大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



第一のハードルであるFOMC結果を今晩に控え、決算対策の益出し売りが増加。続落して終了
 本日の日経平均は、22円86銭(0.14%)安の1万5888円67銭、TOPIXは5.90ポイント安(0.45%)の1304.96ポイントと、ともに続落して終わりました。出来高は、前日比3000万株増の18億9667万株、売買代金は同2261億円減の1兆8056億円。売買代金が2兆円大台を割り込んできました。騰落状況は、値上り491、値下がり1199。業種別は、鉱業、小売り、医薬品の3業種が上昇。海運、不動産、その他金融、電気ガスなど30業種が下落。日経平均の終日値幅は81円と、引き続き狭いレンジの動き…。重要イベントを控え、先物筋も動きを鈍らせているようです。

 今日の引け値での、日経平均サイコロは、8勝4敗(TOPIX同じ)で、前日から変わらず。RSIは3ポイント下げ71%に低下。25日線かい離は+1.08%で前日から0.4%縮小…と、指数系はモメンタムは低下気味。物色の広がりを見る騰落レシオは6ポイント下げ116%に低下。昨日解説したように12日の131%をピークに下落基調にあり、かさ上げ相場の一巡懸念が出ています。新安値銘柄は11日には0でしたが、今日は12に増加。イオンやTOTO、東洋製缶などブランド企業が顔を出してきました。需給面で、違った動きが出ているようです。

 朝方は、米株高やCME高を受けて先物買いが先行。日経平均は、前日比37円高の1万5948円と、CME終値を上回って始まる強さを見せましたが、このところ大台に接近すると、主力株中心に売り物がでて頭を押さえるという展開が続いていますが、この日も、朝方買われた外需株などが前引けにかけ値を消す展開となり、日経平均も、前引けに上げ幅を喪失。後場、一時切り返す場面があったものの、今晩のFOMC結果を警戒した売りから後場にかけ下げ幅を拡大。安値付近での終わりになりました。

 イオンや不動産株など、このところ売られていた株が、一段安する動きが目立ちますが、これは今週末に決算を控えた特定金銭信託の損出し…。戻り高値圏にある主力株については、決算対策の益出しの売り…とみることもできます。今月が9月中間決算月というころで、需給面でも売りが優勢になるときですから、これくらいの下げで済んでいるのは、むしろ、相場的には強いと見ることもできます。ただ、昨日の米国株が、FOMC声明文に「相当期間」という文字が入るか入らないかで、振れたように、どうでもいいことで相場が変動しやすくなっていることには警戒が必要。特に、ユーロ、円にはヘッジファンドなど短期性の資金が入っており、内容次第では「材料出尽くし」で円が買い戻されることもあるし、一段と売り込まれる可能性もある…短期筋の力関係次第の展開になる可能性があります。

 また英国・スコットランド住民投票問題も金曜日には答えが出てきます。反対派が過半数を締め、事なきを得て終わるか、それとも独立することに決まり、条件闘争に入っていくか…答えは全くわかりません。だから、月内に売らなければならない連中が売っているわけです。ただ、基本的に今の日本株の相場環境は一昨年12月ごろにお里帰りしているわけですから、あまり目先の不透明材料にこだわる必要は無いと思いますが…。それにしても、場が終わって突然飛び出したソニーの業績下方修正と無配転落は…。単純に外需株だから、為替差益が期待できる…という発想では、通用しなくなるrと思いますが。改めて、企業の成長力が問われる流れになりそうです。エスクリ、JUKI,止まりません。パンチ工業も経過良好。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ