大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



米株安や、米利上げ後の先行き不透明感から売りが先行。裁定解消売りを吸収しきれず日経平均、TOPIXとも3日続落して終了
 週明け16日に、米FOMCを控え、市場は気迷い感を強めています。短期金融市場での16日FOMCでの利上げ確率は84%と予想。市場は、利上げはほぼ確実に実施されるものとみています。ただ、ここにきて、市場は利上げ後の動きを読み切れなくなってきたようです。2日に発表されたISM製造業景況指数は48.6と13年5月以来、(判断の分かれ目になる)50を割り込んだほか、昨日発表された卸売在庫は増加予想から一転して減少に…。エコノミストは、10月~12月GDPを+2%程度の成長と見ていましたが、卸売在庫の減少から見通しを下方修正する可能性も出てきました。こんな状態で果たして、利上げに踏み切れるのか…。もしかしたら、利上げは見送りになるのでは…?本当に景気が強ければ0.5%の利上げもあるのでは…。市場は0.25%の利上げを予想しているが、もしかしたら、0.125%の利上げになるのでは…など、FOMCが接近するにつれ、気迷い感が強まっています。

 特に市場が気にしているのは、各ケースでの市場の反応。誰の目にも景気が強く、原油価格も高ければ今後もドル高が予想されますが、ここにきて原油価格が下げ幅を拡大。米物価上昇にも陰りがさしており、もしかしたら、いったん利上げしても、次の利上げは何時になるかわからないかもしれない、また、その際の反応は…?等々、迷いが生じています。これまでは、ECBの追加緩和、日銀の追加緩和期待にくわえ、米利上げによる金利差拡大で、「ユーロ安・ドル高」が進む…と予想。通貨先物市場では、この見通しに基づき、ユーロ売りや円売りの残高が積みあがっていました。しかし、前に書いたような不透明感が漂い始めたことから、米利上げ後の市場の反応は違ったものになるかも知れない…として、週内に巻き戻しておこうという動きが強まり、昨日の対ドルでのユーロ、円の買戻しにつながったもでしょう。今日発表された12月第1週売買分の投資主体別先物売買動向で、日経平均、TOPIXを合わせ4380億円の売り越し。日経平均に関しては7週間ぶりの売り越しとなり、海外先物筋の動きが変わったことが予想されます。海外先物筋も、為替市場での円買戻しが始まると予想して、先物売りをしていたのかもしれません。

 まあ、来週16日水曜日まで、時間がありますので先物筋に揺さぶられることになりそうですが、先物の投資主体別売買動向を見ると、日経平均先物に関しては、個人投資家が2週連続して買い越しており(今のところ損を抱えていますが…)、国内投資家に動きがみられることは明るい材料になりそうです。とにかく、今週は、明日のメジャーSQが最大焦点。昨日も裁定買い残の3月限りへのロールオーバーが遅れていることを書きましたが、市場の変動率をみるVI指数は、7日には20ポイントを割り込んでいたものの、湖j子にきて23ポイント近くに上昇。先安観が出ていることが、ロールオーバーを躊躇させたようです。このままいくと、明日のSQで解消売りが行なわれることになり、波乱しないとも限りません。まあ、警戒的な売りが増加することも仕方がないところですね。今日の日本株は、もろもろの不安感から手控え気分が強まる中、先物売りにともなう裁定解消売りなどから、3日続落しました。

 結局、日経平均は、254円52銭安(1.32%)の1万9045円55銭、TOPIXは15.23ポイント安(0.98%)の1540.35ポイントと、続落。出来高は、模様眺め気分が強まり、前日比1.8億株減の18億6561万株、売買代金は約2000億円減の2兆1913億円と、薄商い。騰落状況は、値上がり232、値上がり1617。VI指数は0.8ポイント上げ22.71に上昇。先行き懸念が強まっています。
 今日の終値での日経平均サイコロは4勝8敗(33%)、TOPIXは5勝7敗(41%)に、ともに低下。日経平均は底値ゾーンの25%(3勝9敗)に接近。日経平均RSIは、41%→30%に、TOPIXは、40%→31%に、それぞれ低下。底値ゾーンの40%割れに入りました。25日線かい離率は、-1.8%→-3.2%、TOPIXは-1.87%→-2.83%に、それぞれマイナスかい離が拡大。日経平均は、反発が望める3%を超えてきました。このほか、ストキャスティックス、RCIなどの短期指標は売られ過ぎゾーンに低下。先行き不安はあるものの、テクニカル指標は反発が近いことを暗示しています。日経平均日足一目均衡表の変化日にあたる「雲のねじれ」があり、トレンド転換は近そうです。
 米利上げ後、方向性が定まるまで時間がかかるかもしれませんので、慌てて買う必要はありませんが、ここからの下げには、買い方針で臨むのが正解かと思いますが…。今回の上げ目標20010円は、2円違いでした。計算上の下値めどは、②ポイントの18871円ですが、このポイントの整理はできており、このポイントまでの下げはないかもしれません。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ