大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ギリシャ債務交渉の進展期待を受けた円安や、日銀の強気の経済見通しを好感し、上昇。日経平均は7年7か月ぶり高値に…
 ギリシャ債務交渉問題の進展期待から、本日の日本株は、買いが先行。朝方はCME日経平均先物終値(1万8100円)にさや寄せする先物買いと裁定買いに支えられ、日経平均は前日比116円高の1万8103円と反発してスタートしました。寄り付きの買い一巡後は、日銀金融政策決定会合の結果待ちで高値でこう着する展開に…。ただ、会合の結果については事前に据え置きとの観測が強かったことから、観測通りの結果になっても特に売り込まれることはなく、後場に入っても高値圏で推移。引けにかけては指数連動商品に絡む先物買いも入り、上げ幅を拡大。一時、1万8202円をつける場面もありました。
 先週から続く大型株買いの流れが今週も継続。TOPIXの上昇率に比べ出遅れ感のある銀行株や証券株などに大口資金の買いが増加。出来高は前日比4.5億株増の27億2387万株、売買代金は5500億円増の2兆8050億円と、ともに厚みを増してきました。騰落状況は、値上り1319、値下がり426。4ケタの値上がり数は3日連続。業種別は、銀行、精密、証券、ガラス・土石、電気機器などを上位に29業種が上昇。石油・石炭、電気ガス、鉱業、倉庫・運輸の4業種が下落。

 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗(50%)、TOPIXは8勝4敗(66%)と、ともに前日から変わらず。RSI(相体力指数)は4ポイント上げ59%に上昇。TOPIXは64%から68%に上昇。25日線かい離は、+3.6%に拡大。TOPIXは+3.75%から+4.89%に拡大。指数系のテクニカル指標は、日経平均とTOPIXでは大きく異なるようになってきました。指数の堅調を受け物色範囲も拡大。騰落レシオは9ポイント上げ126%に上昇。警戒ゾーンの120%を超えてきました。NT倍率は、12.3倍から12.27倍に低下。ますます、TOPIX型の強さが目立ってきました。この日発表の13日現在の裁定買い残は、前週から2844億円増の2兆8917億円に増加。投資主体別売買動向では、前前週まで海外投資家はTOPIX型先物を大幅に買い越し。特定の外資系証券の買い残は累計で10万枚近くになっています。最近の上げは、TOPIX型の先物買いが、大型株との裁定買いを誘い、銀行や証券、紙パルプ保険などの上げにつながっている側面もあるようです。

 直近レポートでは、1989年末の日経平均3万8915円高値以来続いてきた、下げ相場に変化をもたらす歴史的な週になるかも知れない…と大げさな表現をしましたが、どうやら実現しそうな感じになってきました。全体の動きを見ても、ただならぬ動きになってきました。NT倍率は、昨年来続いてきたレンジの下限をさらに下回ってきましたが、これは、アベノミクス相場の初期や、一昨年5月高値を付けに行くときなど大きな相場の初期にみられる減少。おそらく、上げ相場を予感した出遅れ投資家の資金がTOPIX30などコアになる銘柄を焦って買った結果だと思われます。指数の上げとともに、懐疑の段階にあった個人投資家が動きだし、物色範囲が拡大。最後に、状況の改善が目に見えない投資家が動きだし、出来高が50億とか60億株台に増加。しまいには二けた銘柄がなくなってしまうということになるんでしょう。まあ、このスト-リーが成立するかしないかは、もう何年もレポートで書いてきた関門を突破するかどうかにかかっています。まだまだ、不透明感を引きづったままで「迷いの坂」を上る相場が続きますが、債券に閉じ込められていた資金が、金利裁定のセオリー通りに動き出したら…。すでにポジションを持っている人は、じっくり持続して値幅を楽しむことでしょう。
 これから出かけますので、思いつくままに書いてみました。走り過ぎはご容赦。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ