大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



長かった正月休みの間の出来事を、もろもろ織り込む売りがでて、大発会は3日続落してスタート…新興市場、小型株は個人の買いに堅調
 2015年の株式市場が始まりました。新年相場への期待が高まり、市場も賑わうはずですが、主力どころは派手な動きもなく終わりました。例年、年を通して買える株として、「大発会の一番人気銘柄を狙え…」というのが話題になりますが、今年は三井住友建設の1億8000万株弱が最多商いでした。やや、ボリューム不足の感は否めませんが、今年から、オリンピックへ向けての動きが始まることを考えると、「納得…」ということもできます。まあ、同社に限らず、今年はゼネコンをはじめとした、オリンピック関連が継続的なテーマになることを象徴しているんでしょう。継続注目している大成建設が、いち早く2006年1月高値を抜いてきたことを見ても、これまた納得ですね。

 大発会の日経平均は、42円06銭安(0.24%)の1万7408円71銭、TOPIXは、6.42ポイント安(0.46%)の1401.09ポイントと、ともに3日続落して年明けの相場がスタートしました。出来高は、大納会比3億7000万株増の20億4896万株、売買代金は同2800億円増の1兆9064億円でした。騰落状況は、値上り931、値下がり807。業種別は、空運、医薬、精密機器、金属など6業種が上昇。鉱業、食料、証券、その他金融などを上位に27業種が下落。週末に、オプションSQや米国雇用統計の発表があることから、主力投資家は、まだ模様眺め状態。その一方、個人資金が新興市場のIPO銘柄や小型株を中心に手掛け、新興市場株や小型株指数の上げが目立ち、物色意欲の強さは今年も持続していました。
 
 今日の引け値でみた日経平均サイコロは6勝6敗(50%)、TOPIXは5勝7敗(41%)に、ともに低下。RSI(相体力指数)は、6ポイント上げ50%に上昇。25日線かい離率は-0.6%。(物色の広がりを見る)騰落レシオは、2ポイント下げ102%に低下。いずれも方向感のない展開。TOPIXの3本新値は陰線2本目をつけています。

 朝方は、正月休み中の米株安やギリシャ政局不安などを織り込む動きから、売りが優勢となり、続落スタート。先物売りが先行したことから、裁定解消売りが入り、日経平均は、寄り後まもなく、この日の安値1万7219円(大納会比231円安)をつける場面もありました。ただ、中国本土市場が、年明けも上げが続いていることや、先月25日以来動きが無かった日銀のETF買いへの警戒感から先物を買い戻す動きも強まり、円も下落。これを好感し自動車株や電機株など主力株にも買いが入り、次第に下落幅を縮小。後場寄りには、この日の高値1万7540円(同90円高)をつけ、プラス圏へと浮上しています。ただ、週末のオプションSQがらみのまとまった先物売りが出たことから、引けにかけては下落。結局、3日続落になりました。

 今日は大発会の一番人気銘柄に関心が集まりましたが、結局、三井建設になりました。今日の読売新聞でも水素をエネルギーにするオリンピックコミュニティ構想を取り上げていましたが、今度、首都圏への住宅の集中も進む予想で、同社がメリットを受けると読んだところもあるんでしょう。また、レポートでは、今回の決算が海外投資家が日本株を見直すきっかけになる…としましたが、同社の場合も、高水準の受注や採算重視を背景に、経常利益は、会社計画の74億円に対し、コンセンサスは95億円を想定。両者のかい離が目立ちます。会社計画は減益、コンセンサスは、20%近い増益ですから、株価の違いも大きくなってきます。以前から書いているように、今回の10~12月期決算は、通期見通しの修正につながりやすいほか、来期の業績も見通せるようになるため、大手投資家の関心が高くなってきます。
 
 まあ、当面は、高進捗率と両者のかい離が大きいものを待ち伏せ方針で買っていけばいいでしょう。今日は、12月中旬から注目してきたアウトソーシングが急伸。一時、2000円近くまで上昇していました。この銘柄も、かい離が大きかったものです。引けにかけてはダレましたが、次の勝負は2月中旬にでてくる今期の見通し。これが四季報予想を上回ると、もう一段高も期待できます。日本株の方向性が出るまでは、愚直にこのやり方を続けますか…。
 それにしても、CTAの機関店とみられる欧州系証券は、今日も大幅な売り越しでしたが、昨年持っていた分を処分しているのか、それとも新規に売り建てているのか…。GLOBEX市場のに日経平均は波乱含みですが、出来高が多いのが気になります。新年の需給は良いですから、まさか、日銀に逆らうようなことはしないと思いますが…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ