大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



アジア、欧州株高を好感したほか、決算発表シーズン入り前のバイオ関連株の買戻しなどから、NYダウは4日続伸して終了…成長株の見直しによるNASDAQ市場のキャッチアップに期待
 おはようございます。 朝の冷え込みがきつくなってきました。ひざ掛けでも寒く感じます。明日も寒ければ、ヒーターを出そうかとも考えていますが、ちょっと早すぎる気もしないではありません。相場の方は、想定通り戻り足を強めてきました。ここにきて、ヘッジファンドの閉鎖や資源国の運用資産の取り崩しなどの報道も目立ってきました。金融市場への影響を懸念する向きもありますが、8月から9月の強烈な下げのあとに出てきたもので、相場的には織り込み済み、悪材料出尽くし…と見れないこともありません。今日8日は24節句の「寒露」。相場の変化日にあたります。上げ一服も懸念されますが、一方、今日から、「丙戌」となり、相場のエネルギーとなる火が出てきます。相場のムードもどんどん好転して行きそうですね。

 7日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万6912ドル29セント       +122ドル10セント(0.73%)
 NASDAQ総合指数      4791.15ポイント          +42.79ポイント(0.90%)
 S&P500            1995.83ポイント          +15.91ポイント(0.80%)
 CME日経平均先物      1万8345円             -35円
 10年物国債金利        2.0620%              +0.0270%
 ニューヨーク原油        47.81ドル              -0.72ドル
 GOLD              1148.70ドル             +2.30ドル
 ドルインデックス        95.59                 +0.13  


 昨日の米国株は、アジア、欧州j株が堅調に推移した流れを受け買いが先行。前日までの資源株買いの流れが続き、ニューヨークダウは寄り後間もなく、この日の高値1万6963ドル(前日比173ドル高)をつけています。ただ、減少が予想されていた原油在庫が大幅な増加に転じると、エネルギー株が売られ急速に上げ幅を縮小。昼前にはマイナスに転じ、この日の安値1万6765ドル(同25ドル安)をつける場面も…。しばらく前日引け値を挟み神経質な動きが続きましたが、決算発表シーズン入りを前に、薬価引き下げ思惑で売られた医薬、バイオ関連株を買い戻す動きが強まり次第に上げ幅を拡大。一時売られていたエネルギー株も買い戻され引けにかけしっかりとなり、結局、ニューヨークダウは4日続伸。NASDAQ総合指数とS&P500は反発して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2445、値下がり714(NASDAQ市場は、2093-795)。VIX指数は一段と低下し、1ポイント安の18.40ポイント。引け値ベースでは8月20日以来の水準。

 ダウ30種は、値上がり25、値下がり5.前日まで売られてきた医薬品、ヘルスケア関連に買戻しが入り、メルクが2.3%、ファイザーが1.5%、J&Jが1.67%、それぞれ上昇。エクソンが、1.7%、シェブロンが1.3%、ぞれぞれ上昇。エネルギー株が原油安にもかかわらず買われています。このほか、事業の再構築に取り組むGEが1.76%上げるなど、全体のうち16銘柄が1%超えの上げになり指数をけん引。業種別は、ヘルスケア、医薬品、バイオテクノロジー、自動車・同部品、産業資材などが上昇。消費者サービス、公益事業、飲食、固定電話サービスなどが下落。

 NYダウは4日続伸。9月17日に付けたザラバの戻り高値を更新。テクニカル的には二番底を確認した格好。見方によっては、寄り付き後の高値のあと下落に転じたのは、高値更新にともなう益出しの動きがあった、と見ることもできます。昨日は50日線も回復していますが、今後25日線の上げピッチが速まってきますので短期的には50日線を下値として動く可能性も出てきました。NASDAQ総合指数、S&P500の出遅れ感が目立ちますが、バイオテクノロジー関連が業績を無視して売られており、ここが正常化してくると、出遅れ分を取り戻してきそう。

 米国株は上昇。円は、日銀の金融政策据え置きや欧州追加緩和思惑から、対ドルは120円を挟んだ水準に上昇。対ユーロも134円80銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を35円下回る1万8345円で帰ってきました。レンジは、1万7970円~1万8470円(立会時間中は、1万8215円~1万8425円)。出来高は約1万枚増の6万5567枚。本日の日本株は、堅調に推移しそうです。指数に関しては明日のオプションSQに絡んだ動きから波乱もありそうですが、全般の循環買いの動きが順調に進んでおり、本日もかさ上げ的な動きが進みそう。やや出遅れ感がでてきたゼネコンや米国の物色の流れをうけた薬品株、自動車の富士重工業がねらい目に…。次は9月9日高値抜けがポイント。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ