大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



高値警戒感から反落する局面があったものの、原油価格の急反発を受けた、エネルギー株の上げを受け、3日続伸して終了
 おはようございます。 昨日は小用で奈良市内まで出かけていました。急に相手先と食事することになり、帰りが遅くなってしまい、書き込みができませんでした。まあ、想定通りのコースを歩んでいますので、ご容赦!

 昨日の日本株は、米国株の急伸や、米金利上昇、リスクオフの後退による円下落を好感。CME日経平均先物終値(1万7540円=前日の大阪終値比280円高)にさや寄せする先物買いや買戻しから、2日連続の窓開けで続伸スタート。寄り後は高値警戒感から伸び悩む場面があったものの、引けにかけては、レバレッジ型ETFの購入増にともなう先物買いから上伸し、日経平均は高値引けして終了。出来高は、27億930万株、売買代金は2兆8846億円と、前日比弱含み横ばい。騰落状況は、値上り1575、値下がり200と、ほぼ全面高商状。業種別は、不動産、証券、銀行、その他金融、保険など、出遅れ業種や、円安好感の輸送用機器などを上位に32業種が上昇。下落したのは水産・農林だけでした。

 日経平均は411円高(2.39%)の1万7621円40銭、TOPIXは33.29ポイント高(2.42%)の1409.61ポイントと、ともに3日続伸。この日の終値での、日経平均サイコロは7勝5敗(58%)、TOPIXは6勝6敗(50%)と、ともに前日比で変わらず。RSI(相体力指数)は、6ポイント上げ51%に上昇。25日線かい離率は1.2%と25日線上を回復。モメンタムは着実に上向きに転じてきました。(物色の広がりを見る)騰落レシオは、2ポイント上げ103%に上昇。この日の上げで、日経平均の3本新値が陽転し、強気相場入りしてきました。

 19日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万7804ドル80セント        +26ドル65セント(0.15%)
 NASDAQ総合指数       47675.38ポイント          +16.98ポイント(0.36%)
 S&P500             2070.65ポイント           +9.42ポイント(0.46%)
 CME日経平均先物       1万7700円              +30円
 10年物国債金利         2.1760%               -0.028%
 ニューヨーク原油         56.52ドル               +2.41ドル
 GOLD               1196.0ドル              +1.2ドル  
 ドルインデックス         89.58                  +0.34  


 昨日の米国株は、FOMC結果を受け2立会日の間に700ドルを超える上げになったことから、朝方は、利食い売りから軟調な始まりになりました。前日買われたハイテク株などに売りがでる一方、一部ボルカー規制の緩和が伝えられた木金融株が堅調に推移するなど、前日引け値を挟み神経質な動きになりました。しかし、前日まで下げていた原油が急伸した(12月もの決済にともなう特殊要因?)ことを受け、エネルギーや素材などが買われだすと、次第に上げ幅を拡大。ニューヨークダウは、引け近くには、この日の高値1万7874ドル(前日比96ドル高)を付けていました。ただ、週末控えであることや、この日のオプションや先物決済にともなう「クワドルプル・ウィッチング」後に長期のクリスマス休暇に入る投資家も多いことから、引けにかけては手じまい売りから、l上げ幅を縮めています。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り2054、値下がり1129.VIX指数は、1.9%下げ16.49に低下。

 ダウ30種は、値上り18、値下がり12。原油急反発を映しシェブロンが3.58%、エクソンが2.72%、それぞれ上昇。金融規制の実施延期を受けGEが1.9%、GSが0.87%上昇。指数の上げを支えました。一方、前日の決算で受注の鈍化を発表したナイキが1.73%下落。J&Jが1.18%、コカコーラが1.04%、ウォルマートが0.91%、それぞれ下落するなど小売り、生活必需品関連が下落。業種別は、エネルギー、自動車、同部品、ギャンブル、石油ガス生産、石油周辺サービスなどが上昇。家電、ハイテク株、半導体、レジャー用品、金山などが下落。

 NYダウは3日続伸。先物決済にからみ、出来高は、前日比14億9300万株増の24億株6811万株に急増したものの、相場への大きな影響はなかったようです。12月5日に付けた史上最高値に接近したことから高値警戒感は強いものの、25日線が上向きに転じてきたことから、これを下値として意識し、上げに転じるなど底堅い動きになってきました。来週からは、商いが減少し、相場がぶれやすくなってくるものの、前半の損だしとは異なり、持ち株の評価上げを狙ったドレッシングの買いも予想され、モメンタム株を含めたクリスマスラリーが始まりそうです。

 米国株は続伸。円は、リスク回避姿勢の後退から売られ、対ドルは119円40銭台、対ユーロは146円10銭台に軟化。CME日経平均先物は、日銀会合で新しい材料が出なかったことから大きな動きはなく、国内終値を30円上回る1万7700円で帰ってきました。立会時間中のレンジは、1万7465円~1万7775円。週明けの日本株は、休日のはざまとなり、大きな動きはできないものの、大手投資家の動きが鈍ることから、個別材料株や低位株のかさ上げでにぎわうjことになりそうです。
 今週は、流れが変わる…としましたが、想定通り、以前から指摘した下値抵抗線で反転してきました。一方で、業績増額修正にこだわった銘柄は、流れに関係なく上げ、高値を更新するものが出ており、相場の基本に流れるテーマを改めて確認させられました。下げの原因が、需給にあると分かっていれば、今回の下げも怖くはなかったはず…。目下の悩みは、計算上の第3波の上げの基点をどこに取るか…ですが、これについては、もう少し日柄が必要。新年号では、長期目標を含めて、ご案内できるものと考えています。なお、年内は明日発信の21日号が最終となります。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ