FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



2003年来水準へのドル上昇や、在庫能力を上回り市場への放出懸念から急落した原油価格を嫌気して売られ。、反落して終了。
 おはようございます。 昨晩は、奈良市内での用事が以外に手間取り、帰宅が遅れ書き込みの時間が取れませんでした。
  さて、小康状態を保っていた原油価格が再び下落してきました。シェールオイル靴作リグの稼働数は順調に減少しているものの、高採算リグは産出量を増やしており、トータルで見た米生産量は増加傾向にあります。IEA(国際エネルギー機関)のまとめによると、米産出量予想は、前月予想の日量1241万バレルから、直近では1256万バレルに増額修正されています。これを受け、米国内の原油在庫は増加。4億8600万バレルと、過去最大水準まで積み上がり、このままではタンク不足から、市場での投げ売りが予想される事態になっているそうです。
 また、対ユーロで進むドル高も、ドル建て価格で見た価格の押し下げ要因となり、ゴールマンザックスでは、さらに商品価格の下落が続くと予想。弱気の見通しが続いたことから、昨日のニューヨーク原油は、再び44ドル台に急落してきました。S&P500 採用企業の半数近くが海外市場に依存しているといわれ、ドル高や原油安の企業業績への影響が懸念され始めました。
 
 13日の米国市場動向
 ニューヨークダウ          1万7749ドル31セント        -145ドル91セント(0.82%)
 NASDAQ総合指数         4871.76ポイント           -21.53ポイント(0.44%)
 S&P500                2053.40ポイント           -12.55ポイント(0.61%)
 CME日経平均先物         1万9210円              +10円
 10年物国債金利          2.1120%                +0.0160%
 ニューヨーク原油          44.84ドル               +2.21ドル
 GOLD                 1152.4ドル              +0.5ドル
 ドルインデックス           100.18                +0.91  ← 03年来の100ポイント乗せ 
            
 昨日の米国株は、ユーロ安を受け輸出株が買われ、欧州株が上昇したものの、前日急伸したことによる益出しの売りが増加。反落してスタートしました。この日発表のミシガン大消費者信頼感指数や卸売物価指数が、ともに予想、前月水準を下回ったほか、IEAが原油の一段安を示唆するようなレポートを出したことを嫌気し原油価格が急落したこともエネルギー株の売りにつながり、ニューヨークダウは、昼にかけ下落幅を拡大。この日の安値1万7629ドル(前日比266ドル安)をつけていました。ただ、卸売物価の4か月連続低下などは、FRBの利上げに圧力になるとの見方が台頭。引けにかけては買い戻され、下落幅を縮めていました。結局、主力3指数とも反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り957、値下がり2175(NASDAQ市場は、1090-1656)。VIX指数は3.8%上げ16.00に上昇。

 ダウ30種は、値上り7、値下がり21、変わらず2(ファイザー、ウォルマート)。マイクロソフトが0.88%、インテルが0.52%上げたものの、そのほかはいずれも小幅な上げ。一方、ドルが12年ぶり水準に上げたことを嫌気。IBMが2.74%、ユナイテッドテクノロジーが2.06%それぞれ下落。VISA(-1.69%)、コカコーラ(-1.63%)、GE(-1.42%)」など多国籍企業の下げが目立ち、13銘柄が1%超えの下落となり指数の足を引っ張りました。業種別は、ソフトウェア、金山、産廃、ヘルスケアなどが上げたものの、いずれも小幅。石炭、非鉄、海運、金属、人材派遣などが下落。
 NYダウは反落。この日も100日線に達したところから、反転し下落幅を縮めています。ドル高や原油価格の再下落などが企業業績に与える影響を懸念し始めているようです。来週のFOMCをめぐり、引き締め派と緩和持続派との売買が交錯しており、100日線を下値に膠着した動きになるのかもしれません。日足サイコロが4勝8敗に低下するなど、テクニカルな調整は進んでおり、短期的には25日線レベルへの反発局面も…。

 米国株は反落。円は、対ユーロでのドル高が進行したことを受け、対ドルは121円40銭台に小幅に軟化したものの、対ユーロは127円40銭台に急伸。CME日経平均先物は、大証終値を10円上回る1万9210円で帰ってきました。レンジは、1万9035円~1万9275円。出来高は4万5855枚。
 昨日の日経平均は、263円14銭高(1.39%)の1万9254円25銭、TOPIXは、13.7ポイント高(0.89%)の1560.33ポイントと、ともに3日続伸。騰落状況は、値上り1126、値下がり602。SQ値jは1万9225円43銭でした。不動産、その他金融、機械、電気機器などを上位に30業種が上昇。水産・農林、空運、医薬品の3業種が下落。株主との対話路線を打ち出し、還元期待が高まったファナックが単独で指数を123円押し上げたほか、ユニクロが約30円、京セラが約13円と3社で日経平均の上げ分の63%
を占めており、昨日の上げについては、やや割り引いてみる必要もありそうです。

 この日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗(66%)、TOPIXは9勝3敗(75%)と、ともに前日から上昇。TOPIXが再び警戒ゾーン入り。RSIは、日経平均が2ポイント上げ73%に、TOPIXは3ポイント上げ76%にそれぞれ上昇。警戒ゾーンの80%は下回っています。25日線かい離は、+4.1%、TOPIX+4.15%とともにかい離が拡大。反落警戒の3%超えを上回った状態。指数系は一部に警戒的な動きがみられるものの、依然、巡航速度の範囲内。騰落レシオは7ポイント上げ137%に上昇。指数の上げとともに物色範囲が拡大してきました。警戒ゾーンの120%は上回ったまま。

 週明けの日本株は、今週の強い流れを受け、堅調に推移しそうですが、週明けからは日銀金融政策決定会合、FOMCと重要なイベントが相次ぐことから手控え気分も強まりそうです。ただ、欧州株高でリスク対応力が増した海外投機筋の動きが強まっており、日本国内要因だけに注目した上値追いの動きが続くこともありそうです。想定したよりも上げのピッチと時期が早まった気がしますが、当面は、ついていくしかないのでしょう。上げの③ポイントの達成は早そうですね。詳しくは、明日のレポートで解説します。今週は、エスエムエス、ウエザーニュース、サックスバーなどカタカナ組の堅調が目立ちました。
2回分書きましたので長くなりました。ご容赦!
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ