大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



雇用統計結果を受けた、米利上げ時期前倒し観測から、リスクオンの姿勢に修正の動き。環境変化を懸念し、週明けの日本株は反落してスタート。
 先週末の予想を上回る米雇用統計結果は、投資家に、利上げ時期の予想を前倒しすることを迫り、株をはじめとするリスク資産が下落。週明けの日本株は、改めてこの動きを織り込むため下落スタートになりました。米金利が上昇したことから、日本でも債券が売られ10年債金利は前週末から大幅に上昇。この日朝発表の10~12月期GDP改定値が、下方修正され予想から下振れたことも嫌気。海外市場の動きを見たいということから模様眺め気分が強まり、終日マイナス圏で推移する展開に…。後場寄り後、この日発表の景気ウォッチャー調査(2月)で、現状DIが7か月ぶりに景況判断の分かれ目になる50を上回ったことを好感。下落幅を縮小する場面があったものの、引けにかけ先物売りが増加。裁定解消売りが出たことや、先週まで買われてきた値嵩株に益出しの売りが増え、再び下落幅を拡大する流れになりました。

 結局、日経平均は、180円45銭安(0.95%)の1万8790円55銭、TOPIXは9.08ポイント安(0.59%)の1531.76ポイントと、ともに3日ぶりに反落して終わりました。日経平均の終日レンジは、1万8763円~1万8878円。出来高は、前週末比3.3億株減の17億9771万株、売買代金は同3680億円減の2兆1949億円と、ともに減少。週明けとともに、リスクオフの動きが強まったことから手控え気分が強まったようです。騰落状況は、値上り652、値下がり1075。業種別は、ゴム製品、小売り、卸売り、サービスの4業種が上昇。医薬品、電気ガス、不動産、銀行、情報通信などを上位に、29業種が下落。レポート銘柄では、前週号で取り上げたエスエムエスが3日続伸。昨年10月高値に接近。マーベラスや株主優待用クオカードの支給を決めたWDBホールディングスも反発。直近号も逆行高するものが多かったようです。

 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗(66%)に低下。TOPIXも、9勝3敗(75%)に低下。RSIは、77%(TOPIXは82%)に前主から10ポイント低下(TOPIXjは8ポイント低下)。25日線かい離は、+3.0%(TOPIXは+3.7%)と前週末からかい離修正が進展。騰落レシオは、6ポイント下げ120%に低下。依然、警戒ゾーンにあるものの、TOPIXを中心に過熱感は急速に解消に向かっています。今日は、日経平均、TOPIXの日足MACDがともに売りサインを出しています。

 先週末の雇用統計への市場の反応は予想外に強いものでした。レポートでも解説していますが、1月27日開催のFOMCで、ゼロ金利を「相当期間」続ける…とした表現が外されていこう、市場は、年半ばの利上げを見越して動き、長期金利は上昇、公共株が下落する…というパターンで利上げを織り込む動きをしていました。しかし、2月中旬以降物価の伸び悩み、まだら模様の景気指標が続いたことから、利上げ時期は年後半や来年まで先延ばしされるのでは…との観測が台頭。金利、公共株は横ばいに、また、リスクオンの動きが強まり、ジャンク債(投資不適格級社債)が買われ、新興国株も上昇していました。
 
 そこに、失業率がリーマンショック前の5.5%に低下してきたことから、やはり、利上げは当初の想定通り、年央…との観測が強まったことが、先週末の米株下落の要因でしょう。どの水準が、FRBの考えと折り合える水準かはわかりませんが、来週18日のFOMCまでは、声明文から、(利上げに対して)忍耐強くなれるという表現が維持されるか、削除されるかを巡って神経質な動きが続くことになりそうです。下値に関しては、レポート直近号で示しておきました。まだ、米国株次第のところがありすが…。まあ、日本株の相場の基調が強いことには変わりはありません。ここは、3月期末と、来期の見通しの明るいものを、ポイント、ポイントを捉えてため込んでおくところ。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ