FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2020/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



冴えない米景気指標を受け下落スタートも、ギリシャ要因の進展、ハト派的な内容のFOMC議事録を好感して戻し、高安まちまちで終了
 おはようございます。 
 ギリシャは、EUに支援の延長申請を行ったようです。これを受け、ECBはギリシャ銀行への緊急流動性支援(ELA)を承認。12日に承認した50億ユーロに、新たに33億ユーロを追加。683億ユーロを供給することにしました。ギリシャ側は100億ユーロを要請したようですが、まだ問題が解決したわけではなく、圧力材料として、残しているようです。まあ、一歩前進という感じですね。後は、EUがツイプラス首相のメンツが立つような支援内容の変更をしてくれるかどうか、ですが、煮え湯を飲まされ続けてきたドイツがどう出るか…。
 また、ウクライナでは、和平交渉成立後、縄張りをめぐって争っていた地域からウクライナ政府軍が撤退。これで、和平交渉でグレーにされていた境界線が確定されることになります。これでロシアは、直接、EUと国境を接することを避けることができました。後は、非武装地帯をEUの監視軍に任せ、緊張状態を継続しておけ場良い…ということになり、完全にロシアにしてやられたことになります。とりあえず、相場的には、双方の材料とも中立要因に変化したのではないでしょうか。

 18日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万8029ドル85セント      -17ドル73セント(0.10%)
 NASDAQ総合指数       4906.36ポイント         +7.09ポイント(0.14%)
 S&P500               2099.68ポイント         -0.66ポイント(0.03%)
 CME日経平均先物       1万8250円            +70円
 10年物国債金利         2.0660%             -0.0790%
 ニューヨーク原油         52.14ドル            -1.39ドル
 GOLD               1200.20ドル            -8.40ドル ← FOMC議事録公開後は2010ドル台
 ドルインデックス         94.05                -0.08    


 昨日の米国株は、ギリシャの支援申請期待から欧州株が上昇したものの、朝方発表の住宅着工件数(1月)や鉱工業生産指数(同)が前月水準、予想をともに下回ったことを嫌気し、売りが先行。この日午後に発表を控えているFOMC議事録への警戒感もあり、反落スタートになりました。在庫増を懸念し原油価格が下落し、エネルギー株が売られたことも指数を下押し。ニューヨークダウは寄り後間もなくこの日の安値1万7982ドル(前日比65ドル安)をつけていました。ただ、ギリシャがEUに対し支援期間の延長を申請した…と伝わると、次第に下落幅を縮小。2時過ぎに発表されたFOMC議事録が「早すぎる利上げは影響が大きく、当面は、ゼロ金利の継続が必要…」とハト派的な内容になったことを好感。買い気が強まり、ニューヨークダウは、一時、プラス圏に浮上する場面もありました。製油所爆発事故があったエクソンが下落し、足を引っ張られたニューヨークダウが下落した反面、この日もアップルの上げにリードされたNASDAQ総合指数が6日続伸するなど、高安まちまちの動き…。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1737、値下がり1434。VIX指数は、2.22%下げ15.45に低下。

 ダウ30種は、値上り13、値下がり17。ナイキが1.92%上昇したほか、P&Gが0.90%、ボーイングが0.83%、IBMが0.76%上げるなど、ドル安を好感した動きがありました。一方、工場の爆発事故があったエクソンが2.19%下落。原油下げを嫌気しシェブロンが1.74%下落。JPモルガンが1.21%、GSが0.71%それぞれ下落。銀行株の動きがさえませんでした。ただ、その他は、上げ下げとも小動きでニューヨークダウの終日値幅は64ドルと狭いレンジの動き。業種別は、ガス供給、水道、電力、公益事業、不動産などが上昇。生保、銀行、オイル周辺サービス、エネルギーなどが下落。

 NYダウは、4日ぶりに反落。市場最高値に接近し、売り買いが交錯。頭の重い動きになっています。昨年12月安値を今月に入って下回った分、売り圧力が強まっているようです。週末には、オプションなどの清算が待っており、当面、頭の重い動きか…。NASDAQ総合指数は、6日続伸。想定通り指数をけん引する動きが続いています。先ごろ予想したように、アップルが指数をリードする状態が続いています。ただ、値上り数が値下がり数をを上回る状態が続いており、すそ野が広がっているのは安心材料。日足サイコロが9勝3敗になるなどテクニカルな過熱感はあるものの、年間ポートフォリオの構築から同社株を買い増す動きが続いており、当面、NASDAQ主導の上げは続くことになりそう。

 米国株は高安まちまち。円は、弱い米経済指標やハト派的なFOMC議事録を受け、米金利が低下したことから対ドルは118円70銭台、対ユーロは135円30銭台にそれぞれ上昇。CME日経平均先物は、日本株の先高期待が強まり、大証先物終値を70円上回る1万8250円で帰ってきました。レンジは1万8215円~1万8340円。出来高は4万1000枚台で7000枚の減少。本日も、大型株中心の流れが継続。いよいよ、2007年高値への挑戦相場が始まりそうです。大型株についていけない個人投資家は、出遅れ株を短期で乗り換えながら動いており、全体はかさ上げの色彩を強めています。増益決算を発表しながら売りたたきにあった銘柄や大型株でPBR1倍を大きく切っているものが狙われそう。そろそろ、買いに出たくてうずうずし始めた投資家が増え始めたのではないでしょうか…。相場の神様は皮肉なもので、こういう時にいったん下落させ、「あ~、やっぱり買わなくて良かった…」と思わせるもの。でも、その次に上昇してくると、臆病な投資家も理性を忘れて買いに出てくるもの…。相場の神様の思うつぼにはまってはいけませんね…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ