FC2ブログ
大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
11 | 2019/12 | 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週末の米国株は、原油価格の下落に加え、デリバティブ清算に絡む売り、クリスマス休暇入りを控えた持ち高調整の売りなどが重なり、大幅続落して終了。
 おはよういございます。
 12月初めに、今月は「戊子(つちのえね)」となり、久しぶりに恐怖の水(子の象意)が来る、また、土と水が対立するあまりよくない星回りで波乱するのでは…と予想しました。結果、懸念したように大荒れ相場になってしまいました。来週22日が「冬至」、続く25日が「満月」で、相場的には変化が望めますが、はたしてどうか。新年5日の「小寒」から、「乙丑(きのとうし)」。怒りを表す木と思慮を表す丑が対立。投資家の心理が変化しやすくなり、相場的には波乱するかもしれません。ただ、揺れ動きながらも2月4日の「立春」から始まる、年の「丙申(ひのえさる)」を意識した流れに変化していくのではないでしょうか。相場にとって上げのエネルギーとなり「火」が回ってきます。2014年相場は、午年でしたが、午は「火」を象徴。相場は火のエネルギーを受け、大きく上昇しました。その「火」が来年を通してもどってきます。米利上げの混乱も、そのころには落ち着きどころが定まっていることでしょう。ここは、少し先に焦点を合わせて作戦を考えていくところでしょうね。

 18日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万7128ドル55セント      -367ドル29セント(2.10%)
 NASDAQ総合指数       4923.08ポイント         -79.47ポイント(1.59%)
 S&P500             2005.55ポイント         -36.34ポイント(1.78%)
 CME日経平均先物       1万8780円            -170円
 10年物国債金利          2.1990%             -0.0390%
 ニューヨーク原油         34.73ドル             -0.22ドル
 GOLD               1065.00ドル            +15.40ドル
 ドルインデックス          98.70               -0.36 


 週末の米国株は、FOMCの利上げが実施されたことから、市場の関心が原油価格の動きにシフト。この日も、米議会が原油輸出の40年ぶり解禁を決めたことや、国内原油掘削稼働リグ数の増加を受けて続落したことが嫌気され売りが先行。続落してスタートしました。この日が、オプションや先物などの決済にかかる「クァドルプル・ウィッチング」にあたっており、引けにかけ波乱する懸念があったことから売り急ぐ動きが強まり、昼にかけ下落幅を拡大。前回安値を付けた1万7200ドル付近で下げ止まる動きを見せたものの、引けにかけデリバティブ決済にかかる売りが増加。結局、主力3指数とも大幅続落。ほぼ安値圏で取引を終えています。原油価格の下落を受けたジャンク債への懸念の高まりから、金融株が売られたほか、ボーイングへの投資判断引き下げ、この日から上映が始まったスターウォーズへの期待感が高まったディズニーが、系列ケーブルテレビ事業への業績懸念から売られるなど、指数寄与度の大きい値嵩株への悪材料が続いたことも、指数の下落幅の拡大につながったようです。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1109、値下がり2051(NASDAQ市場は1089-1829)。VIX指数は、1.76ポイント上げ20.70ポイントに上昇したものの、比較的冷静な動き。

 ダウ30種は、値上がり1(キャタピラ +0.32%)、値下がり29。ウェルズファーゴの投資判断下げを受けたボーイングが4.1%下落。子会社の業績不安からディズニーが3.83%下落、ジャンク債破たんを懸念しGSが3.9%、JPモルガンが2.84%下落するなど、金融関連も下落。採用銘柄中14銘柄が2%超えの下落になり、指数を押し下げ。業種別は、レジャーサービス、非鉄、鉱山、貴金属などが上昇。銀行、各種金融、エネルギー、家具、トラック、金融サービスなどが下落。

 NYダウは大幅続落。週前半の値上がり分を後半の2日で帳消しにしています。この日の「クァドルプル・ウィッチング」で、主要な投資家はクリスマス休暇入りしますが、米利上げの影響が読み切れないことから、ポジションを解消して休みに臨む投資家が増えたことが、下落幅の拡大につながったようです。短期的な、下落バンドを形成していることを懸念してきましたが、この日は月曜日の安値を切り、ほぼ、バンド下限まで下落。75日線を意識して下げ止まっており、週明けは、下値固めの動きから次第に年末の評価上げを狙ったドレッシングの買いに、次第に強含む動きも…。明日発信のレポートで、来年相場も含め考えてみたいと思います。

 米国株は大幅続落。円は、日銀のわかりにくい政策発表を受け、緩和を思惑したポジションを解消する動きから対ドルは121円10銭台に急伸。対ユーロは131円60銭台に上昇。CME日経平均先物は、米株安や日銀の政策補完策への失望から売られ、大証先物終値を170円下回る1万8780円で帰ってきました。レンジは、1万8750円~1万9880円。出来高は、前日比3万3000枚増の9万5288枚。週明けの日本株は、軟調な始まりになりそうです。シカゴIMM通貨先物市場でのドル円取引に大きな変化がおきています。以前から、海外投機筋の存在を疑ってきましたが、昨晩書いた先物手口と合わせて考えてみると、納得です。詳しくは、明日のレポートで…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ