大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



米株安に追随し大幅続落するも、一時、買戻しからプラス圏に浮上するなど、中国離れの動きが出始めたことは好材料に
 昨日の米国株で、ニューヨーク株は500ドルを超える下ひげを引き、どうやら下げに抵抗する動きが出てきました。VIX指数が金融危機時の2009年初頭の水準(53ポイント台)まで上げるなど、ボラティリィティが極端に高まっていますが、上下に大きくぶれる動きをみるとコンピューターによる自動売買の影響が大きいようです。商品、為替、金利、投資家心理などいろんな要素を組み合わせてソフトが組んであるんでしょうが、所詮、人間のやること…結局、同じようなプログラムになって、同じような方向に動くことになるんでしょう。昨日の週明けのニューヨーク市場が、一時、1000ドルを超える下落になったのも、それが原因なんでしょうね。まあ、ひどいものですが、いったん裏返しになったら、今度は一方通行で上がっていくことになります。現在取引されているGLOBEX市場でニューヨークダウは440ドル近い上げ、日経平均先物は、370円高の1万8180円で取引されています。明日まで持つかわかりませんが…。もしかしたら、何か月か後に、「フラッシュ・クラッシュ」の再来だった、といわれるようになるのかもしれませんね。でも、これだけボラが高いと、ばくち付きの人にとってはたまらない相場なんでしょうね。

 さて、本日の日経平均は、733円98銭安(3.96%)の1万7806円70銭、TOPIXは48.22ポイント安(3.26%)の1432.65ポイントと、6日続落。出来高は、前日比8億株増の47億4000万株、売買代金は8165億円増の4兆9240億円と増加。相場が崩れ始める前に比べると3倍近くに増えています。騰落状況は、値上がり116、値下がり1751。
 海外投機筋リードの流れは変わりませんが、いくつかは変化が見えてきまた。まず、相変わらず上海市場は弱いものの、香港市場で、好業績の割安株を買おうというバーゲンハンティングの動きがではじめたこと…。日本市場でも、CME日経平均先物にさや寄せする売りが一巡した後、上海市場が下落しているにも関わらず、買いや買戻しが入り、一時プラス圏に浮上。中国離れの動きが出始めたこと…などです。引け近くに上海総合指数が3000ポイントの大台を割れそうになると、再び、先物筋のウリ仕掛けが入り、裁定解消売りから指数が下落幅を拡大。これを見て、売り急ぐ動きが強まり、大幅続落して終わった、というところです。

 相変わらず、中国懸念をあおっていますが、中国への投資や貿易量が圧倒的に多い欧州株は現在2%~3%も大幅上昇しています。中国景気のハードランディングの影響は欧州の方が大きいのに、この動きは変ですね。結局、CTAなどの海外投機筋にうまく乗せられてしまっているということでしょう。彼らのやり方を見ていると、往年の仕手筋とよく似ていますが、今日引けにかけて売りしか絵をしてきたのも、もしかしたら、これにつられて売ってくる投資家に買戻しの玉をぶつけているのかもしれません。

 今日の終値で、日経平均とTOPIXのサイコロは、ともに9勝3敗(25%)に低下。日経平均RSIは13.1%、TOPIXは12%と、ともにここ数年ではないレベルに低下。25日線かい離は、日経平均が-13.9%、TOPIXは-12.25%にマイナスかい離が拡大。何時、中間反騰が起きてもおかしくないレベルにあります。また、騰落レシオは67%に低下。バーナンキショック後の6月底時の58%に次ぐ水準まで低下。まあ、2~3日で答えがほしい人には関係がありませんが、半年や1年先を見る投資家なら、お金を捨てる気で買っておけば、なんとかなる水準でしょう。ヘッジファンドなどの投機筋は、年前半の運用成績は大幅なマイナス。このままでは、解約の嵐に会うことは必至。だから、無理をして高値圏にいた日本株に売りを仕掛けてきたんでしょう。でも、これだけ指数が転換点が近いというときに、無理をすれば担ぎ上げられる可能性も出てきます。今日の中国離れの動きが出てきたことは、素直に評価するところ。明日、裁定買い残の発表がありますが、果たしてどれくらい減少しているか…。下げのエネルギーの供給源だけに大幅に減っていたら安心なんですが…。今のGLOBEXの急伸の動き、なんとか今晩の相場まで持ってほしいところですね。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ