大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ドル反発、原油下落を嫌気してNYダウは反落するも、成長株志向を強めNASDAQ総合指数は4日続伸して終了…NYダウはドル相場次第の展開か?
 おはようございます。 昨晩は、急に炊事当番が回ってきて、買い出しやら何やらで、書き込みの時間が取れませんでした。まあ、注目株の方は堅調でしたので、ご容赦!

 昨日の終値での日経平均サイコロは7勝5敗(58%)と前日から変わらず。TOPIXは7勝5敗(58%)で、前日から低下。RSI(相体力指数)は、日経が70%、TOPIX71%。25日線かい離は、日経が+3.9%、TOPIX+3.61%…先行していたTOPIXがほぼ日経平均に追いつかれた格好。25日線かい離率は日経平均がやや勢いを増していることを暗示しています。物色の広がりを見る騰落レシオは、前日から10ポイント下げ126%に低下。指数、物色の強さとも、やや勢いを欠いてきた感じです。

 昨日発表の投資主体別売買動向では、個人(-1409億円)、信託銀行(-342億円)が売り越し。一方で、海外投資家(+2992億円)の買い越しは5週連続。海外投資家の先物売買については、日経平均型は、2月に3週連続買い越していたものの。3月に入り952億円、1072億円と、2週連続の売り越しに変化しています。TOPIX型は、3月第1週に383億円売り越したものの、第2週には882億円の買い越しと、方向感のない展開。短期筋の勢いが鈍る一方、中長期投資家の現物買いが増加している、という構図でしょうか。昨日も指数は下落しているものの、出来高、売買代金ともに増加。為替に大きな変動がないことから、為替ヘッジの必要がない中長期資金が日本株の買いを増やしていることがわかります。昨日、米株が上げたにも関わらず、日本株が下落した背景については、以前から、FOMCの日程をにらんで、イベントドリブン型ヘッジファンドがポジション(株先物買い・円売り)を作っている可能性がある、としましたが、どうやら、この解消売りもあったようです。

 19日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7959ドル03セント      -117ドル16セント(0.65%)
 NASDAQ総合指数      4992.38ポイント         +9.55ポイント(0.19%)
 S&P500             2089.27ポイント         -10.23ポイント(0.49%) 
 CME日経平均先物      1万9385円            -55円
 10年物国債金利       1.9770%              +0.0260%
 ニューヨーク原油       43.96ドル              -0.70ドル
 GOLD              1170.5ドル             +19.20ドル
 ドルインデックス       99.14                 +1.32   


 昨日の米国株は、前日大きく上げた反動から利食い売りが先行。反落スタートになりました。また、FOMCの弱気の景気見通しを受けドルが売られていたものの、年内利上げの方向には変化はないとして、米金利が上昇。これを受け、ドルが主要通貨に対し買われたことから、原油が下落。エネルギー株が売られたほか、ドル高を嫌気して多国籍企業が売られたこともあり、ニューヨークダウは、昼ごろまでにこの日の安値1万7934ドル(前日比142ドル安)をつける場面がありました。ただ、NASDAQ市場が終日プラス圏で推移していたことから、一段と売り込む動きはなく、引けにかけては小動きに推移。結局、ニューヨークダウとS&P500は反落したものの、NASDAQ総合指数は4日続伸して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り1120、値下がり2020と値下がり数が上回ったものの、NASDAQ市場は、値上り数が1468、値下り1308と対象的な動きをしていました。VIX指数は、0.72%上げ14.07に上昇。

 ダウ30種は、値上り5、値下がり24、変わらず1(IBM)。前日ドル安、原油高を好感して上げたキャタピラが1.52%、エクソンが1.93%、シェブロンが1.83%、デュポンが1.97%、それぞれ下落。コカコーラが1.43%、GEが1.21%下落するなど多国籍企業も売られました。全体で10銘柄が1%超えの下落になり、指数の足を引っ張っていました。業種別は、ギャンブル、空運、バイオテクノロジー、アパレル小売などが上昇。非鉄金属、鉄鋼、金属、基礎資材、アルミなどが下落。

 NYダウは反落。ドル相場次第の展開が続いています。昨日の下げで、再び25日線を下回ってきました。先週から、上げと下げが隔日で繰り返す鯨幕相場を続けており、明日に迫ったオプション、先物のなどの決済に絡んだ動きがあるのかもしれません。引き続き、ドル相場次第の展開…。一方、NASDAQ総合指数は4日続伸と、想定通りの強さを発揮しています。小型株で構成するラッセル2000指数も昨日は0.22%上げており、市場が成長株志向を強めていることがわかります。引き続き、NASDAQ優位の展開…。日本株にも影響を与えてくるかも…。

 米国株は高安まちまち。円は、米金利上昇を受け、ドルが主要16通貨中13通貨に対して上げた流れを受け、対ドルは120円70銭台に下落。対ユーロは、ユーロ債金利の低下を受け、128円70銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を55円下回る1万9385円で帰ってきました。レンジは、1万9225円~1万9470円。本日の日本株は、昨日と同様、指数が冴えない中、個別の材料株物色が続くことになりそうです。このところ書いていますように、前回決算時に貸し株を使って売り込んだ投機筋の(株券返済用の)買戻しが活発化。昨日も、レポートで注目してきたセイコーエプソンや山一電機などに不自然な動きが出ていました。米系証券などを通してディーエヌエーにまとまった売りが入っているといいますが、同社の任天堂との資本業務提携で急伸したことから、買戻しができないとの話もあります。大半は作業が終わったものと思われ、今後は、進捗率が高い業績増額修正期待(来期も増益という条件付き)銘柄に重点が移ってきそう。指数より個別重視で…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るかメールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ