大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



本日の日本株は、地政学要因からの安全資産買いで円が上昇。外需株株や主力株が売られ、6日ぶりに反落して終了
 なんだか中東情勢は魑魅魍魎が跋扈(ばっこ)する地域になってきた感じですね。パリ同時多発テロに怒ったフランスのオランド大統領がISせん滅作戦の急先鋒に変身したかと思うと、今度は、トルコがロシア戦闘機を攻撃。ロシアがシリア内で反政府活動をしているトルコ系の住民を攻撃していることへの報復…という話もあります。一時は、英仏とロシアの共闘も言われましたが、トルコにしてみればISが殲滅されると、次は国内のクルド族の独立問題が起きてきますから、内心はISに頑張ってもらいたいのが本音。また、イラク内ではシーア派のイランがIS掃討に乗り出していますが、こちらも、ISせん滅後は米国とイランの雪解けが進み、中東地域でのイランの影響力が拡大する恐れがある。宗教的な対立関係にあるサウジアラビアは、イランの勢力拡大を防ぐために、ISを資金的に援助しているといわれます。

 中東や北アフリカは、宗主国にあった欧州諸国の勝手なやり方で、国境を画定。どの国も異なる宗教の部族を抱え込んできましたが、ここにきて、サウジとイランの対立が表面化。宗教戦争的な色合いを帯びてきました。民族対立は、多民族を抱えるイラクから始まりましたが、シリア、トルコへとじわじわと拡大を始めています。これに、対立関係にあるフランス対トルコ、なんとかドイツを引きづり込みたいフランスの思惑。さらに、米国の地上軍派遣に持ち込みたい、英仏の思惑などが、複雑に絡み合い、だんだん手が付けられない状態になろうとしています。宗教戦争ですから、数年の単位では終わりそうもなく、今後、消耗戦に入っていくことになりそうです。パリ同時多発テロには第2弾が計画されていた、といい。昨日からもチュニジアの大統領護衛部隊が乗ったバスがテロ攻撃にあったり、エジプトでは、選挙監視団が滞在するホテルに自爆攻撃が行われ、裁判官が死亡する、というテロも起きています。日本だって、昨日の新嘗祭が行なわれる日に合わせた靖国神社のトイレの爆発だって、一種のテロでです。

 年後半に入り、殺伐としてきましたが、来年の干支は「丙申」。申は陽金の性格を内包しますが、金は武器を象徴。火と金は相克関係にあり、来年も武力を伴った衝突が増えることを暗示しています。相場的には、火のエネルギーを受け、堅調な流れが予想されますが、地政学要因からは抜け出せないのかもしれません。テロが拡散しなければいいのですが…。

 本日の日本株は、トルコによるロシア戦闘機撃墜の報を受け、リスク回避の動きから円が上昇。朝方から、先物売りが先行。日経平均はCME終値(1万9895円)を下回る1万9856円(前日比69円安)で始まってきました。円高を嫌気し外需主力株に売りがでたほか、なかなか2万円大台を回復できない上値の重さを嫌気し、益出しする動きも強まりました。後場に入ると、エジプトやチュニジアのテロを嫌気した売りも入り、寄り後まもなくこの日の安値1万9786円(同138円安)をつける場面もありました。ただ、大きく下げる場面では、押し目を買う動きも強まり下落幅を縮小する場面もありました。全般に模様眺め気分が強く、日経平均の終日値幅はわずか85円にとどまっています。

 結局、日経平均は77円31銭安(0.39%)の1万9847円58銭、TOPIXは11.27ポイント安(0.70%)の1594.67ポイントと、ともに6日ぶりに反落しています。出来高は、前日比5500万株減の20億765万株、売買代金は、同920億円減の2兆1891億円と、薄商い状態が継続。騰落状況は、値上がり518、値下がり1294。VI指数は0.57ポイント上げ20.73ポイントに上昇。なかなか20ポイント台を割り込みません。

 今日の終値での日経平均サイコロは、9勝3敗(75%)、TOPIXは7勝5敗(58%)にそれぞれ低下。日経平均RSIは83%→77%に、TOPIXは81%→71%に、それぞれ低下。25日線かい離率は、日経平均が+3.8%→+3.0%、TOPIXは+2.85%→1.87%にそれぞれ低下。過熱調整が始まっています。全体が弱含んだことで騰落レシオは130%→128%に小幅に低下したものの、かさ上げ的な動きはまだ続いているようです。昨日も書いたように、海外投資家を含め中長期資金は模様眺め気分を強めており、市場は短期資金が物色対象を日計りで変える回転商いが続いています。動いているものに目移りしがちですが、ここは、腰を落ち着けて、しっかりした材料を持った銘柄が、25日線や13週線(いずれも上昇が条件)に接近してくるところを買いたいものです。引き続き、海外先物筋の動きが焦点に…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ