大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



欧米株の堅調や円安を背景に2万円大台乗せに挑戦も、今回も未達に…実質「師走相場」入りは反発して終了
 あと、一伸びに手が届かないまま、2万円大台の攻防戦が続いています。オプションの行使価格を見ると、プット、コールとも2万円大台の残高が一番多くなっており、売り方、買い方とも手を緩めたほうが敗け…ということでしょうか。綱引き状態にたとえられますが、次に動けばどちらかに大きく動くことになるんでしょうね。まあ、強気が引き勝つと期待しておきましょう。

 さて、直近レポートで先物買戻し相場の副作用について書きました。一時、8日連続陽線で引けたことがありましたが、商いの集中する寄り付きに先物の買戻しをしていたことから、現物と先物のさやが拡大。裁定買いが入ることで、裁定買い残が積みあがっています。10月第1週の2兆723億円を底に8週連続して増加。今日発表された11月16日~20日売買分で裁定買い残は5340億円増加し、3兆5654億円に増加してきました。過去、買い残が3兆6000億円超え、4兆2000億円超えで日経平均がピークをつけていることが多く、そそろ、解消売りを頭の隅に入れておく時が来たようです。このところ、大きな調整が入る前に良く動く欧州系証券(CTAの機関店?)が日経平均の売り残を増やしており、さらに、裁定買い残が積みあがり、国内投資家が高値警戒感から売買を手控え薄商いが続くようだと、海外情勢次第では売り仕掛けが入ることもあるかもしれません。もう一つ彼らが動く条件がありますが、この水準にはまだ届いておらず、短期的には、どこかで上に走り、その後に売り仕掛けが来るかも…という感じでしょうか。

 明日、投資主体別売買動向が発表されますが、8月中旬に売り仕掛けした筋の日経平均先物売りが、まだ大量に残っており、売り仕掛けの種玉にされる懸念は残っています。また、12月3日のECB理事会での追加緩和を思惑し、シカゴIMM通貨先物市場で投機筋のユーロ売りが増加。円売りも急速に積みあがっており、実際、ECBが緩和に踏み切った場合、まとまった買戻しが入り、円やユーロが一時的に上昇しないとも限りません。11月決算のヘッジファンドの対策は終わったものの、まだ12月決算の連中が残っており、一発巻き返しに動かないとも限りません。裁定買い残、円売り残など過去流れが転換した水準に近づいているだけに、ここからは、手放しで強気する…というのも考えもの。CTA(商品ファンド)など資金規模では村上ファンドなど比べものにならないくらいのものをもつ、化け物を相手にしていることを忘れてはいけません。もっとも、8月に大きな売り仕掛けをしており、これだけ短い間に、さらに重ねてやるとは考えにくいのですが…。まあ、ここからは過去のデータを検証しながら、投機筋の出方を読むのも大事なことになりそうです。(短期のことを書いているのであって、来年相場を強気していることには変わりありませんから…)

 実質12月師走相場に入った今日の日本株ですが、今晩の米国市場が「感謝祭」で休場になることから、米国同様、小動きに推移。日経平均は96円83銭高(0.49%)の1万9944円41銭、TOPIXは7.65ポイント高(0.48%)の1602.32ポイントと、ともに反発して終了したものの、日経平均の終日値幅は66円とこう着状態。出来高は、前日比1.4億株減の18億6827万株、売買代金は同1150億円減の2兆0739億円と、閑散商状。騰落状況は、実質師走相場入りになったことから、ポジション調整の買いが幅広く入り、騰落状況は、値上がり1064、値下がり712。VI指数は0.35ポイント下げ20.38ポイントに低下したものの、しつこく20ポイント台を維持しています。

 今日の終値でのテクニカル指標は、弱含み横ばい。かさ上げ的な動きが強まったことから、騰落レシオは128%から133%に上昇。想定通り、投機色を強めてきたようです。今日もアップルのアイホン画面の有機ELへの切り替え報道を受け、EL原料の保土谷化学がストップ高する一方、液晶表示装置関連が売られるなど材料株を追う動きが強まったほか、朝方も書いたように、貸し株を使った村上ファンドの売り崩しが調査されたことから、PERの高い銘柄を貸し株を使って売り崩したとみられものが、商いを伴って上昇していました。やはり、後ろめたいやり方をしている連中が多かったようです。おかげで、直近レポートでも取り上げていたものが、今週は上げるものが多かったみたいですね。今日は、住宅企業ではなくなりつつある大和ハウス、人材派遣のテンプホールディングス、新株引受権絡みの動きがあったアウトソーシング、ウインパートナーズが年初来高値を更新していました。前段でも書いていますように、12月始めにかけては何かと不透明なことも多く、売りあがる方針がよさそうです。
 それにしても、上げの③ポイントの20010円達成は難産ですね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ