大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



中国株の下げ止まりやギリシャ問題の進展を好感した買戻しや、ドル安を好感した多国籍企業への買いに、大幅続伸して終了
 おはようございます。
 ギリシャ支援問題は、債権者団からの押し付け要求ではなく、ギリシャ政府が独自にまとめた提案をもとに進める流れに変わり、イベントが進み始めています。ツイプラス首相は、強硬派財務省を更迭し、穏健派の人材を採用。新提案の素案を作らせるとともに、債権者団との交渉の窓口とし、態度を軟化させています。昨晩は、新提案に関し、野党の合意を取り付け、与党内からの反対を抑え込む体制を整備。次は、議会での承認と、提案実施に向けての法案提出も行うなど、着々とイベントを進めています。これまでと比べると、隔世の感がありますが、国内的な合意と法整備を完成させても、次ぎはユーロ圏財務相会合、EU首脳会合とイベントが待っています。ただ、話が決まっても最大金主のドイツは議会の承認が必要。今回のドタバタ劇で、ギリシャの離脱を希望する議員も多く、果たして承認が得られるかどうか…。とにかく、見てくれだけでも、自らが作った支援要請計画ですので、これまでに比べると、債権者団の合意も得られやすくなるかもしれませんね。もう、ちゃぶ台返しはなしですよ…。

 10日の米国市場動向      
 ニューヨークダウ        1万7760ドル41セント      +211ドル59セント(1.21%)
 NASDAQ総合指数       4997.70ポイント         +75.30ポイント(1.53%)
 S&P500              2076.62ポイント         +25.31ポイント(1.23%)
 CME日経平均先物       2万0085円            +225円
 10年物国債金利        2.4170%              +0.1160%
 ニューヨーク原油        52.74ドル             -0.04ドル
 GOLD               1157.80ドル           -1.3ドル
 ドルインデックス         95.78               -0.49
 

 昨日の米国株は、中国株の続伸やギリシャ支援問題の進展を受け欧州株が急伸した流れを受け、買いが先行。朝方から大幅に続伸して始まりました。この日予定されているイエレンFRB議長講演を見たいというムードが強かったものの、ギリシャ支援問題の進展期待からユーロが買われ、ドルが下落したことを好感。前日売られていたハイテク株に買い戻しが入ったほか、ドル安を受け多国籍企業が買われたことなどから、じり高の展開に…。引け近くに、ニューヨークダウはこの日の高値1万7797ドル(前日比249ドル高)をつける場面もありました。引けにかけては、イエレン議長が年内利上げに向けての意欲を示したことや、ギリシャイベントの推移を見たいということからポジション調整の売りも入り、やや伸び悩んでいました。結局、主力3指数とも続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上り2507、値下がり658(NASDAQ市場は、2207-617)。VIX指数は、15.7%下げ16.83に低下。市場の先行き懸念は大幅に後退。

 ダウ30種は、採用企業のすべてが上昇。新型アイホン製造が伝えられていたにもかかわらず売られていたアップルが買い戻しに2.67%上昇。業績への期待からユナイテッドヘルスが2.35%上昇。ドル安を好感し、VISAが2.04%、IBMが1.8%上昇するなど、16銘柄が1%超えの上げとなり、指数の上げに貢献。業種別は、空運、レジャーサービス、運輸サービス、コンピュータハード・機器などが上昇。石炭、鉱業、石油周辺サービスなどが下落。

 NYダウは続伸。前日同様、前回形成したボックス相場の下限ゾーンに抑え込まれて終わっています。引き続き、この抵抗ゾーンの突破が課題になります。ただ、過去3年間、ニューヨークダウの下値を支えてきた52週移動平均線上で下げ止まる動きを見せており、週明けのギリシャイベントの結果次第では抵抗帯突破の期待も出てきました。

 米国株は続伸。円はユーロがドルに対し買い戻された流れを受け、対ドルは122円70銭台、対ユーロも136円90銭台に下落。CME日経平均先物は、ギリシャ情勢好転への期待感から、大証先物終値を225円上回る2万0085円と、大台を回復して帰ってきました。レンジは1万9630円~2万140円。出来高は、1万3000枚減の6万2705枚。週明けの日本株は、堅調な始まりが予想されますが、まだ、ギリシャ政府提案の議会承認、法制化、ユーロ圏財務相会合の承認(11日)、EU首脳会合(12日)と、消化しなければならないイベントが残っており、先行きは流動的。ドイツ議会やショイブレ財務相など対ギリシャ強硬派も多く、議会の承認を取り付けられるか…の問題もあり、まだまだ予断は許せません。まずは、週明け段階でのイベント結果を見極めるところでしょう。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見る可、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ