大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



GDPのマイナス成長を受けた米株安から下落スタートも、出遅れ割安株への幅広い買いを受け、日経平均、TOPIXとも12日連騰して終了
 6月に入りました。陰暦6月の異名は「水無月」。日照り続きの水無し月ということから、この異名になったようです。相場にとっては、「恐怖」の水が無くカンカン照りの暑さはエネルギーを供給する源…。大いに上げを期待できることになりそうです。…といって、手放しで強気になることもできません。今月6日の「芒種」から、月命は「壬午(みずのえうま)」に入ります。いよいよ、水が出てきます。また、一方の「午」は火の性質を持っており、こちらは相場にとってプラス。水と火は相克関係にありますから、今月は波乱含みの展開になるかもしれません。まあ、心して6月相場に臨むことにしましょう。

 週明けの日本株は、前週末の米国株が1~3月期GDP成長率改定値がマイナスに落ち込んだことから3ケタの下げになったことを嫌気。前週まで11連騰していたこともあり、売りが先行。米株安を受け週末のCME日経平均先物が下落。朝方はCME終値(2万455円)にさや寄せする先物売りと裁定解消売りから、日経平均は前週末比119円安の2万444円と、ほぼCME終値と同水準でスタートしました。寄り付きの売り一巡後も、警戒的な売りが続き、前場半ばにはこの日の安値2万410円(前日比153円安)をつける場面もありました。しかし、中国の製造業指標が連続して判断の分かれ目になる50を超え、株価が反発すると、日銀のETF買いへの期待感もあり次第に押し目買いが増加。後場に入ると、先物の買い戻しも入り引けにかけ上昇。引け近くには、この日の高値2万595円(同32円高)をつける場面もありました。大引けにかけては売り買いが交錯。前週末引け値を挟んで神経質な動きになりましたが、最終的には買いが勝り、日経平均、TOPIXとも12連騰して終わりました。

 結局、日経平均は6円72銭高(0.03%)の2万569円87銭、TOPIXは4.91ポイント高(0.29%)の1678.56ポイントで終了。出来高は、前週末比8億株減の24億9072万株、売買代金は1兆1300億円減の2兆5340億円と、ともに減少。騰落状況は、値上り1114、値下がり644。業種別は、その他金融、電力ガス、水産農林、繊維、保険、などを上位に25業種が上昇。海運、空運、輸送用機器、不動産など8業種が下落。

 今日の引け値での日経平均とTOPIXのサイコロは、ともに12勝0敗(100%)に上昇。日経平均RSIは、前週と同水準の85%、TOPIXも同水準の87%と、引き続き警戒ゾーンの80%超えが継続。25日線かい離率は、日経平均が+2.8%とやや縮小したものの、TOPIXは+3.21%と、前週から拡大。指数全体に警戒感があるものの、中でもTOPIXの強さが目だっています。物色の広がりを見る騰落レシオは前週末から2ポイント下げ112%に低下。物色銘柄がうまく循環していることから、なかなか警戒ゾーンの120%を上回ってきません。NT倍率は12.25倍に低下。

 本日の大型株指数は0.21%の上昇でしたが、中型株は+0.38%、小型株指数は+0.55%の各上昇と、やはり、物色対象が変化してきました。また、レポートでも書いたように新日鉄住金が上昇。繊維や化学など数量低位株も上げが目立ちました。前週まで、自動車、主力電機などが買われたことで、PBRが1を切るなどバリュー面で割安感のあるところに買いの手が回ったようです。まあ、先週から、今週は流れが変化してくる、と書いてきましたから、今日の動きは想定内。

 PBRで1倍を大きく割り込んでいた銀行株が買われたことが、全体の純資産割れ銘柄への買いを促したようです。今週は、米国で主要な景気指標の発表が続きますし、5日にはギリシャのIMFへの返済もあり、不透明材料には事欠きませんから、まずは、割安株買いの動きになるんでしょうね。ただ、今月は、安倍政権の成長戦力の改編も予定されていますので、次第にテーマ株物色の流れにもシフトしていきそうです。昨日のレポートで、この関連で取り上げた低位株は5%超えの上げになっていました。そのほかの小型株も堅調でした。まあ、当面は低PBR銘柄とアナリストコンセンサスの引き上げ可能性の強い銘柄の2本立てでよさそうです。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ