大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



重要イベント控えで模様眺め気分が強いなか、ギリシャ支援協議の先行き不透明感や中国株の急落を嫌気し、続落して終了
 ギリシャのデフォルト懸念が日本株にもじんわりと影響し始めたようです。ギリシャのバルファキス財務相は、18日のユーロ圏財務相会合に、新たな改革リストを提出しない方針を示したといわれます。チプラス首相は18日にはロシアを訪問予定ですから、実質的には協議を放棄したようなものです。支援金を供出するドイツは、財務相会合で支援が決まっても、議会の承認が必要。まあ期限の延長など、いろんな細工をして、デフォルトを避けるような欧州得意の寝技を使って先延ばしするのでしょうが、ギリシャの態度にドイツ国民は業を煮やしており、果たして議会の承認が得られるのかどうか…。ギリシャ国民はEU離脱はしたくないので、そろそろ、債権者団の要求をのんだら…といっているのに、政府だけが破たんの淵に向って突っ走っているという状態。ボタンの掛け違いによる対立は、経済論から感情論に変わってしまいました。どうおさめるんでしょうね。欧州株は大幅に続落。GLOBEX市場の米国株もNYダウが70ドル、日経平均先物も2万110円まで下げていますが…明日の朝はどう変わっているんでしょうか。

 本日の日本株は、ギリシャ支援協議の不調を写し、欧米株が続落した流れを受け、売りが先行。日経平均は前日比50円安の2万332円とCME日経平均先物終値(2万350円)を下回って始まりました。寄り付きの売りが一巡したあと、前日と同様に先物に買いが入り、下落幅を縮小。この日の高値2万368円(前日比19円安)を付ける場面がありました。ただ、FOMCや日銀金融政策決定会合、18日のユーロ圏財務相会合を控え模様眺め気分が強く、買いが続かない中、ギリシャ協議の緊迫化を嫌気した売りに押され、次第に下落幅を拡大。前引け近くにこの日の安値2万234円(同153円安)をつけていました。後場に入り、黒田日銀総裁の国会尾での発言を修正する動きがあったことを好感し下落幅を縮める場面があったものの、中國市場が急落したこともイヤケされ、終日、マイナス圏で推移。結局、続落して終了。

 日経平均は、129円95銭安(0.64%)の2万257円94銭、TOPIXは、12.06ポイント安(0.73%)の1639.86ポイントで終了。出来高は、前日比2.9億株増の19億9441万株、売買代金は約2500億円増の2兆2639億円でした。騰落状況は、値上り405、値下がり1369。業種別は、電気ガス、食料、ガラス土石、空運の4業種が上昇。銀行、海運、鉄鋼、紙パルプ、鉱業などを上位に29業種が下落。

 今日の終値での日経平均サイコロは4勝8敗(33%)、TOPIXは5勝7敗(41%)と、ともに前日から低下。底値圏の25%に接近してきました。日経平均RSIは7ポイント下げ42%に、TOPIXは、6ポイント下げ40%にそれぞれ低下。底値ゾーンの40%割れに接近中。25日線かい離率は、日経平均が-0.04%、TOPIXは-0.51%と、ともに25日線を割り込んできました。騰落レシオは6ポイント下げ104%に低下。11日の118%から低下してきました。指数の調整の動きに押され、循環買いの動きにも一服の兆し。

 まあ、以前から5月下旬からは警戒的な流れを想定していましたから、この動きには意外感はありません。来週までを調整のめどとみていましたが、テクニカル指標の動きは、それを裏付けるものになっているようです。ただ、依然として、「日本株は違う…」的な強気の見方が根強いようですが、今の日本株の買いの主体は海外投資家。他の投資資産が影響を受けた時に日本株だけが無事で済むと思うのは…。ただ、回復力は待機資金が多いことから他の市場よりも早いとは思いますが。とりあえず、ギリシャ情勢がはっきりしないと…。とにかく、下落場面を待って内需系の好業績テーマ株を丹念に拾うことがベスト。M3、ウエザーニュースなど休憩組に買いが回ってきましたね。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ