大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



想定外の連続元切り下げを受けたアジア株安を嫌気。先物への仕掛け的な売りや裁定解消売りにおされ、大幅続落して終了
 中国の為替政策が市場のかく乱要因になってきました。昨日の切り下げでは、今回限りの措置…としていましたが、市場実勢に追随する格好で、本日、1.6%の追加切り下げを実施してきました。二日続けての切り下げは市場の想定していなかっただけに、ネガティブな反応も大きく、日本だけでなく、東南アジア、豪州などで株式市場、為替市場とも波乱。ベトナムは元切り下げに合わせ、通貨の変動幅を拡大。切り下げ競争に突入する姿勢をみせるなど、影響は拡大しています。連続切り下げを受け、中国はさらなる元安を望んでいるのでは…との観測も台頭。下落幅を拡大する動きを見せると、今度は、国有銀行を使って「ドル売り・元買い」介入を実施。
午前中125円20銭台に下落していた円は、午後から一転して買われ、124円20銭台まで急伸。短時間に1円もぶれるという荒っぽい動きをしています。市場筋では、中国人民銀行は急激な元安は望んでおらず、当面、1ドル6.43元付近で安定させたいのでは…との見方もありますが、最近の慌てふためいた政策対応を見ても、中国経済が抜き差しならないところに来ているとの見方もあります。世界の投機筋が動かなければいいのですが…。

 本日の日本株は、米国株が反落したものの、円が125円10銭台に下落したことを好感。CME日経平均先物終値(2万620円)にさや寄せする先物売りが先行。日経平均は、前日比88円安の2万632円と、ほぼ、CME終値水準で始まりました。寄り付きの売りが一巡した後は、底堅い動きが続き、前場中ごろには、前日引け値に接近する場面もありました。ただ、10時過ぎに想定外の連続元切り下げが発表され、中国関連株が売られだすと、先物市場にまとまった売りが持ち込まれ、裁定解消売りを刺激。アジア株が中国懸念から下げてスタートすると、後場にかけても仕掛け的な先物売りが増加。後場半ばには、この日の安値2万303円(同417円安)をつけるという荒い動きに…。引けにかけては先物筋の買戻しなどから、やや下げ渋ったものの、日経平均、TOPIXとも、大幅続落して終了。

 結局、日経平均は327円77銭安(1.58%)の2万392円77銭、TOPIXは、21.85ポイント安(1.29%)の1665.75ポイントと、ともに続落。出来高は、1.1億株増の25億3969万株、売買代金は、650億円増の3兆373億円。お盆休みで市場参加者が減っているのか、材料の割には商いの増加を伴っていないようです。騰落状況は、値上がり289、値下がり18889。業種別は、電力・ガス、情報通信のみが上昇。鉄鋼、鉱業、非鉄、化学、電気機器、輸送用機器などを上位に31業種が下落。NY倍率は、裁定解消売りの影響が大きかった日経平均の下落率が大きかったことで、12.24倍に低下。ここ1年間の転換点になってきた12.2倍に近づいてきました。流れが変わる時期が近づいているのでしょうか。それとも、昨年6月水準の12倍まで低下するのでしょうか。

 今日の終値でのサイコロは、日経平均(6勝6敗)、TOPIX(9勝3敗)とも変わらず。RSIは、日経平均が16ポイント下げ39%に、TOPIXも15ポイント下げ50%に低下。25日線かい離率は、日経平均が-0.3%と、25日線割れ。TOPIXは、+1.05%と前日からはかい離が縮小。サイコロの整理が一向に進まないものの、日経平均RSIは底値ゾーンの40%割れに入ってきました。物色の広がりを見る騰落レシオは、前日から14ポイント下げ101%に低下。

 まあ、久しぶりに先物筋の仕掛けが奏功したようです。中国景気への懸念や、夏休み入りで市場参加者が少なくなっており、市場心理が振れやすくなっているところを突かれたようです。中国については、IMFのSDR採用に向け、市場性を高めていくという狙いもあるのでしょうが、本音のところが元安に景気刺激にあるとしたら、まだこれからも追加切り下げがある可能性もあります。まあ、今のところは、変化が始まったばかりで、判断を下すには材料不足の点は否めません。下値を支えてきた13週移動平均線(2万445円)を切り込んでいますし、今後の中国の出方によっては、26週線(1万9909円)もあるかも…。朝も書きましたように、今晩のニューヨークダウの動きが焦点に。今日は、ダイフク、アウトソーシング、日成ビルド工業などが堅調でした。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ