大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



週明けの日本株は、円安進行を受けた外需株買いや金利上昇による経営環境の好転を思惑した金融株の買いなどから、4日続伸して終了
 今日はこれから出かける用事がありますので、急いで書きます。
 いい調子で戻ってきました。先週末のCME日経平均先物終値は1万9460円。レンジ上限は1万9500円でしたが、今日の日本市場の日経平均先物終値は1万9620円。レンジ上限は1万9700円まであり、CMEを大きく上回る値動きでした。これまでなら、CMEのレンジを見ながらの動きでしたが、日本独自の動きになっています。明らかに、先物の買戻しが影響しているようですね。
 レポートでは10月初めから今回の戻り相場は、想定外のECBの12月追加緩和方針や、FRBの年内利上げへの強固な意志で、円高を前提にした先物筋の日経平均先物の売りが梯子を外された状態になっており、この買戻しが相場の戻りをリードする…という方針で、富士重工業、ファナック、太陽誘電、ソニーなど指数採用銘柄を注目。また、TOPIX先物売りの買戻しで、時価総額の大きいものが買われるとして、NTT、三菱UFJ、オリックス、野村ホールディングスを取り上げてきましたが、やはり、指数先物の買戻しの動きが裁定買いを誘発。指数寄与度の大きい銘柄が買われるようになってきました。

 直近レポートでは、8月11日の中国元切り下げ以降の海外投資家の先物売買を価格帯別に分析。今週末のオプションSQに絡む先物を使ったヘッジもあり、予想以上に値幅が大きくなる可能性もある…としましたが、さすがの海外先物筋も浮足立ってきたようですね。梯子を外された状態の売り玉は、先々週末段階で、まだ日経平均型だけで2兆円以上残っていたはずですから、当分、これが支えになり堅調な動きが続くことになるんでしょうか。まあ、そう甘いものでもないと思いますが…。それにしても、来年3月まではFRBの利上げは無い…との前提で、しばらくは円高が続くとみていたのが、欧米中銀の強固な政策意思や、先週末のFRBの利上げを正当化する雇用統計結果から、円相場は123円台に下落。投機筋の日本株売りの前提は完全に狂ってしまいました。もっとも、最初に売り仕掛けをした海外先物筋は、米国株が底をつけた8月下旬に買戻しをしており、今残っているのは、爪を伸ばし過ぎた筋…。どうおさまりをつけるんでしょうね。これから、弱気の話がいろいろ流されてくると思いますが、お互い、騙されないようにしないと…。

 …ということで、先物筋や週末に決済を控えたオプション弱気筋などの売買があり、指数は、終日、高値圏で推移。結局、日経平均は377円14銭高(1.96%)の1万9642円34銭、TOPIXは27.38ポイント高(1.75%)の1590.97ポイントと、ともに4日続伸して終わりました。出来高は、前週末比4.8億株増の25億1472万株、売買代金は5735億円増の2兆9983億円。騰落状況は、値上がり1563、値下がり294。VI指数は0.78ポイント下げ21.48ポイントに低下。一時、20.5ポイントまでありましたが、なんとなく下げ渋っているようです。

 今日の終値での日経平均サイコロは9勝3敗(75%)と先週末に続き警戒ゾーン、TOPIXは8勝4敗(66%)で変わらず。日経平均RSIは68%→76%、TOPIXは65%→73%に、それぞれ上昇。警戒ゾーンの80%超えに接近。25日線かい離率は、日経平均が+4.1%→5.6%、TOPIXは3.37%→+4.77%に、それぞれ拡大。日経平均で、+7%のかい離は出てきそう。騰落レシオは135%→136%と、警戒ゾーンで高止まり。日足ベースでは、警戒的な動きが強まっていますが、買戻しが主導しており、警戒感を引きづったまま行ってしまうかもしれません。次の計算上のポイントは20010円。

 指数は堅調ですが、個別銘柄では、相も変わらずの「決算プレー」が横行しています。通期見通しを増額修正しながらも、コンセンサスを下回った、といって、自動的に売り注文が出され、急落するものが増えています。直近レポートでも、先週末の動きにインサイダー絡みの決算プレーがあったようで、今日は大きく売られるかもしれないとしましたが、やはり、大きく売られました。寄り付いてから安値まで30円もないのに、どうやって儲けるのか知りませんが、困ったものです。まあ、どうせ短期のことですから、落ち着けばファンダメンタルを映して動き始めるので、この辺を拾って置けばけがはしないでしょう。しかし、決算発表前のまとまった売りは、インサイダーではないのでしょうか。このところ、おかしな商いが多くなっていますが、まともな商いがされているんでしょうね。
 とにかく、目先は主力ですが、ここがそこそこ値を出せば、次は反対の方向に相場がシフトしてくるはず…。次の相場への備えも怠りなく…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ