大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



雇用統計結果を受けたドル買い手仕舞いから、エネルギー、金価格が上昇。関連株の上げから、NYダウは連日の最高値更新で終了
 おはようございます。 娘が産後の療養で帰省しています。二人目ということで、長女を連れての帰宅ですが、これまで夫婦と長男だけで、静かだった家が、急ににぎやかしくなりました。しばらくは、家内ともに、育ジイ、育バアの生活です。
 ところで、朝刊を見ると一面トップは日中首脳会談が来週にも行われる…との記事。以前から、APECでの開催に向け調整が進められていましたが、ようやく、漕ぎつけたということでしょうか。APECホスト国としてのメンツだけで、終わったら、対立再開…とならないよう、実のある会談にしてもらいたいものです。
 
 7日の米国市場動向
 ニューヨークダウ          1万7573ドル93セント        +19ドル46セント(0.11%)
 NASDAQ総合指数         4632.53ポイント           -5.94ポイント(0.13%)
 S&P500                2031.92ポイント           +0.71ポイント(0.03%)
 CME日経平均先物         1万6775円              -165円
 10年物国債金利          2.3120%                -0.0630%
 ニューヨーク原油          78.65ドル               +0.74ドル
 GOLD                 1169.8ドル              +27.2ドル
 ドルインデックス           87.57                 -0.50     


 昨日発表の雇用統計で、非農業部門雇用者数は+21.4万人と予想(+23.5万人)を下回ったものの、8月の数字が20万人台に上方修正。20万人超えの増加が9か月連続となっています。ただ、時給や労働時間の伸びを欠いたことから消費の先行きへの懸念が台頭。
 これを受けた米国株は、朝方は堅調に始まったものの、買い一巡後は、景気の先行きへの懸念や、共和党が上下両院を制したことからオバマケアへの懸念が増幅。ヘルスケア関連が売られ、ニューヨークダウは、寄り後まもなく、この日の安値1万7493ドル(前日比61ドル安)をつけています。ただ、雇用統計を受け、いったんドル買いを手じまう動きが増加。ドルが下落したことを受け、原油、金価など国際商品が上昇。ウクライナ東部へのロシア軍戦車越境の噂もあり、引けにかけエネルギー株や素材株が買われ上げ幅を拡大。結局、ニューヨークダウとS&P500は続伸、ともに史上最高値を更新して終わりました。NASDAQ総合指数は小幅に反落。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1925、値下がり1236。VIX指数は、4.1%下げ13.10に低下。市場は落ち着きを取り戻しました。

 ダウ30種は、値上り21、値下がり9。ウォルマート1.23%、ベライゾンが1.15%、原油上げを受けたエクソンが1.06%それぞれ上昇。指数寄与度最大のVISAが0.94%上げ、指数の上げに寄与しています。一方、オバマケアへの攻勢を強める共和党の動きを懸念し、ユナイテッドヘルスが2.7%下落。昨日の好決算を受けて出尽くし感からディズニーが2.17%下落したのが目立ちました。業種別は、金鉱山、貴金属、鉱山、非鉄金属、石炭、鉄鋼などが上昇。ヘルスケア周辺サービス、医療サービス、防衛関連、靴などが下落。
 NYダウは4日続伸。逆ペナント型の上値抵抗線付近で神経質な動きが続き、終日値幅は82ドルと小動き。抵抗線を突破するための新規の材料待ちの動きにあるようです。NASDAQ総合指数も、9月初旬のもみあい場面を下値にする値固めが続いており、相場全般がやや方向性を欠いた動きにあるようです。25日線とのかい離修正などテクニカルな過熱感の修正が必要か…。

 米国株は高安まちまち。円は、雇用統計の、予想を下回る時給や労働時間を受け、インフレ期待が後退。長期金利が低下したことを受け、対ドルは114円50銭台に上昇。対ユーロは142円60銭台と横ばい。CME日経平均先物は円上昇を嫌気し、国内先物終値を165円下回る1万6775円で帰ってきました。レンジは、1万6675円~1万6985円。このところ、1万7000円台での頭の重さが目立っていましたが、円買戻しとともに、株先物が売られたようです。週明け相場への影響が懸念されますが、APECでの初の日中首脳会談の合意など新たな材料もあり、押し目は限られそう。業績発表の一巡から、主力株の切り返しが期待されます。高進捗率ながら、通期見通しを据え置いたため売られた銘柄の反転も期待。
10月中旬に強気の種まきをしたのが、先週から今週にかけての収穫につながりました。 
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるかメールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ