FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2020/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



上がるには上がったが、今晩は大丈夫…?
 週明け16日の日経平均は380円64銭高の1万4354円37銭、TOPIXは30.12ポイント高の1401.69ポイントと、ともに続伸して終わりました。日経平均サイコロは7勝5敗、25日線かい離はプラス1.8%でした。出来高概算は18億8000万株、売買代金は2兆1400億円と、全体的に見送り気分の強い展開でした。週末のニューヨーク株高や108円台の円安に支えられた格好ですが、今晩のリーマンブラザースから始まり明日のゴールドマンザックス、あさってのモルガンスタンレーと米国証券会社の決算発表が相次ぎますので、これをみないと動けないというところでしょうか。ただ、場中に、ゴールドマンザックスの決算内容がそれほど悪くないのでは…という噂が流れ、上げを加速した、というところがあったようです。

★日経平均はあがったが、下げへの備えも十分の先物筋
 今日は、ちょっと相場のことで長電話していましたので書き込みが遅れました。みんな、なんでこんなに上がるの…と、迷っているようでしたね。ファンダメンタルというよりは、先物に引っ張られて上昇した、というところでしょうか。午前中はニューヨーク高、昼からはシンガポールの先物を使った仕掛け商いでしたが、いずれも、「ドン」と上がって横ばいという感じで株価の伸びを欠いています。それよりも、株価が400円近く高いのに、何故、債券の先物が高いのか、のほうが不思議です。下げすぎた反動という解説もありますが、それでも400円近く上げれば、安くなる(金利は上昇)のが普通です。

 やはり、「債券先物買い・株先物売り」のロング・ショートポジションを作りにきた、というのが本当のところでしょう。株価だけは何事もなかったように、景気良くあげていますが、原油価格は、まだ1バレル134ドル台で踏ん張っていますし、ドルに対しユーロを買いなおそうと言う動きもあります。何より、今晩は、現在の最大の問題児「リーマンブラザーズ」の四半期決算の発表があります。証券関係者は、悪いのは当然としても、損失発生の源である第3分類の証券残高がいくらあるかの方に関心を寄せています。これは、他の金融機関でも同様で、ここが減少しないと、今後もずるずると損失計上が続くことになります。

 これによっては、為替が裏返しになったり、原油が急騰したり、株価が急落する可能性だってないではありません。先物筋が債券先物とのロングショートポジションを組んだのも、万が一のことを考えたのでしょう。ただ、世界の金融市場はドルが値を戻したことは、素直に好感しているようです。内心「どの面さげて、介入するなんていっているんだ…」という、腹立たしい思いはあるんでしょうが、とりあえず、ドル高には協力していこうという姿勢ができたようです。

★今晩は、米国のドル高への本気度を試されるかも…
 でも、今晩のニューヨークで何かあったら、米国の本気度を早速試されるようなことになるかもしれません。大体、介入する資金がいくらくらいあるのか…結局、輪転機を回して介入するようなことをやれば、元の木阿弥になってしまいます。一説には、米国は輪転機を回しすぎて、通貨供給量は二桁を超えているという話もあるくらいです。介入の限界を見透かしているわけではないでしょうが、原油のチャートは上にも下にも放れるような足をしていますし、トウモロコシは一段高、大豆は新高値に面あわせ、長らく休んでいた小麦もじわり、と頭をもたげてきています。

 投機筋としては、ドル高の持続性には疑問を抱いているようです。だから、今週の動きが大事になるのです。ドルが独歩高したらしたで、世界の資金が米国に吸い上げられ、ユーロが下落すれば、通貨自体の信頼性がゆらいできます。最近の商品市況の動きはちょっと気になります。

★テクニカルでは案外NYダウの底は近いのかも…?
 ニューヨークダウの動きをみると、週足ではボリンジャーバンドのマイナス標準偏差のラインに届き、下げ止まるような格好をしていますが、はっきりとした底型を示しているわけではありません。ただ、RSIは20~30%の底値ゾーンにありますから、この指標に注目すると、もしかしたら反発する期待も持てます。このように、今の株式市場はシーソーの真ん中に立ってバランスをとっている状態ににています。どちらにでも、振れる可能性があるのです。今晩の、反応を見て、改めて考えて見ましょう。

 それにしても、現物市場がふらふらしているときに、ミニTOPIX先物など3本の先物を上場するなんて、大証への対抗意識があるにしても、正気の沙汰とは思えませんよ…東証さん。 
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ