大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



新年相場への期待感から反発スタートも、年末のポジション調整の売りから続落して終了
 明けましておめでとうございます。 本年もご愛読のほど、よろしくお願いいたします。また、皆様に相場の神様が微笑み、旧年に増した成果をもたらすよう祈念いたしております。また、会員の皆様には、運用の一助になるようベストを尽くし、良質の投資情報をお届けできますよう頑張ってまいります。

 31日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万7823ドル67セント       -160ドル00セント(0.89%)
 NASDAQ総合指数      4736.05ポイント          -41.39ポイント(0.87%)
 S&P500            2058.90ポイント          -21.45ポイント(1.03%)
 CME日経平均先物      1万7310円             -50円(30日大証終値比)
 10年物国債金利        2.17%                -0.02%
 ニューヨーク原油        53.27ドル              -0.85ドル
 GOLD              1183.2ドル              -17.2ドル
 ドルインデックス        90.26                  +0.32


 昨日の米国株は、朝方発表された新規失業保険申請件数が予想を上回って増加したものの、新年相場への期待から買いが先行。反発してスタートしました。景気刺激策への期待感から中国株が上昇したことも好感され、寄り後も買いが継続。ニューヨークダウは昼前に、この日の高値1万8043ドル(前日比60ドル高)を付けました。この日発表された中古住宅販売仮契約指数が予想を上回り、住宅建設株や住宅リフォーム関連が買われていました。ただ、シカゴPMI景気指数が予想を下回ると、次第に売りが増加。FRB関係者から利上げに対しタカ派的な発言が出たこともイヤケされ次第に下落幅を拡大。引けにかけては、年末にともなうポジション調整の売りが出たこともあり、下落幅を拡大して終わっています。ニューヨーク市場の出来高は、薄商いながら1億3012万株増の6億6774万株と前日から増加。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1143、値下がり2053。VIX指数は、20%上げ19.2に急伸。昨年初めに下落した流れが意識され、警戒感が高まったようです。

 ダウ30種は値上がり2(IBM+0.24%、ホームデポ+0.67%)、値下がり28。突出して売られたものはなく、シスコシステムズの1.92%下落が最大。ユナイテッドヘルス(-1.71%)、メルク(-1.49%)、AT&T(-1.44%)などが続きました。下落銘柄のうち16銘柄が1%超えの下落となり指数の足を引っ張っています。まんべんなく売られた…という印象で、新年相場へ向けたポートフォリオ調整の色合いが濃いようです。業種別は、住宅建設、同リフォームなどが上昇。空運、アパレル小売、タイヤなどの下落率が僅少。一方、水道、ガス、電力、公益事業など最近買われてきたディフェンシブ系業種の下げが目立ちました。

 NYダウは、3日続落。3本新値が陰転し短期的な弱気相場入りしました。月末、年末が重なり、換金売りとポジション調整売りが重なったことが下落幅を拡大したようです。一昨年末、高値で終わったあと、年が明け一転して下落相場に転換したことも、警戒的な売りを誘ったようです。ただ、先ごろのFOMCで年央利上げの方向性が固まったことで、利上げ時期をめぐる思惑で混乱した昨年初めとは状況は異なると思われます。今後、利上げに備えたポートフォリオの構築が始まりますので、週明け相場の物色内容が注目されます。定石通りなら、大型株は動きがつらくなるのですが…。25日線での反応がポイントに…。

 米国株は続落。円は、予想を下回る米景気指標があったものの、ECB(欧州中央銀行)のQE実施思惑が強まり、ユーロが下落した流れを受け、対ドルは119円60銭台に小幅下落。対ユーロは144円80銭台に上昇。CME日経平均先物は、大納会の大証終値(1万7360円)を50円下回る1万7310円で帰ってきました。レンジは1万7250円~1万7415円。出来高は、1万3830枚に急減。大納会後の先物市場の混乱は収束したようです。米国市場は、まだ2日の取引を残しており、大発会の相場は、この数字を見てから…ということになりそうです。
 今年の見通しなど詳しいことは4日発信のレポートで詳しく解説いたします。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ