大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



エネルギー企業再編の動きや米経済の底堅さを暗示する建設関連指標の好調を背景に、反発して終了…NYダウはザラバ、引け値での最高値を更新
 おはようございます。 寒い朝です。昨日は、寒風の中、昼と夕方から2回も外出し、すっかり冷え込んでしまいました。早々に就寝しましたが、久しぶりに動いたせいか、目が覚めたら6時過ぎ…。急いでデータを集めて書かなくては…。
 原油価格は、やはり反落してきました。OPEC総会では生産の現状維持が決まり、総がかりで、米国のシェールオイルへの締め付けをすることになりましたが、ロシアやブラジル、ベネズエラなど外貨収入の減少に苦しむ国も多く、かぇって供給を増やし、自分で自分の首を絞めることにもなりかねません。昨日は、買戻しの一巡後、さっそく、イラク政府とクルド人自治政府が原油輸出の増加で合意したことがイヤケされ急反落しています。米シェールオイルへの影響は、稼働リグ数や掘削申請件数の減少にあらわれていますが、閉鎖しても、原油価格が上がってくれば、再度、掘削が再開され、需給を緩めることになります。下落基調は予想以上に長引きそうです。

 2日の米国市場動向
 ニューヨークダウ            1万7879ドル55セント         +102ドル75セント(0.58%)
 NASDAQ総合指数          4755.81ポイント            +28.46ポイント(0.6%)
 S&P500                2066.55ポイント            +13.11ポイント(0.64%)
 CME日経平均先物          1万7780円               +90円
 10年物国債金利            2.2850%                 +0.0670%
 ニューヨーク原油            66.88ドル                -2.12ドル
 GOLD                  1199.40ドル               -18.7ドル
 ドルインデックス            88.65                   +0.67 ⇐4年半ぶり高値    


 昨日の米国株は、欧州株が石油会社再編の動きやECBへの追加緩和期待から買われた流れを受け、反発して始まりました。この日発表の11月米自動車販売が大手各社とも予想を上回ったことや、10月建設支出が予想を上回ったことも好感されたほか、原油価格が下落したことも、鉄道や輸送サービス、紙パルプなどエネルギー多消費産業の株価を押し上げ、終日上げる展開となりました。エネルギー企業の再編にくわえ、大塚製薬のバイオベンチャー企業買収もM&A人気を刺激しています。引け近くに、ニューヨークダウは、1万7897ドル(前日比121ドル高)をつけ、ザラバでの史上最高値を更新。引け値でも最高値を更新しています。結局、主力3指数とも反発して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り2116、値下がり1069。VIX指数は10%下げ12.85に低下。

 ダウ30種は、値上り21、値下がり9。業界再編の思惑から、シェブロンが2%、エクソンが1.99%それぞれ上昇。建設支出の増加を受け、スリーエムが1.5%あげたほか、JPモルガンの1.8%上げ、GSの1%上げなど杞憂も堅調。7銘柄が1%超えの上げとなり指数を牽引しています。一方、ソフトバンク系列のスプリントネクステルが通信料金の下げを発表し、AT&Tが2.2%、ベライゾンが1.84%下げたのが目立ちました。業種別は、運輸、バイオテクノロジー、紙パルプ、エネルギーなどが上昇。携帯、貴金属、金鉱山、通信などが下落。
 
 NYダウは、反発。ザラバ、引けでの史上最高値を更新しています。強弱感が対立し全般は小動きの展開ですが、安値、高値がじりじりと切りあがる動きは、何か好材料fが出ると一気に上離れる可能性を秘めています。ただ、12月上旬は、12月末の所得確定をにらみ、納税用のキャッシュ作りや益出しなどからこう着した動きになることが多く、引き続き注意が必要。上げピッチを速める25日線とのかい離修正後の動きが焦点に…。

 米国株は反発。円は、明日のECB理事会を控え、追加緩和期待からユーロがドルに対し売られた流れを受け、対ドルは119円20銭台に下落。対ユーロは147円60銭台と横ばい。CME日経平均先物は、国内終値を90円上回る1万7780円で帰ってきました。立会時間のレンジは1万7825円~1万7745円。狭いレンジの動きとなり、出来高は4万1669枚と、前日から減少。本日の日本株は、引き続き堅調な展開が予想されます。原油価格が再び下落したことや円が119円台に乗せて引けたことなどから、外需株への見直しが続くほか、米国の流れを受け、新興市場株、中小型株も循環物色されてきそうです。海外の投機筋は買いポジションを抱えたまま、選挙結果を待っていますが、票読みが進むにつれ、見切り発車してくる可能性もあります。当面は、材料株の動きの方が上回るか…。新値を更新し、休んでいる銘柄に注目。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ