大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



欧米株高や108円台に乗せた円相場を好感した先物買いや、月替わりにともなう銘柄入れ替えなどから、急反発して終了
 昨日の米国株は、「吹っ切れたような感じで上げた…」としましたが、日本株も同じような動きになったようです。
 本日の日経平均は、224円00銭高(1.46%)の1万5553円91銭、TOPIXは18.64ポイント高(1.48%)の1270.64ポイントと、ともに反発して終わりました。出来高は、3億1275万株増の21億8717万株、売買代金は、4050億円増の2兆1006億円と、ともに急増して終わりました。騰落状況は、値上り1546、値下がり225。全33業種が上昇。証券、鉄鋼、鉱業、石油・石炭、金属、卸売りなど、最近値下がりしていた業種が買い戻され上位に…。化学、医薬、電気・ガス、水産・農林などが上昇率の下位でした。

 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗(50%)と前日から上昇。TOPIXも同じ。RSI(相対力指数)は7ポイント上げ49%に上昇。25日線かい離は、+0.3%と、10月1日以来の25日線回復になります。(銘柄物色の広がりを見る)騰落レシオは、3ポイント上げ78%に上昇。指数系、物色意欲ともモメンタムは上向きを続けています。ただ、25日線を上回ったものの、次の抵抗ラインである50日線、75日線が待ち受けているほか、日経平均日足一目均衡表の「雲」下辺に到達。今回の下落相場の半値戻し(1万5451円)も本日達成しており、短期的な目標達成感が出やすいところ…。リード役の米国株が続伸できるか、また、米長期金利の上げが続き、円安が持続できるかどうかがポイントになってきそうです。レポートでも触れたように、ドル・円相場は当面は108円台を挟んだ動きとなり、一目均衡表の「雲」上辺に接近したところから、次の動きが始まる…としましたが、もしかしたら、動きが出るのは、やや、速まるかもしれません。

 この日は米株高を受け、CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いに反発してスタート。朝方発表の鉱工業生産指数が予想を上回ったことや、在庫調整に一巡感が出たことなどを好感。為替が108円台に戻ったことも支えとなり、主力株が幅広く買われ一段高。中国市場が二日続けて1%台の上げになると、昼休み中に先物を買う動きが強まり、後場寄り直後に日経平均はこの日の高値1万5595円(前日比266円高)を付けています。引けにかけては、今晩のFOMC結果を待ちたいという動きから高値持ち合いの動きが続いたものの、結局、10月8日以来の1万5500円台乗せで終わっています。実質、月替わり商いとなり、買い遅れた投資家が、主力株中心に買いを入れたことが、支えになったようです。

 上げの背景にはGPIF改革の国内株式運用比率設定への思惑に加え、今晩のFOMC予定通りQE3は終了するものの、11月に中間選挙を控えており、市場の動揺を誘うような重要な変更は、なされず、前回FOMC声明文の表現を踏襲する…という見方が強いようです。昨日の米国市場も、何か変化があるとすれば、イエレンFRB議長の会見がある12月会合で、今回はなにも出ないのでは…との観測から、灰汁が抜けたように見切り発車した感じを受けます。ただ、米国次第とはいうものの、今日の上げで、目標達成感も出やすいところで、ここからは、指数よりも銘柄の材料を重視する流れになるのでしょうか…。

 高い進捗率で2600円台から注目してきたエスエムエスが3000円大台超え、同じく高進捗率で1600円台から注目の応用地質が本日1900円台乗せ、想定通り増額修正を発表した日立ハイテクも10月13日号の2800円台から3200円と順調な経過をたどっています。いずれも悪地合いのなかで種まきしたもので、想定通りの結果を生んでいます。引き続き、各論重視の方針で大丈夫と思いますが…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ