大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



昨日の米国株は、原油価格の動きにつれて乱高下。予想を下回る卸売在庫への失望から、売り急ぐ動きとなり、3日続落して終了
 おはようございます。 寝過ごしてしまいました。朝のデータチェックを始めると、円の対ドル相場は121円40銭台に急伸。シカゴIMM通貨先物市場で、円売り残は10万6000枚超えありましたから、週明けのFOMC後には、買戻しから円高が来るかな…とみていましたが、明日のメジャーSQや、売りすぎた先物玉の安値での買戻しに、CME市場を使って仕掛けをしてきたのかもしれません。このところ、CMEを安値に誘導して、日本株の下落を誘うような動きも出ているようですが、そろそろ、こんな指数操作みたいなやり方にお灸を据えることぐらいはしてもいいと思うのですが…。先物のレバレッジが高すぎることが、海外の投機筋をひきつけているようですが、最近の、彼らのやり方は目に余ることが多いような気がします。

 9日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7492ドル30セント      -75ドル70セント(0.43%)
 NASDAQ総合指数     5022.87ポイント         -75.70ポイント(1.08%)
 S&P500           2047.62ポイント         -15.97ポイント(0.77%)
 CME日経平均先物     1万8950円            -350円
 10年物国債金利       2.2080%              -0.03%
 ニューヨーク原油       37.16ドル             -0.35ドル
 GOLD             1076.50ドル            +1.20ドル
 ドルインデックス       97.34                -1.07


 昨日の米国株は、化学大手デュポンとダウケミカルの大型合併話を好感。朝方から買い先行で反発スタートになりました。また、この日発表の原油在庫が大幅減になったことを好感し、価格がバレル39ドル近くまで上昇したことからエネルギー関連株が買われ、上げ幅を拡大。昼近くニューヨークダウは、この日の高値1万7767ドル(前日比199ドル高)をつけていました。ただ、在庫減の内容に特殊要因があるとの見方から原油価格が下落に転じると、指数は次第に上げ幅を縮小。10月卸売在庫が発表され、予想を大はばに下回ったことが伝えられると、10月~12月期GDP成長率の足を引っ張るとの観測が台頭。このところ堅調だったハイテク株を中心に益出しを急ぐ動きとなり下落幅を拡大。昼過ぎには、この日の安値1万7403ドル(同165ドル安)をつけており、短時間に360ドルを超える荒い値動きに…。引けにかけては、売り買いが交錯から値動きの乏しい展開となり、結局、主力3指数とも3日続落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1258、値下がり1900(NASDAQ市場は、885-1964)。VIX指数は、11.42%上げ19.61に上昇。

 ダウ30種は、値上がり6、値下がり24。ダウケミカルとの合併が伝えられたデュポンが11.85%高と急騰。一時の原油上げを好感したシェブロンが1.34%、エクソンが1.34%それぞれ上昇。一方、NASDAQ市場でのハイテク株売りの影響で、アップルが2.2%下落、世界景気減速懸念からナイキが1.45%下落。GSも1.2%下落するなど指数寄与度の高い銘柄の下落が、ダウの足を引っ張りました。業種別は、エネルギー関連、汎用化学品、ギャンブル、非鉄などが上昇。テクノロジーハード・機器、バイオテクノロジー、人材派遣、住宅建設などが下落。

 NYダウは3日続落。主力3指数とも、高値持ち合い圏の動きで、上昇中の50日線を下値支持として意識。この日も、50日線に接近したところから、下げ止まりの動きを見せていました。決算期末接近によるポジション調整から値動きの荒い展開が続いていますが、来週末のSQが終われば相場も新年へ向けた動きが始まりそう。引き続き、持ち合いの動きが続きそう。

 米国株は続落。円は、予想を下回る卸売在庫結果から、GDPの下振れ予想が強まり、長期金利が低下。これを受け、対ユーロでドルが売られた流れを受け、円も上昇。下値の壁とみられていた122円を下回ったことから、ストップロスの円買いが入り、対ドルは121円40銭台に急伸しています。対ユーロは133円80銭台で横ばい。CME日経平均先物は、円高を嫌気し大証先物終値を350円下回る1万8950円で帰ってきました。レンジは、1万8875円~1万9475円。出来高は、前日比5000枚増の85312枚。本日の日本株は、CME日経平均先物終値にさや寄せして、終わった後は模様眺め気分の強い展開になりそう。明日のメジャーSQを意識した海外投機筋の仕掛け的な商いが市場をかく乱していますが、オプションプットのストライキ価格1万9000円には、まとまった残があり、この救済的な動きもあるかもしれません。FOMC利上げ後の円安を期待し、海外投機筋はCME市場で「株先物買い・円売り」のポジションを作っていたようですが、このポジションが昨日のドル売りで一気に巻き戻された格好。明日のメジャーSQが終わるまでは、我慢…か。裁定解消売りに耐えられるかがポイントですが、幾らなんでも、1万9000円割れなら、国内投資家も動き始めるでしょう。これに期待。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ