大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



GDP上方修正を受けた米株高や円の下落を好感し大幅上昇で始まったものの、主力への買いが続かず、個人主導の個別材料株物色に移行。指数は5日続伸して終了。
 今日の日経平均の終日値幅は、わずか75円…海外先物筋が冬眠に入ると、こんなに静かな相場になるんですね。通常なら70%近かった売買シェアが40%台に落ちた、ということです。日ごろ、どんだけ悪さしていたかが、こういう所でわかります。ただ、CMEの日経平均先物の出来高が、前週に比べると4分の1くらいに減少しており、わずかな売買で相場が変動しやすくなっています。ヘッジファンドなど短期投資家の花形マネージャーは休暇に入り、二軍のマネージャーが運用していると思いますが、売名行為で相場を仕掛けにくるたちの悪いのもいますから、油断はできませんね。ただ、昨年の場合は、海外先物筋の手元に買い玉がたまっていた分が、年を明けて処理され急落につながりましたが、今年は11月中旬から処理が進み、ポジションはイーブンになっているはず。海外要因で大きな材料でもない限り、需給面から崩れる心配はなさそうです。

 本日の日経平均は、219円09銭高(1.24%)の1万7854円24銭、TOPIXは12.97ポイント高(0.92%)の1426.02ポイントと、ともに5日続伸して終わりました。出来高は、4900万株減の21億3937万株、売買代金は190億円減の2兆403億円と、薄商い。騰落状況は、値上り1172、値下がり560。業種別は、水産・農林、陸運、輸送用機器、空運などを上位に28業種が上昇。石油・石炭、鉱業、不動産など5業種が下落。個別は、11月月間売り上げが二けた増になったジーンズメイトが急伸したほか、好業績のクミアイ化学、インバウンド関連のTASAKIなど軽量級の銘柄が個人の買いに値を飛ばしていました。

 今日の引け値での日経平均サイコロは7勝5敗(58%)、TOPIXは6勝6敗(50%)で、ともに変わらず。警戒ゾーンの75%超えには余裕があります。RSI(相体力指数)は、2ポイント上げ52%に上昇。25日線かい離率は、+2.3%に拡大。指数の上向きモメンタムは強まっています。日経平均3本新値は、陽線3本目。日足MACDは152に上昇。シグナルライン(165)に急接近しており、買いシグナルを出す日も近そうです。物色の広がりを見る騰落レシオは11ポイント上げ112%に拡大。全般的なかさ上げの動きが強まっています。

 朝方は、米株高や円安、米GDP上方修正を好感。CME日経平均先物終値(1万7850円)にさや寄せする先物買いから、日経平均は、前日比207円高の1万7842円と、ほぼCME終値と同水準で始まりました。しかし、朝方も予想したように、海外投資家は休暇入り、証券会社ディーラーも月変わりの接近から動けず、寄り付きの買い一巡後、主力株はこう着した展開になりました。変わって個人投資家が、個別の材料株や出遅れ株を中心に手掛け、個別に値を飛ばすものが増えました。指数は、引け近くに指数連動商品の買いから上げ幅を拡大したものの、朝方付けた高値は抜けず、日経平均の終日値幅は75円という狭いレンジの動きになりました。

 まあ、今晩の米国株は半ドン、明日は休みということですから、今週いっぱいは方向感のない展開にならざるを得ないというところ。また、昨年末は、実質新年度入りから、相場の流れが変わり、年初の下げにつながっただけに、投資家も慎重にならざるを得ないということでしょう。ただ、10-12月決算期末にきて、円が再び120円台に乗せてきており、来年2月ごろに発表される決算数字は大幅に変わってきそうです。特に、第3四半期決算発表時に通期見通しを修正するケースが多く、今回の決算は、通常より注目度が高くなってきます。ここは、素直に、業績修正期待の高いものを買うところでしょう。

 レポートでは、会社計画とコンセンサスのかい離に注目して10月13日号から東京製鉄(540円台)を追ってきましたが、この間、会社が通期見通しを増額修正する一方、コンセンサスが頻繁に上方修正されたことから、株価も同時高。今日は、780円近くまで上げてきました。このほか、日本農薬、ケネディクス、日本水産、山一電機なども同様のパターンで成功しています。本日も、ナノバブル関連、人材派遣、金型関連が高値を更新していました。今回の円安で数字はさらに変化してくると思われ、事業環境を見極めながら銘柄を選別。上方修正の発表を待ち伏せる作戦がベストのような気がします。
まあ、今のところは経過良好というところでしょうか。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ