大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



中国本土市場は高寄りして再開したものの、6連騰を受けた益出しの動きや円高を嫌気して、7日ぶりに反落して終了
 米国とよく似た相場展開になっています。国慶節明けで再開された中国本土市場が急伸して始まったものの、日本株は上海株のオープン前がこの日のピーク。10時過ぎをピークに、だらだら下げる展開になってしまいました。業種別の値上がり上位を見ると、海運、鉱業、鉄鋼、電気機器など、中国経済の減速や資源価格の下落で業績に問題を抱える業種。一方、下落上位をみると、小売りや医薬品、食品など業績好調業種が並んでいます。変な動きです。朝も書きましたが、米国株も同様に、非鉄やエネルギーなどが上昇しているほか、ヒラリークリントン氏による高額薬価抑制政策を受けて売られていたバイオ創薬関連が上昇するという動きがでています。今晩のアルコアから、決算発表が始まりますが、発表前に売りポジションを解消しておこうということのようです。

 ここ数日の日本株の動きを見ても、業績面で問題がある外需株が売られ、比較的しっかりした業績が期待される内需株が売られる…という、似たような展開になっています。おそらく、ロング&ショートで組んでいた「内需株買い・外需株売り」のポジションを反対売買しているのではないでしょうか。ただ、今日の終わり方をみていると、外需株には上髭を残して終わっているものが多く、もしかしたら、ポジションの巻き戻しは終わったのかもしれませんね。明日から流れが変わることを期待したいところです。

 ただ、指数的にはそうは問屋が卸さないかもしれません。何時も紹介していたテクニカル指標に過熱感はありませんが、さらに短期をみる、RCIは50%超え、ROC(RATE OF CHANGE)は過去相場が転換した水準まで上昇、ストキャスティックス、ボリュームレシオなどは短期的な過熱感を暗示するところまで上げており、過熱感が出ていたことから調整が必要になっていたこと。さらに、9月9日の1000円以上の棒上げ以降、1万8400円になると頭が抑えられる動きが続いており、1万8500円が上値の壁として意識されていたこともあります。今日中国市場が始まる前に1万8400円でピークをつけてしまったのも同じ動きの延長…。明日のオプションSQ以降、このゾーンが変化するのか、引き続き、1万8500円が意識されるのか…見極める必要があります。引き続き米国株次第の展開ですが、25日線の対応点の状況を見ると、明日以降時価を下回ってきますので、今後、25日線の上昇が期待できます。これに支えられて上に行けるかがカギになりそうです。

 結局、日経平均は181円81銭安(0.99%)の1万8141円17銭、TOPIXは11.77ポイント安(0.79%)の1481.40ポイントと、ともに7日ぶりに反落。出来高は、1700万株減の23億1154万株、売買代金は、378億円増の2兆6182億円。ほぼ横ばい。騰落状況は、値上がり569、値下がり1235。VI指数は、1.97ポイント下げ26.93ポイントに低下。ようやく低下に向かっていますが、オプションがらみの動きもあるようです。

 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗(58%)に低下。日経平均RSIは54%→51%に、TOPIXは55%→53%にそれぞれ低下。25日線かい離は、日経平均が+1.8%→1.0%に、TOPIXは+2.25%→+1.6%に、それぞれかい離が縮小。騰落レシオは93%→91%に低下。25日線とのかい離修正が予想されるものの、現段階では方向性は出ていません。

 まあ、今日は見込みのあるものほど売られたという感じですが、もう来週からになりそうですが、業績志向を強めてくれば買いなおされてくるはず。介護関連分野の囲い込みを始めたエスエムエスですが、今日はアジア最大の医薬品情報提供会社MIMSグループの買収を発表し、買われ戻り高値を更新してきました。資金調達で増資をやる懸念もあり、ここらかは警戒も必要に…。まあ、明日のオプションSQを終わったら、3連休が待っていますから、明日は無理することもないですか…。ただ、月末の日銀会合での追加緩和第3弾を思惑してイベントドリブン型のヘッジファンドが動き出している気配があり、思ったようにはならないかも。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ