FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プラス予想がマイナスに落ち込んだ7ー9月期GDP統計を受け、終日売られる展開となり、5日ぶりに反落して終了
 家内が急用で大阪に出かけることになり、今日はおさんどんをしなければなりません。何も準備をしていないので、急いで書いて、仕事にかかります。

 本日は、朝一から、7-9月GDPが予想の2%台を大幅に下回る年率-1.6%に低下したショックが市場を直撃しました。これで、2四半期連続の落ち込みで、定義からいけば日本は景気後退に陥った…ということになります。内容的には、消費増税の影響から企業が在庫調整を優先していることが足を引っ張ったようですが、消費が回復してくれば、在庫の積み増し⇒生産増加につながるわけですから、それほど悲観的に見る必要もなさそうです。早速、アベノミクス失敗などの活字が躍っていますが、マスコミや批判政党は、アベノミクスをつぶして、もとの円高、資産デフレの時代に戻りたいんでしょうかね。まあ、アベノミクスが機能することで、どれだけ変化が起きているかは今回のレポートでも詳しく書いていますので、会員の方は読んでおいてください。とにかく、プラス予想がマイナスだったわけですからショックは大きいのですが、これで、堂々と消費税上げ先送りの大義名分ができることになります。違った意味で安倍首相の強運は続いているとも言えそうですね。また、アベノミクスが失敗した…と攻撃する野党にしたって、3党合意を盾にとって前回の消費税上げを強要した点では、今回の景気後退の共犯。政権を批判する資格はないように思いますが…。

 本日の日本株はGDPショックが尾を引き、終日下げる展開。日経平均は、517円09銭安(2.96%)の1万6973円80銭、TOPIXは34.28ポイント安(2.45%)の1366.13ポイントと、ともに5日ぶりに反落して終わりました。出来高は、前週末比6680万株減の28億8971万株、売買代金は4400億円減の2兆8601億円と、ともに小幅に減少。騰落状況は、値上り110、値下がり1682と全面安商状。業種別で上昇したのは繊維のみ。ガラス・土石、電気ガス、保険などを上位に32業種が下落。

 今日の終値での日経平均サイコロは9勝3敗(75%)と週末から低下。TOPIXも同じ。RSI(相体力指数)は、前週末から15ポイント下げ74%に低下。警戒ゾーンからは脱しました。25日線かい離は、+6.38%と前週末の10.03%からかい離が縮小しています。指数系の指標は過熱感の解消モード。物色の広がりを見る騰落レシオは、1ポイント低下し105%と横ばい。三本新値は陽線10本を続けていましたが、本日、陰転。短期的な弱気相場に入っています。

 31日午後1時40分に伝わった日銀の電撃緩和以来、11月7日まで、海外投資家は、現物、先物を合わせ3兆6000億円近い買い越しをしていました。本来なら、利食い場所を探すところに来ていましたが、先週になって消費税引き上げ延期、解散総選挙が浮上。日銀バズーカで買った筋は、売り場を見失った格好になっていました。そこへ、今回のGDPショックです。まさに、ちょうどいい売り場を提供してくれた格好になりました。一斉に、利食い売りを出したことから、同時に円が買い戻され、一方で、裁定解消売りが出て指数を押し下げ。円高を嫌気して、このところ買われていた外需株が売られる…という、負のスパイラル的な動きになりました。ただ、海外からも新規の売りが入り、もっと下げるのでは…と思いましたが、日足「逆ペナント型」の上部トレンドライン上で止まっていることや、レポートでも説明しているように、為替の時も円を押し下げるときに強力な下値支持線になったラインが活きており、週末のひけ値でこのラインを割らなければ、上昇トレンドに問題はありません。
 とにかく、短期的には、31日の日銀バズーカ以降、7日までに買いついた日経平均型だけでも1兆4200億円超えある海外投資家の玉の行方。総選挙に強気の結果を予想し、持続してくれれば問題はありませんが…。短期的には彼らの動き次第…。ただ、これは、あくまで目先のあや…。すでに日本企業はアベノミクスの恩恵を受け変わり始めています。海外のまともな投資家は、この点に注目して投資を始めており、ここから指数売買で下げるところは、円安メリット株を中心に、仕込んでおくところでしょう。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ