大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



主要企業の好調な決算や、冴えない景気指標を受けた利上げ時期の後ずれ観測が支えとなり、NYダウは反発して終了…NASDAQ総合指数は、ツイッターが足を引っ張り続落
 おはようございます。 安倍総理、米国でなかなか頑張っていますね。中国系や韓国系住民から圧力をかけられた議員が、なんとか総理から謝罪の言葉を引き出そうとしますが、うまくかわしています。次は、議会演説ですが、おそらく、韓国系の住民らが、傍聴席で傍若無人な振る舞いをやるんでしょう。中国系の資金が入っているマスコミもアベたたきをやるんでしょうね。彼らの行動に批判が集まるような立派な演説をやってもらいたいものです。また、サンフランシスコやロスにも行くようですが、西海岸では日系住民が中国系や韓国系住民から蔑視されているといい、これに絡んだ動きもあるようです。まあ、自分たちがやっていることを棚に上げておいて、関係改善には日本側から歩み寄れとは、ちょっと、勝手が過ぎませんかね…。

 昨日の米国株は、ギリシャ債務交渉の膠着や企業業績への懸念から欧州株が下落したものの、朝方決算を発表したメルクや宅配大手UPSが予想を上回ったことを好感。反発スタートになりました。ただ、寄り後に発表されたコンファレンスボード消費者信頼感指数(4月)が、予想、前月水準を大幅に下回ったことに失望。フォードやツイッターなどが冴えない決算を発表したことも嫌気され、寄り後まもなく、ニューヨークダウはこの日の安値1万7917ドル(前日比120ドル安)をつけています。その後、冴えない景気指標を受けドルが売られたことや、イランが米国船籍の艦船を拿捕した(後、米国船ではないことが判明)との報が入り原油価格が上昇。資源株が買われたほか、IBMが増配を発表したことも指数の上げにつながり、昼までにプラス圏に浮上。引けにかけては、一連のさえない米景気指標から利上げ時期が遠のくのでは…との観測が台頭。この日の高値圏での膠着した推移となりました。結局、ニューヨークダウとS&P500は反発したものの、ツイッターのさえない売り上げから、SNS関連が売られNASDAQ総合指数は続落。ニューヨーク市場の騰落状況は値上がり1974、値下がり1163(NASDAQ市場は、1676-1087)。VIX指数は、5.4%下げ12.41に低下。

 ダウ30種は、値上り19、値下がり10、変わらず1(AMEX)。予想を上回る業績とガイダンスの引き上げを行ったメルクが5.04%上昇。マイクロソフトが2.34%上げたほか、増配を発表したIBMが1.87%上昇。ドル安を好感し、インテルが1.6%、キャタピラが1.0%上げるなど、8銘柄が1%超えの上げとなり、指数をけん引。一方、絶好調のアイホンの先行き懸念からアップルが1.58%下落したのが目立ちました。業種別は、非鉄、金鉱山、金属、鉄鋼、各種サービスなどが上昇。石炭、耐久消費財、トラック、履物、装飾品、バイオテクノロジーなどが下落。

 NYダウは反発。引き続き三角持ち合いのレンジ内にあるものの、株価的には煮詰まってきており、そろそろ持ち合い離れの動きがありそう。NASDAQ総合指数は、高値更新後のセオリー通りの調整だが、前回高値付近で下ひげを残すなど、次の上昇へ向けての買い意欲の強さを示しています。S&P500は、昨日も書いたように、三角持ち合いの上離れ後、これまでの上値抵抗線が下値支持に変わったかどうかの確認の動き。やはり、このラインを下値に反発しており、さらに上値をうかがう動きも予想されます。

 米国株は高安まちまち。円は、冴えない米景気指標を受け、対ドルは118円80銭台に上昇。対ユーロは130円40銭台に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を50円下回る1万9990円で帰ってきました。レンジは、1万9930円~2万0150円。出来高は、前日比2500枚増の3万7120枚。ドル、円はこう着状態を強めていますが、このところのさえない経済指標や利上げ時期の後退観測からドルが主要通貨に対し弱含んでおり、相対的にに円は、ドル以外の通貨に対し、弱含むという動きに…。対ユーロは130円台に入っており、欧州にいメーカーの見直しの動きも…。ただ、今晩、FOMCを控えており、結果次第では、為替や米国株が大きく動く可能性があり、予断は持たないほうがよさそう。FOMCの結果待ち…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ