大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



総選挙への期待感や、法人企業統計を受けたGDPの上方修正期待から買われ、続伸。日経平均は07年来高値で終了。
 TOPIX、JPX日経インデックス400など他の指数の3本新値が陽転するなか、一番出遅れていた日経平均の3本新値が本日、陽転。師走相場入り早々、強気相場入りしました。

 本日の日経平均は、130円25銭高(0.75%)の1万7590円10銭、TOPIXは11.31ポイント高(0.80%)の1421.65ポイントと、ともに続伸して終わりました。出来高は前週末から3億株減の20億2362万株、売買代金は、900億円減の2兆1972億円。騰落状況は、値上り1174、値下がり522。業種別は、空運、保険、その他性j品、精密、輸送用機器などを上位に27業種が上昇。工業、非鉄、石油・石炭などを上位に6業種が下落。原油価格の下落がメリットになる物が買われ、デメリットを受けるものが売られる、という明暗を分ける展開に…。

 今日の引け値での日経平均サイコロは8勝4敗(66%)で変わらず。TOPIXは9勝3敗(75%)と警戒ゾーン内。RSI(相体力指数)は5ポイント上げ67%に上昇。25日線かい離率は+4.6%。指数系は上昇モメンタムが拡大してきたようです。(物色の広がりを見る)騰落レシオは9ポイント上げ142%に上昇。指数は高止まりしており、循環かさ上げ物色が続いている可能性を示しています。

 朝方はおとなしい始まりが予想されたものの、寄り前に発表された7-9月期の法人企業意統計で、全産業の設備投資が予想を上回る伸びになったことから、GDP改定値が上方修正されるとの観測が強まり、買いが増加。先物買いに伴う円売りが、トヨタなど外需主力株への買いを促し、続伸スタート。寄り付きの買い一巡後も、主力株への買いが続き、日経平均は寄り後、間もなく、この日の高値1万7649円(前週末比190円高)をつけています。ただ、米国ブラックフライデーの売り上げが大雪の影響で減少したことが伝わると、益出しの動きが強まり前引けにかけ高値持ち合いの動きに…。
 
 引け後に発表された中国製造業PMI指数(11月)がAPEC開催による工場操業停止などから、前月、予想をともに下回ったことから、後場に売り仕掛け的な動きがでて、上げ幅を縮める場面がありましたが、引けにかけ買いなおされていました。

 想定通り、全般は上げ足を速めてきました。レポートでは11月9日号でトヨタ自動車をチャート入りで注目株として取り上げ、同時にパナソニックなども注目。その後も、マツダ、スバル、東芝など主力株を取り上げてきましたが、その後の動きは読み通りで一安心でした。本来なら、もっと荒っぽいものも取り上げて見たかったのですが、まだ、市場の方は疑心暗鬼状態で、品質重視ですから、業績やファンダメンタルを重視し、待ち伏せで注目株を選んでおきましたが、今日は、9月半ばから注目をはじめた日本農薬が飛び出してきました。インドの中堅農薬企業を買収。同国開拓の橋頭堡を築いたことが好感されています。しかし、レポートが重視してきたのは、先月同社が発表した9月期業績予想で、今期は小幅減益…とみたのに、コンセンサスは二けた増益と予想。大きく食い違っていたことから、いずれ見直し買いが入るとみていました。まあ、正解でしたね。

 このほかにも、いったん急伸したあと、休んでいたものを再注目しましたが、今日高値を更新してきたものも増えています。また、継続注目のエムスリーも値幅を重ねています。医薬業界と病院の癒着が医療費高騰の原因として、プロパーによる医師の接待が事実上禁止されています。そのため、医薬品の効能や新薬情報に関する情報をネットで検索する動きが増加。同社ホームページの閲覧数が増加。米国でもネットを使った情報提供を行い医師の囲い込みを進めており、成長性はますます高まっています。もしかしたら、事業性から見て、思いがけない株価が出てくるかもしれませんね。期待しておきましょう。まあ、迷っている投資家が多い間はこの相場は大丈夫。ただ、しばらくは、しっかりした根拠のあるものしか長く買われていきません。動き出すまでが時間がかかりますが、短期筋は循環的に買いあがっており、スポンサーさへついたら、後は早い。主要都市の地価で下落するところがゼロになったほか、9月、10月と2か月連続で輸出が増加。これを受け10月の鉱工業生産指数もマイナス予想がプラスに転じるなど、日本経済の変化を暗示する兆候があちこちに出ています。

 10月の急落過程から、新年高に通じる買い場になる…と書いてきましたが、果たして、どれだけの人が買ったんでしょうか…。相場の神様は、「おいで、おいで…」と手招きしてくれているんですが…。神様が笑い始めたときに買いに行ったら、突然、夜叉みたいな顔になって殴られることになります。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ