大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ギリシャ情勢や中国株の急落を懸念した売りに加え、週末のポジション調整売りから続落して終了
 ギリシャ支援協議のドタバタ劇に振り回された1週間でした。まだ、明日夜のユーロ圏財務相会合が残っていますので、どうなるかわかりませんが、出来れば借金を踏み倒したいギリシャと、なんとか回収への道をつけたい債権者団がチキンゲームを繰り広げています。交渉が決裂すれば、ロシアがギリシャに接近。地中海進出の橋頭堡を築くだけでなく、欧州にとってはイスラム圏の侵入を防ぐ盾となる国を失うことにもなり、地政学的な要因も絡んできます。単にカネも問題でかたずけられない背景があるんですね。ギリシャの強硬姿勢の裏には、イスラムの侵入は許したくないという欧州主要国の弱みに付け込んでいるところもあるんでしょう。今回の交渉中にも、比較的高い軍事費に関する削減の話が出てこないところを見ても、欧州の意図が透けて見られます。メルケルドイツ首相が、最終会議と位置付ける27日の会合ですが、果たしてどんな落としどころで決着するのでしょうか。

 本日の日本株は、昨日の欧米株安を受け、売りが先行。CME日経平均先物終値(2万715円)にさや寄せする先物売りが出たものの、日経平均は、前日比13円安の2万768円としっかりに始まりました。このところ、日本株運用の核になるファ―ストリテーリングへの買いが継続していることが、指数を下支えしている動きもあります。ただ、ギリシャ支援交渉への懸念が消えないほか、中国株が急落スタートになったこともイヤケされ、益出しの売りから前引けにかけ下落幅を拡大。11時過ぎにはこの日の安値2万650円(前日比121円安)をつけていました。後場に入ると、日銀のETF買いへの期待感に加え、この日発表の家計調査で、世帯支出が14か月ぶりにプラスになったことを好感。押し目買いが増加し、後場寄り後まもなく、プラス圏に浮上。この日の高値2万785円(同14円高)を付けました。ただ、ギリシャ問題を左右する会合を休日中に控えていることから、ポジション調整売りが増加。引けにかけ、次第に下落幅を広げる展開に…。

 結局、日経平均は、前日比65円25銭安(0.31%)の2万706円15銭、TOPIXは3.88ポイント安(0.23%)の1667.03ポイントと、ともに続落。出来高は、1.1億株減の21億9127万株、売買代金は、825億円減の2兆2666億円と、ともに減少。騰落状況は、値上り682、値下がり1053。業種別は、その他金融、銀行、保険、繊維製品、空運などを上位に14業種が上昇。鉄鋼、ゴム製品、鉱業、非鉄、陸運などを上位に19業種が下落。チャート上で絶好の買い場にあるとして7日号と14日号で連続して取り上げたTOWAが、大和証券の投資判断と株価目標(1450円)の上げを受けストップ高。直近号の山一電機も本日は値上りベスト10に顔を出していました。

 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗(50%)、TOPIXは7勝5敗(58%)と、ともに前日と変わらず。日経平均RSIは2ポイント下げ55%に低下、TOPIXは変わらずの51%でした。25日線かい離は、日経平均が+1.3%、TOPIXは+0.59%と、ともにかい離が縮小。騰落レシオは3ポイント下げ99%に低下。指数系、物色の広がりとも、やや頭打ち感を強めてきました。
 
 日経平均の当面の下値めどとして、5月後半から6月前半のもみ合いゾーンを想定してきましたが、本日、このゾーンに届き反転して2万700円台を維持して終わってきました。まだ、25日線とのかい離が1.3%あり、調整余地は残っています。ただ、来週は、海外投資家にとっては、中間期末の大事な週になり、ドレッシング的な動きも手伝い、堅調な動きが予想されます。(もちろん、ギリシャ支援に関するユーロ圏財務相会合が、波乱なくおわることが前提ですが…) 詳しくは、日曜日発信のレポートで解説しますが、しばらくは各論重視として、業績増額修正やキャッシュリッチ企業、海外投資家好みの成長企業などを取り上げてきましたが、今週は、ウエザーニュースが上場来高値を更新。日本M&Aセンターが5000円大台乗せを達成するなど、堅調に推移しています。自動運転車関連も堅調でした。まあ、指数売買の毒に侵された指数より、もうむしりとるものが無くなった米国企業から、むしり甲斐のある日本企業にシフトしてくる動きについていくのがこれからは、一番。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ