大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



米株高や債券市場の落ち着きを好感。昼にかけだれたものの、引けにかけては、週明け相場への期待感から買われ反発して終了
 世界的な巻き戻しがほぼ終わり、債券価格が落ち着きを取り戻すとともに、株式市場が強さを取り戻してきました。
 米国の生産者物価指数(PPI)が、上昇予想に反し下落したことから、FRBの利上げは一層困難になった、との見方が台頭。これを受け債券価格が上昇(金利は低下)したことを好感。金利低下をを受けドルが下落したことも、米国経済にとってプラスとして、多国籍企業を中心に買われ米国株は大幅高。これを受け、CME日経平均先物も、1万9700円近くに上昇して帰ってきました。

 本日の日本株は、米国と同様に債券市場が上昇したことを好感し、買いが先行。CME日経平均先物終値(1万9690円)にさや寄せする先物買いが増加。裁定買いも入り、日経平均は、前日比123円高の1万9693円と、ほぼ、CME日経平均先物終値と並ぶ始まりになりました。寄り後も、好調な決算を受けソニーやファナックなど主力株が買われ、日経平均は寄り後まもなく、この日の高値1万9750円(前日比180円高)をつけています。ただ、週末控えであることや、このところ25日移動平均線が相場の分岐点になることが多く、この水準にくると警戒的な売り物が増加。前引けにかけては、上げ幅を縮小する展開になりました。後場に入ると、債券市場で10年債金利が低下したことや、三菱UFJ銀行が自社株買いを発表して買われたことなどを好感。引けにかけ主力株が買われると、来週の相場を期待した買いが広がり、次第に上げ幅を拡大する展開に…。

 結局、日経平均は、162円68銭高(0.83%)の1万9732円92銭、TOPIXは15.62ポイント高(0.98%)の1607.11ポイントと、ともに反発して終わりました。出来高は、前日比2600万株減の25億4872万株、売買代金は約2000億円減の2兆5775億円。騰落状況は、値上がり1203、値下がり548。業種別は、サービス、陸運、小売り、銀行、空運、化学などを上位に25業種が上昇。紙パルプ、鉱業、石油・石炭、金属、精密など8業種が下落。予想を上回る業績を発表した日本バイリーン、電融など、業績関連銘柄が値上がり上位に…。

 今日の終値での日経平均サイコロは、7勝5敗(58%)で前日と変わらず。TOPIXも同じ。日経平均RSIは、3ポイント下げ45%に、TOPIXは4ポイント下げ47%にそれぞれ低下。25日線かい離率は、日経平均が-0.2%と25日線上を回復することができなかったものの、TOPIXは、+0.56%とプラスかい離に復帰。ともに25日線付近で足踏みする動き。騰落レシオは5ポイント上げ101%に上昇。指数系が足踏みする一方、全体の安定感を受けかさ上げ相場が強まってきた…という格好。

 レポート注目のサックスバーホールディングとスタートツデイは休憩を終え、上げの第二ステップに入ってきました。また、、今日は、ネット通販への参入増加と競争力のカギを握るハイテク倉庫の需要増を受け、継続注目してきたダイフクが、急伸してきました。また、テクニカルな押し目のポイントに来ているとして注目したエスエムエス、日本M&Aセンターも大幅高。さらに、M3もどうやら休憩を終え動き始めてきました。まだ、出遅れているものもありますが、総じて、待ち伏せものは堅調でした。来週は、増益にもかかわらず、高すぎる予想に届かなかったものや、弱すぎる見通しのものを買いなおす動きになりそうです。全体の流れなど詳しいことは、注目株を含め日曜日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ