大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



2016年の相場が本日からスタート。強気の相場観を持続するものの、今年の焦点は「政治」の動きに…
おはようございます。 今日から2016年「二黒土星・丙申」の相場が始まります。金融の星である「七赤金星」が困難を示す坎宮に入るため大きな期待はできないかもしれません。ただ、九星と異なり、丙は相場にとって必要な火を供給してくれる干支となっており、相反する動きを示しています。別に占いに頼るつもりはありませんが、今年の相場は「移ろいやすいもの」と見て、相場なりについていくのがベストなのかもしれません。

 会員の方には昨日新年のご挨拶をかねて、昨年起きた大きな変化についてのレポートをお送りしましたが、一目で、史上最高値から続いてきたトレンドが転換したことがお分かりいただけると思います。ただ、同じような変化が1996年にも起きましたが、この時は、「偽りの夜明け」に騙された当時の橋本内閣が、消費税の引き上げと公共投資を一気に4兆円も縮小するような財政緊縮策を実施。日銀も引き締め気味の運営をしたことから、景気は一気に悪化。山一證券、ヤオハンなど大手企業が次々と倒産。日本をデフレの深淵に引きづりこんだ年になり、再び、(下に―、下に…の)大名行列相場に戻ってしまいました。

 今年は、消費税引き上げ前の駆け込み需要などで堅調な景気を予想する経営者も多いようですが、今の景気回復が「偽りの夜明け」ではないという保証はありません。それだけ、政治の役割が重要ということになるのですが…。消費税の引き上げについては、引き上げ幅が小さく、一昨年4月ほどの影響はないだろうという見方もありますが、税率が二けたになるインパクトは、5%→8%以上のものがあるかもしれません。軽減税率論議が盛んになりましたが、これとて、2017年の消費税引き上げを既定のものにする財務省の策謀の可能性すらあります。マスコミの、1996年の失敗、一昨年の引き上げのダメージの大きさを懸念する論調が無いのもおかしな話です。安倍首相は財務官僚と距離を置いたブレーンをそろえており、偽りの夜明けに騙されることはないものと思っていますが、今年は、政治や権力を示す水の力が弱いことから、果たして、首相が適切な判断を示せるかどうか…。

 色々と悩ましい年になりそうですが、海外も年明けからざわついています。中国が南沙諸島で進めていた埋立地に作っていた滑走路から試験飛行を実施。同地域での緊張を高めています。また、サウジアラビアでは、シーア派の指導者を含む46人を処刑。国内でシーア派住民の抗議デモが行われました。また、サウジとは敵対関係にあるイランでは、抗議デモがエスカレート。サウジ大使館に火炎瓶が投げ込まれる騒ぎになっています。今日の日本株は、この騒ぎを受けて最初に開く市場になりますが、正月休み中の米株安で、CME日経平均先物は大納会の先物終値を240円下回って帰ってきており、ハンディキャップを背負って「大発会」を迎えることになります。当面は、年末のテーマ株物色の流れを受け継ぎことになりそうですが、サウジ、イランの対立を受けGLOBEX市場の原油先物や米株の動きをにらみながらの動きになるか…。
 
 不透明感の多い始まりですが、すべて昨年から続く流れであり、投資家は織り込み済みとして行動しそう。年内の相場に関しては強気を維持。レポートで示した目標値の達成はありそうです。
 今年もよろしくお願いします。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ