大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



欧米株安や円高を嫌気した外需株や主力株への売りがかさみ、続落して終了…主力株には押し目買いの動きも
 本日の日経平均は187円55銭安(1.19%)の1万5595円98銭、TOPIXは16.04ポイント安(1.24%)の1274.85ポイントと、ともに続落して終了。出来高は、前日比1億8000万株増の22億9255万株、売買代金は1600億円増の2兆1732億円。騰落状況は値上がり326、値下がり1437。業種別は、水産・農林業のみが上昇。鉱業、輸送用機器、精密、機械、ゴム、海運など外需系を上位に32業種が下落。2日の420円安時の26億6000万株に比べ、、安値は更新したものの出来高は下回りました。

 今日の終値での日経平均サイコロは4勝8敗(33%)と前日から低下。TOPIXも同じ。RSIは3ポイント下げ43%に低下。25日線かい離率は-2.1%。3つ揃って底値ゾーンを示す日も近そうです。新値3本足も、ようやく2本目の陰線をつけました。この辺で3~4本陰線をつけると、強気相場に変わりやすくなるのですが…。NYダウの陰線4本に比べると、やや整理遅れの感は否めません。(物色の広がりを見る)騰落レシオは8ポイント下げ93%に低下。安全圏の80%割れに近づいてきました。今日の動きを見ても、テクニカルな指数が「GOサイン」を出さないため、買いの手が振られず、値が下げた、という銘柄も多かったようです。とりあえず、以前から指摘してきた上げの⑥ポイント中心のもみあいに入っています。

 朝方は、欧米株の大幅な下落から安全資産の債券が買われ米金利が低下。これを受け円が108円前半まで上昇したことを嫌気。CME終値にさや寄せする先物売りが増加したものの、寄りはCME日経平均先物終値(1万5520円)を上回る1万5574円(前日比209円安)と、意外な水準で始まりました。円が瞬間的に107円台に上昇したことから、このところ人気化していた自動車や機械、電気機器など外需系の銘柄に売り物が増加。大きく値を崩すものがあり、寄り後まもなく日経均はこの日の安値1万5520円(同263円安)をつけています。売り一巡後後は、前引けにかけ小動きの展開となり、前場中は約80円幅の小幅なレンジの動きになりました。後場に入ると、日経平均が当面の下値支持線とみられる75日線を維持したことを好感した買いが入りだし、次第に下落幅を縮小。大きく下げていた主力株も買いもどされていました。引けにかけては、今晩の欧米市場の動きを見たいというムードから、やや下落幅を拡大していました。

 IMF(国際通貨基金)の世界経済の下方修正や、ミニバブルの発生懸念の警告に振り回された格好になりました。米国でも、FRBが、残高が積みあがってきたリスクの高い「レバレッジローン」をバブルとして懸念を表明。銀行株が売られるなど、投資家の市場への警戒感が強まっています。真剣に日本型デフレへの突入を心配するECB(欧州中央銀行)ドラギ総裁の金融緩和策に対し、ドイツなどの反対が続き、有効な手が打てない状態…。口先介入などでユーロ安に誘導。輸出刺激や輸入物価上げを狙う対策しか打てない状況。ただ、ドイツの鉱工業生産は4年半ぶりの落ち込みになるなど、このところ、景況感の悪化が著しいドイツのメルケル首相は、これ以上の景況感の悪化に対し、財政出動も考える…と、これまでの発言を修正してきました。ようやく、市場に歩み寄る姿勢を示してきましたが、たぶん、市場は好感してくると思われます。
 
 日本では、安倍首相が国会答弁で、円安のマイナスの影響に言及するなど、自らアベノミクスを 否定するような発言をおこない、市場をひやりとさせました。ただ、昨日の日銀会合後の総裁会見で、強気は口先だけになり、2年としたはずの量的緩和の期間について定めていないとし、景況感も一部について下方修正するなど、変身してきました。消費税上げのためには大規模の補正予算を組むでしょうし、日銀も支援しようとすれば、早期に追加緩和を実施しておかなければならず、今月末の日銀会合に向け、先物筋の動きが高まる可能性もあります。

 ファンダメンタルの状況は好転しようとしています。このところの、下げについては、、以前から書いているようにミューチャルファンドの損出しや解約45日前(30日前もある)ルールにともなう返還金づくりの資産売却があるなど需給の崩れの影響が大きいものと思われます。その元凶は欧州。ここが落ち着けば、損の穴埋めのために他の市場をうるという悪循環が断ち切れるのですが…。
 まだ今日も欧州株はふらふらしています。BLOBEXの米国株先物も欧州市場の動きを見ながら上げ下げを繰り返しています。円が強含んでおり、日経平均先物は昨日のCME終値1万5520円付近にあり、国内終値から100円下で動いています…が。まずは、テクニカルなGOサイン待ちというところ。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ