大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



海外ファンドの中間期末に伴うドレッシングの動きや、公的資金による株式取得解禁を受けた中国株の上げを好感し、4日ぶりに反発して終了
 ギリシャ情勢は相変わらず不透明感を強めたまま…。ツイプラス首相は、テレビ会見で、改めて国民投票で反投票を投じるよう主張。賛成票が上回った場合は退陣する意思も表明しています。一般的な見通しも、国民投票で賛成が上回り、債権者団と再協議。期限延長で手打ちが完了。その後は、政局のごたごたに移行し、再度市場を騒がせるが、今回ほどの破壊力はない…というもの。反対票が上回った場合は、国民の意思を背景に、首相がさらにエスカレートした言動で、支援交渉を再開。債務カットなどを言い出し、ユーロ圏首脳を怒らせ、離脱の思惑も強まる…というシナリオも…。賛成のケースでも、いざ、年金カットとなると、国民の反対も強まりそうで、どう転んでもすんなりいくことはなさそうです。まあ、正直、「市場がどうでもいいや…」と思い始めるまでは、のどに刺さった骨のような感じになるんでしょう。投票日までは、関係者の発言で揺れ動く不安定な相場が続きそうです。

 本日の日本株は、欧米株の大幅安やCME日経平均先物安を受け、続落して始まるものと思われました。しかし、前日大きく下げた反動なのか、中間期末になる海外ファンド勢のドレッシングなのかわかりませんが、先物の買戻しや円高にも関わらず自動車株が買われるなど、ポジションを解消する動きから、日経平均は前日比65円高の2万174円と予想外に反発してスタートしました。ただ、戻り待ちの売りも多いほか、中国市場が続落して始まると先物売りも入り押し戻される動きを繰り返し、前引けはほぼ前日と変わらずの状態。後場に入り、公的年金の株式取得解禁を受け中国株が急伸すると、先物買いが増加。米国でTPA法案が発効したことからTPP関連株が買われるなどし、次第に上げ幅を拡大。結局、4日ぶりに反発して終了。

 日経平均は125円78銭高(0.63%)の2万235円73銭、TOPIXは5.58ポイント高(0.34%)の1630.40ポイントで終了。出来高は、前日比5000万株減の25億8500万株、売買代金は900億円増の2兆7434億円。騰落状況は、値上がり1279、値下がり503。不透明要因が多く上値を買い上がる動きはなく、日経平均の終日値幅は125円と小幅なレンジ…。また、上昇分のうち40円近くをファーストリテーリング1社で占めており、ドレッシング的な動きの可能性を否定できません。業種別は、空運、小売り、繊維、サービス、医薬品、紙パルプなど24業種が上昇。鉄鋼、非鉄、石油石炭、電機機器など9業種が下落。TPP関連の林兼産業や六甲バターなどが値上がり上位に…。

 今日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗(41%)、TOPIXは6勝6敗(50%)と変わらず。日経平均RSIは3ポイント上げ53%に、TOPIXは4ポイント上げ51%にそれぞれ上昇。25日線かい離率は、日経平均が-0.9%、TOPIXは-1.49%と、前日からみてマイナスかい離が縮小。騰落レシオは5ポイント上げ95%に上昇。モメンタムはやや上向いたものの、日経平均、TOPIXとも日足MACDが売りサインを発信。25日移動平均線も下落に転じており、下方圧力が増しているjことから、当面は、大きな動きは期待できないかもしれません。改めて13週移動平均線の下値支持力の強さが確認できましたので、当面は、25日線、13週線の間の狭いレンジの動きを想定…。本来なら厳しい下げをした後で反発すると、きれいな底入れになるのですが、これだけ待機資金が多いと、だらだら型の底入れパターンになるのでしょうかね。ウエザーニュース、山一電機、日本M&Aセンター、好調な値動きでした。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ