大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



悪材料が重なったことを見て、先物筋が「先物売り・円買い」の売り仕掛けを敢行。裁定解消売りや昨日の上げの反動で、急反落して終了
 本日は、塩崎厚労相が、先週末のGPIF改革による「国内株式比率の20%超え…」記事を否定、中国7~9月GDPの減速、GLOBEX先物市場の米株安、長期投資の海外ファンドからの売り、加えて、株先物取引の証拠金上げなど、久しぶりに悪材料がそろい、先物筋が売り仕掛けに動いてきました。米国株のVIX指数が20%を割り込み、サヤが取りにくくなったことから、ボラティリティ・インデックス(VI指数)が30ポイントと、今年1月の下落時と同じ水準まで上がっていた、日本株を狙ってきた…ということでしょうか。まあ、そんなに腰を入れて仕掛けてきているとは思われませんので、大きく崩れることはないでしょうが、まだ、高水準の裁定買い残が残っていますので、警戒だけは怠れないところです。VIが26.5ポイントと高いことから、中長期投資家が動けず、裁定解消売りを吸収できなくなる可能性があることは可能性として押さえておいた方がよさそうです。

 本日の日経平均は、306円95銭(2.03%)安の1万4804円28銭、TOPIXは18.98ポイント(1.45%)安の1205.36ポイントと、ともに反落して終わりました。出来高は1億2400万株減の22億5566万株、売買代金は、2700億円減の2兆412億円。急速に出来高が減少しており、裁定解消売りに押されやすい状態になってきました。騰落状況は、値上り209、値下がり1574。業種別は全33業種が下落。水産・農林、空運、ゴム、などの下落率が少なかったものの、機械、紙パルプ、鉱業、非鉄などが下落上位。

 今日の引け値での日経平均サイコロは4勝8敗(33%)で変わらず。TOPIXも同じ。RSIは2ポイント下げ28%に低下。25日線かい離は、前日の-4%台から、-6%に拡大。反発期待状態は続いたまま…。(物色の広がりを見る)騰落レシオは、4ポイント下げ69%に低下。17日に付けた水準をわずかに下回っています。

 朝方は、米株高はあったものの、円が106円台に上昇したことを嫌気。昨日急伸したことによる利食い売りも重なり軟調な始まりになりました。円の上げを嫌気し機械や精密など外需関連が軟調で、寄り後下げ幅を拡大。売り一巡後は、1万5000円大台を挟んでの小動きの展開。特に中国のGDPが予想を下回ったことへの反応はありませんでした。
 しかし、GLOBEX市場での米国株が軟調に推移していたことや、塩崎厚労省が、GPIFに関する週末の日経記事を否定。昼休み中に先物を売り、円を買う仕掛け的なプログラム売買が増加。後場寄り後は裁定解消売りも絡み、引け近くにはこの日の安値1万4761円(前日比350円安)を付ける場面もあっりました。今日の引け後から、先物売買の証拠金が引き上げられることから、売り仕掛けすれば追証が発生し、投げから下げが拡大する…との読みも、先物筋にあったようです。ボラティりティが日米逆転したことで、CTAなどの短期筋が動き始めたようです。

 昨日も書きましたように、200日線や52週線という、当面の抵抗ゾーンに達していたことや、個別銘柄でも50日や75日線という抵抗線に届いていたことから、一段と買い進まれるには、壁を突破できる材料を持っていることが大事。昨日一日の上げで戻りいっぱいになったものの多いほか、買っているのは目先狙いの短期筋ばかりですから、降りるのも早いということでしょう。ただ、日経平均の週足一目均衡表を見てみると、まだ「雲」上辺にとどまっています。そんなに弱い動きではありませんね。

 これから決算発表が始まり日経平均の予想EPSが拡大するかもしれない…、また、来週のFOMCは予定通りQE終了となるかもしれない。そうなると、円安から日経平均の上げが始まるかもしれない…。そんな時に、先物の売りポジションを維持するのはリスクが高すぎます。おそらく、超短期の仕掛けだと思いますが…。ちなみに、あさって23日は24節季の「霜降」。変化日になります。まあ、相場に流されないことですね。レポートでは、日経平均日足に計算上のポイントを入れていますが(直近号は無し)、過去の動きは、上の目標値を取ると、いったんは下のポイントまで整理にきます。昨日の急伸で、上げの⑤ポイントが未整理になっていましたが、今日の動きはこのポイントを押さえに来た…とみることも出きます。まあ、来週のFOMCは、QE終了があるか、延長があるか…という、注目度の高いイベント。これを見ないと為替も株も動けないのが本音。まあしばらくは200日線をめぐっての攻防とみておけbないいのでは…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ