でした。米国の有力ファンドを資産買い取りのアドバイザーに採用した時点から、今回のQE着手は読めましたが、まさか、利下げまで行うとは…。まさに、ドラギマジックの再発でした。ECBに預ける金利は-0.2%に引き上げられたことから、域内銀行は、嫌でも預金を引き出さなければなりませんが、この資金がECBの思惑通り民間融資に回れば問題はありませんが、現実は、さっそく国債価格が上昇。資金は、債券の方に回り始めたようです。結局、QEの採用は、直接、民間に資金を流し込むための手段として採用されるのでしょう。これで、日銀とともに、ECBもマイルドなインフレを目指すことになりました。以前からレポートでも解説したように2004年以降の、日米の金融政策のタイムラグが資産価格を維持し続けた流れが再現されることになります。特に、今回は、日欧に加え、中国も緩和策を採用しています。米国が金融引き締めに移行しても実質的な効果が出るのは、少なくとも日銀が緩和策をやめてから…というのは、言いすぎでしょうか。でも、ドイツ連銀が反対しており、10月から実施されるQEの規模が、市場の満足するような」規模になるかどうかが焦点に。

 4日の米国市場動向
 ニューヨークダウ      1万7069ドル58セント   -8ドル70セント(0.05%)
 NASDAQ総合指数    4562.29ポイント      -10.28ポイント(0.22%)
 S&P500          1997.65ポイント      -3.07ポイント(0.15%)
 CME日経平均先物    1万5710円         +50円
 10年物国債金利      2.45%            +0.04%
 ニューヨーク原油      94.45ドル          -1.09ドル
 GOLD            1266.5ドル         -3.8ドル
 ドルインデックス      83.83             +0.97 ⇐昨年6月初旬以来の水準 


 昨日の米国株は、ECBが利下げとQEの実施に踏みきったことを好感。朝方発表されたISM非製造業景況指数も予想を上回ったことから、買いが先行。ニューヨークダウは続伸スタート。寄り後も買いが続き、まもなくこの日の高値1万7161ドル(前日比83ドル高)をつけ、ザラバでの史上最高値を更新しています。ただ、高値更新後は警戒感が強まったほか、朝方発表された新規失業保険申請件数が予想を上回っていたことや、(雇用統計の先行指数とみられている)ADP全米雇用報告で民間部門の雇用者数が市場予想を下回ったことから、今晩発表の雇用統計への警戒感が強まり、次第に上げ幅を縮小。来週に新製品発表を控えたアップルが続落したこともイヤケされ売りが増加。引け近くには、この日の安値1万7030ドル(48ドル安)をつけるなど、荒っぽい動きをした後、、結局、主力3指数とも下落して終わりました。ニューヨーク市場の出来高は前日比954万株増の6億2686万株。騰落状況は、値上がり1056、値下がり2079。VIX指数は、2.27%上げ12.64に上昇。

 ダウ30種は、値上り15、値下がり15。ナイキが1.4%、ホームデポが1.04%それぞれ上昇。インテル(+0.97%)、P&G(+0.97%)も上げたものの、その他は小動き。一方、ディズニーが0.88%下落したほか、原油価格の下げを受けシェブロンが0.76%、エクソンが0.76%、各下落。業種別は、装飾品、産業資材、靴、食品小売りなどが上昇。金鉱山、石油周辺サービス、バイオテクノロジーなどが下落。
 NYダウは小幅反落。内外要因の間で大きく上下に振れました。終日レンジは130ドル超え。FRBの金融政策が読めず、方向感のない展開が継続。このところ確実で上げ下げを繰り返す、「鯨幕相場」になっています。NASDAQ総合指数、S&P500も同様に高値での持ち合いが継続。新たな材料待ち状態。

 米国株は下落。円は、ECBの利下げを受け、ユーロが急落した流れを受け、対ドルは105円20銭台に下落。対ユーロは136円20銭台に急伸。CME日経平均先物は、国内先物終値を50円上回る1万5710円で帰ってきました。レンジは1万5610円~1万5775円。本日の日本株は、対ドルでの円下落やECBの利下げを好感。堅調に推移しそうです。GLOBEX市場の先物価格が、1万5770円で取引されており、先物買いから上振れて始まりそうですが、昨日の日銀総裁会見を受けた日銀トレード玉の処理もあり、波乱含みの展開もあるか。週末要因に加え、今晩の米雇用統計にらみの展開で、全般は小動きに。引き続き、中間決算発表を展望し、業績上振れが期待される中堅外需株に注目したい。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ