FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



米国のさえない景気指標を受けた円高を嫌気し、小幅反落して終了…安全パイの建設株買いなどから、全体は底堅い動き
 小用で奈良市内まで出ていました。急いで書きます。
 レポート3月29日号で、4月は下値支持線の強さを確認にくる相場になるのでは…としましたが、想定通り4月頭にかけ調整に入ったものの、その後は、高値圏での持ち合い形成の動きになってきました。本来なら、2007年7月高値1万8300円の頭をたたきに行ってもよかったのですが、宿題を済まさないまま、相場だけが走ってしまった、という格好です。同号では、値幅調整で下値支持線を確認に行くとしましたが、解約45日前ルールの期限を迎えているはずの先物筋も積極的に売り崩すような動きもなく、結局、日柄で整理をしていくことになるんでしょうか…。まあ、しばらくは個別株主導というのは正解でしたが…。でも、よく中身を見ていくと、ロング・ショートの巻き戻しなど、結構、ヘッジファンドの中間決算に絡んだ動きがあるような動きが散見されます。しばらくは需給面から頭の重い動きになりそうです。

 今日の日本株は、米国の予想を下回る小売売上高を受けドルが下落。円の対ドル相場が119円台前半に上昇したことを嫌気し、先物売りや外需株の売りが入ったことから、日経平均は、前日比70円安の1万9838円と反落してスタート。売り一巡後は、保険や昨日の大林組の増額修正に刺激された建設株などが買われ、急速に下落幅を圧縮。前引け近くには前日終値付近まで戻していました。その後は、中国の冴えない景気指標が頭押さえとなり、前日引け値付近でもみ合いましたが、2時近くに先物にまとまった売りが出され、下落幅を拡大。2時過ぎには、この日の安値1万9823円(前日比85円安)をつけたものの、個人や年金などの押し目買いへの警戒感から一段と売り込む動きはなく、引けにかけやや買い戻され、下落幅を縮めていました。押し目買い姿勢は強いものの、高値を買いあがる動きはなく、日経平均の終日値幅は90円。今週に入ってからの3日間の値幅も152円と、小幅なレンジになっています。

 結局、日経平均は38円92銭安(0.20%)の1万9869円76銭、TOPIXは2.01ポイント安(0.13%)の1588.81ポイントと、ともに反落して終わりました。出来高は、2億2000万株増の19億5281万株、売買代金は、3200億円増の2兆3229億円と、こう着相場の中で増加。ポジション調整の売買が結構入っていることを推測させます。騰落状況は、値上り612、値下がり1137。業種別は、空運、保険、鉱業、建設、ガラス土石などを上位に10業種が上昇。水産農林、証券、その他金融、医薬品、食料などを上位に23業種が下落。

 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗(50%)と前日から低下。TOPIXも同じ。RSI(相体力指数)は、日経平均は7ポイント上げ61%、TOPIXは、7ポイント上げ57%にそれぞれ上昇。25日線かい離率は、日経平均+1.7%、TOPIX+1.095に、それぞれ接近。物色の広がりを見る騰落レシオは、4ポイント下げ109%に低下。指数系のモメンタムが弱含むなか、循環物色を背景にかさ上げ相場が進んできた…という恰好ですが、食品や医薬品など最近相場をリードしてきた業種の下落が大きくなってきており、循環r的なかさ上げ相場が一巡。今後は業績発表を受けた選別色の強意流れに入っていくのかもしれません。実質無借金なのにROEの低い企業に増配など株主還元の思惑買いが入ってくるかも…。ここからは、出遅れ感よりも割安感に的を絞るところ…か。大型連休がだんだん近づいてくるのも、やる気をなくす原因か?
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ