大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



為替の安定に加え、郵政グループの切り返しなどを好感。主力株中心に買われ日経平均は6日続伸して終了
 用事があり出かけていました。帰りの道すがら、空をみていると、突然、火球が現れ尾を引いて飛び去り、すぐに消えてしまいました。子供のころからたくさんの流れ星を見てきましたが、あらわれ方といい、大きさといい、一番ではなかったでしょうか。あまりに突然のことに願い事をするのも忘れてしまい、しびれていました。何か得したような、損したような複雑な気持ち…。急いで書きます。

 さて、日本株の方ですが、下げませんね。日経平均は今日で6連騰です。今回の上げについては、ファンダメンタルの変化というより、一時は売り崩しに成功したものの、爪を伸ばし過ぎている間に、日本株売りの前提が崩れてしまい梯子を外されてしまった格好の海外投機筋の先物売り玉の処分が焦点になる…としてきましたが、海外安などから軟調にはじまると、すかさず買戻しと思われる先物買いが入り、値を戻してきます。投資主体別売買動向の日経平均先物の売買動向を見ると、8月11日の中国元切り下げに始まる売り仕掛けで、8月28日までの3週間で1兆9530億円を売り越し。8月31日~9月4日の週で3300億円を買い越し。ここで仕掛け本尊は逃げたと思われますが、その後も売りは続き、10月16日の週まで6週連続で総計5860億円を売り越していました。こちらは後発組といってもいいんでしょうね。

 しかし、その後、ECBの12月追加緩和方針、中国の預貸金金利と預金準備率の引き下げ、FRBの年内利上げ方針…と、状況が大きく変化。円高を前提にした投機筋の売り玉は梯子を外され、損失を抱える危機にさらされていました。その後、10月末までの2週にわたり、買い越しに転換。2週で1820億円を買い越し(買戻し)ています。計算上は、まだ2兆円以上の売り玉が残っている勘定になりますが、今日発表された裁定買い残をみると、1525億円の増加になっていましたから、かなりの先物買戻しがあり、これが裁定買いを誘発して指数を押し上げた可能性があります。明日、投資主体別売買動向が発表されますが、売り玉がどの程度減少しているか、が焦点になりそうです。今の日本株の上げを支えている大きな様子は先物の買戻しですし、先物売りには円買いがセットさせており、買戻しが続けば円安も続く…という関係になり、全体を押し上げることにもつながっていきます。まあ、そんな単純に割り切れるものでもないでしょうが、すでに8月に売った玉も含み損を抱えているはずですから、ここからは、結構、えげつない仕掛けが入ってくることもあるかもしれません。

 今日の相場も、CME日経平均先物安を手掛かりに先物売りが先行したものの、先物は1万9600円とCME終値を下回って始まりましたが、すかさず買戻しと思われる先物買いが入り、裁定買いから指数はプラス圏に浮上。中国のさえない景気指標を受け、マイナス圏に沈むと、また、買戻しが入りプラス圏に浮上する、という動きを繰り返し、下値は切りあがっていきました。朝も書きましたようにTOPIX型の先物にも売りが入っており、この買戻しも入ったようで、内需型の株も上昇。結局、日経平均は6日連騰。TOPIXは反発して終了しています。今日発表された工作機械受注は、前年比23%減、週明けには2期連続マイナスの可能性があるGDPの発表が待っており、まともな投資家なら様子をみるところ。それでも上がっているということは、やはり買戻しがリードしているということではないでしょうか。まあ、明日の投資主体別売買動向を見れば、輪郭がはっきりしてくるはずですが…。

 結局、日経平均は20円13銭高(0.10%)の1万9691円39銭、TOPIXは5.84ポイント高(0.37%)の1595.32ポイントで終了。出来高は、前日比6609万株増の21億3534万株、売買代金は900億円増の2兆4447億円と微増。騰落状況は、値上がり1243、値下がり557。VI指数は、6連騰しているにも関わらず0.06ポイント安の21.11ポイントと下げ渋っています。

 今日の終値で日経平均サイコロは10勝2敗(81%)、TOPIXは8勝4敗(66%)で前日と変わらず。日経平均の過熱ぶりが目立っています。日経平均RSIは75%→72%に、TOPIXは72%→69%に、それぞれ低下。25日線かい離率は日経平均が+5.3%→+5.1%、TOPIXは+4.27%→4.3%と、横ばい。騰落レシオは134%→132%に低下。強気のモメンタムはやや頭打ち感が出てきたようです。今日の終値で日経平均の3本新値は陽線8本(陰転値は1万9266円)と、数が増えており、陰転しやすくなっていることには注意したいところ。以前から、今回の上げは、投機筋の懐事情の上げになるので、指数の過熱はあまり関係ないかもしれないとしましたが、どうやら、その見通し通りになってきたようです。引き続き、指数採用銘柄優位の状況が続きそう。
 このところ、またぞろ強気の目標をだす関係者が増えてきましたが、相場の中身をよく検証したほうがいいと思いますが…。とにかく、消費税引き上げに耐えられる景気を作り上げるのは、来年春までに何をしても景気のかさ上げが必要。早いところ、消費税論議ばかりやってないで、投機筋が一気に踏みあげるようなインパクトのある景気対策を出してほしいところ…。
太陽誘電、ソニー、大和ハウス、引き続き堅調。Aoⅰ Proが一時4ケタ大台乗せを達成。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ