大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



欧米株高や対ユーロでの円安を好感し買われたものの、途中、中国株の波乱を受け下振れ、引けにかけ買いなおされて3日ぶりに反発して終了
 急用で大阪まで出なければいけなくなりました。今日の相場を簡単にまとめておきます。

 本日の日本株は、欧米株高や欧米金利上昇を受けた円の下落を背景に買いが先行。CME日経平均先物終値(2万580円)にさや寄せする先物買いを受け、日経平均は前日比66円高の2万539円と反発して始まりました。ユーロに対し円安が進んだことから、マツダや工作機械、精密など欧州に強い企業が買われ、寄り後間もなく、この日の高値2万552円(前日比79円高)をつけていました。ただ、円が下げ渋ったことや、手掛かり材料難から上値を買う動きはなく、2万500円台での膠着した動きが続きました。後場に入っても指数は横這う動きが続きましたが、2時過ぎに中国上海市場が、新興市場株の下げを受け急落すると、先物に売りが入り裁定解消売りから下落幅を拡大。引け近くに、この日の安値2万438円(同35円安)を付ける場面もありました。中国株が戻しにはいるとともに、先物に買戻しが入り引けにかけ上昇。日経平均、TOPIXとも3日ぶりに反発して終了。

 結局、日経平均は、14円68銭高(0.07%)の2万488円19銭、TOPIXは、3.90ポイント高(0.23%)の1673.89ポイントと、ともに反発。出来高は、前日比8800万株増の24億9494万株、売買代金は、1318億円増の2兆6911億円とともに増加。相変らず東京電力、みずほフィナンシャルに商い集中。この2社で4億4000万株を超える商いを消化していました。騰落状況は、値上り994、値下がり751。業種別は、保険、証券、ガラス・土石、銀行、金属などを上位に、17業種が上昇。一方、水産・農林、電気・ガス、ゴム製品、倉庫・運輸などを上位に16業種が下落。製品値上げを打ち出したホクシンが低位株人気に乗り急伸。低PBRや金利上昇による運用環境の改善期待から第一生命も急伸。

 今日の終値での日経平均とTOPIXのサイコロは10勝2敗(83%)と変わらず。日経平均RSIは、2ポイント下げ89%に、TOPIXは1ポイント下げ90%にそれぞれ低下。25日線かい離率は、日経平均が+2.2%と横ばいだったものの、TOPIXは+2.54%とやや拡大。内需系大型株や小型株が強かったことからTOPIX優位の展開となり、NT倍率は12.26倍から12.24倍に低下しています。指数系は引き続き、モメンタムは低下気味。一方、(物色に広がりを見る)騰落レシオは、2ポイント上げ111%に上昇。循環物色を続得ながらも、やや物色範囲が広がる動きが強まってきました。

 本日発表された、25日~29日売買分の投資主体別売買動向で、個人は4443億円、投信は290億円の売り越し。この分を、海外投資家の3964億円、信託銀行の571億円買い越しが吸収した格好。また先物については、日経平均はラージ、ミニを合わせ1600億円を買い、3週連続で買い越しました。引き続き、先物買いがリードしている格好。このところ、ドイツ債など欧州の債権が下落(金利は上昇)し始めており、警戒的な動きが強まってきました。また昨日、ECBのドラギ総裁も債券の変動に備えなければならないと、警戒的な発言をしていますが、今日もこの余韻が残り、ドイツ国債などが下落。これを嫌気して、欧州市場は軒並み1%を超える下落になっています。これを受け、GLOBEX市場のNYダウは三桁の下げ、日経平均先物も、2万355円まで下落。大証先物終値(2万500円)を大きく下回っています。海外投資家の買いの主体は欧州筋ですから、欧州債券の崩れは、先物を通じてい本株にも影響を及ぼしかねません。まあ、国内要因は順風満帆ですが、海外要因のほうは、大量の資金を吸収していた債券市場に黄色信号がともっており、短期的には、この動きを注視したいところ…。

 本日は3月の週足一目均衡表の雲抜けから注目を始めた野村ホールディングスが新値、ハイテク物流で大化け期待のダイフクが、同じく外資系証券の株価目標上げを受け、高値を更新。順調に値幅を重ねていました。まあ、しばらくはエスカレーター相場ですから、できるだけ下りないようにして、エレベーター相場に変化するのを待つ所ですね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ