大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スイスフランショックの消化に加え先物筋の売り仕掛けから大幅安したものの、後場からは新しい相場の芽を生みながら、下落幅を縮めて終了
 一日中、スイスフランショックの消化に追われました。日本には直接関係ないとはいうものの、同じ安全通過とみなされてきただけに、スイスフランの上昇が円に波及。対ドルで115円台まで上昇したことがイヤケされ、CMEで日経平均先物安が進行。これを引きづった格好で、今日の日本株も大荒れの展開になりました。
 日経平均は、244円54銭安(1.43%)の1万6864円16銭、TOPIXは12.87ポイント安(0.93%)の1363.73ポイントと、ともに反落して終わりました。出来高は、前日比2億株増の27億1228万株、売買代金は3840億円増の2兆7143億円と、ともに増加。騰落状況は、値上り206、値下がり1615。業種別は、ゴム、非鉄、電気・ガスの3業種が上昇。海運、化学、その他製品、水産・農林などを上位に30業種が下落。個別では、大幅な株主還元方針を打ち出したエーアイティーが続伸。台湾半導体大手の設備投資を思惑したスクリーン、連続最高益期待のブロンコビリーなど個別の材料株が上昇。

 今日の終値での日経平均サイコロは、5勝7敗(41%)、TOPIXは4勝8敗と、ともに前日と変わらず。RSIは、4ポイント下げ34%に低下。前引け段階では31%まで低下。昨年10月21日の29%に近づく場面もありました。25日線かい離率は-2.7%に拡大。騰落レシオは6ポイント下げ80%に低下。サイコロジカルライン以外は、順調に整理が進んでいますが、なかなか、そろって買いサインを出す…というところまで行きませんね。

 本日は、スイス中銀のユーロリンク放棄宣言ショックを受けた円高や米株安を嫌気。朝方から全面売り商状となりました。大幅安になったCME日経平均先物の終値(1万6800円)にさや寄せする先物売りと、それに伴う裁定解消売りから、日経平均は、前日比296円安の1万6812円と大幅反落してスタートしました。スイスフラン高を意識した円買いが、株先物売りを誘うという展開になり、裁定解消売りがでたほか、円高を嫌気した外需株売りが指数を押し下げ、スパイラル的に下落するという悪循環となり、後場寄り後、まもなくこの日の安値1万6592円をつけています。ただ、先物価格が1万6540円と、一昨日のCME市場の安値(1万6530円)に近づくと、先物に買戻しが入ったほか、週末に伴うポジション調整から、買い戻される銘柄も増え、引けにかけ下落幅を圧縮。日経平均は、この日の高値で取引を終えています。

 まあ、一昨日のCME安値にくると、買戻しが入るなど、相変わらず日本株は先物筋次第の情けない展開。ただ、今週もこれだけ波乱しましたが、結局、終値ではレポートで示した下値支持線の上で終わり、強気のトレンドは崩れていません。また、引けにかけて、ゼネコンなど建設株が買われるなど、来週以降に向けて種まきする動きも出ていました。もともと、レポートでは、下値支持線上でしばらくは値固めの動きが続く…としておきましたので、この展開に意外性はありません。また、昨年後半には、今年の高値について、2万円とか2万3000円とか、いろいろな強気予想がでていましたが、レポートでは「一定の条件を満足しないと、まだ、下落相場の中にある…」と、書いておきました。また、2009年安値を基点にする計算上の上げ第二波が、12月8日の1万8000円台乗せで終了。現在は、上げ第3波への移行期にあり、基点を固めるために、それなりの日柄が必要ともして置きました。想定通りの動きですので、調整後の先高方向は変わりません。

 今回の世界市場の波乱の要因は、大手ファンドからの資金流出が引き金になったもので、ドミノ倒し的に痛みが波及した結果が、現在の波乱につながっています。今晩のオプション清算でとりあえず落ち着きを取り戻すかな…とみていましたが、そこで起きたスイスフランショック。朝も書いたように、これで、大ケガ(中には致命傷)を負ったファンドも多く、もしかしたら、正常に戻るまでの日柄が伸びたかもしれません。ただ、何かあった時には回復が早い…としてきた、業績関連銘柄はこの波乱相場の中でも比較的堅調に推移しています。また、内需ものにも動きが変化するものが出てきました。詳しくは、日曜日発信のレポートで解説しますが、大事なことは今の相場の波乱が何によって起きているかを把握することだと思いますが…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ