大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、米株安や円高を嫌気した先物売りに、日経平均、TOPIXとも、一時、大台割れに…。中国株の反発を受け下落幅を縮めたものの、大幅反落して終了
 今日は、家内の看病を子供に任せ、相場をじっくり見ることができました。日本株には、まともな商いができなくなった中国市場の代替えとして、流動性がある日本株を売買しようという不埒な連中がまとわりついていますから、まともな感覚で日本市場を見ることができなくなっています。昨日の日本株は日経平均が、3%近い上げになったにも関わらず、空売り比率は40%台と高止まりしたまま。朝も書いたように、CTA(商品投資顧問)など投機筋の機関店になっている欧州系証券の手口は、昨日のような強い相場でも売り越し…。空売り比率の高さをみても、とにかく、日本株を挙げたくない連中が多いということなんでしょうね。

 レポートでも解説しましたが、投機筋は、年末の薄商いの時に、シカゴIMM通貨先物市場で円を大量買い。年明けから円高に誘導する準備をしており、売り仕掛けがあるかも…としましたが、やはり、不透明な環境をことさら言いつのり、仕掛けてきました。ただ、以前から書いているように、昨年8月の中国の元切り下げショック以降の、日経平均先物の売買手口の累計をみると、2兆2000億円超え。この玉をできるだけ安いところで買い戻すための仕掛けですから、節目、節目のところでは買戻しを入れてくるはず…ともしました。今日は、一時、大台割れまで先物が売り込まれましたが、そこから一転して先物買いが入り、一気に400円戻しています。先物出来高は10万枚超え…。ミニも含めると19万枚に達しています。一昨日の479円安の時の商いがラージ、ミ二を合わせ、15万枚弱ですから、今週に入って、かなり買い戻しが入ったことが想像できます。

 先週売買分の投資主主体別売買動向は、明日発表されますが、海外投資家の日経平均先物売買の状況が注目されます。先物筋にとっては、「豚は太らせてから食え」ではないですが、裁定買い残の増加を待って、売り仕掛けを…ということで、昨年末裁定買い残が3兆3000億円になったところから、円高誘導や先物売りで裁定解消売りを誘い、到頭、1万7000円割れまで誘導してきました。まさか…と思いますが、今日発表された、裁定買い残をみると、先週一週間で、7421億円減り2兆5597億円に減少してきました。今週に入ってからも、裁定解消売りを誘うような動き(先物売り・円買い)がありましたので、さらに買い残は減少しているはず…。昨年8月急落時は、買い残が1兆円くらい減少したところで、勘弁してもらいましたが、その後、先ものの買戻しとともに裁定業者が買い残を積み上げ、今回の下げのエネルギーをため込む…という経緯がありました。

 まあ、今週に入っても買い残が減少し、1兆円台に入っておれば、その分、下げのエネルギーが減った…ということで、相場的には底固めの動きが始まる、ということになりますが果たしてどうか…。海外先物筋としても、売り玉を持ち過ぎ、政治的な対応や日銀の思いもよらない政策で、担ぎ上げられるという怖さがありますから、今週から、来週初めまでには、買い戻してしまわないといけない…というストーリーをレポートで書いてきましたが、明日の投資主体別売買動向で、海外投資家の動きが変化していたら、「当たり」ということになるんですが…。

 まあ、そういう動きを反映しながら、今日の日経平均は、474円68銭安(2.68%)の1万7240円95銭(一時、1万6944円=前日比771円安)、TOPIXは35.54ポイント安(2.46%)の1406.55ポイントと、ともに急反落。昨日の上げは、いったいなんだったの…的な、行って来い相場になりました。出来高は、前日比4.6億株増の26億株、売買代金は、3600億円増の2兆8562億円と、ともに増加。昨日上げた分だけ、今日の下げに対する失望が大きく、投げも出たようです。騰落状況は、値上がり104、値下がり1795と全面安。VI指数は、3.86ポイント上げ31.76ポイントに上昇。ボラティリティだけを見ると、そろそろ…感も出てきそう。

 今日の終値での日経平均、TOPIXともサイコロは4勝8敗(33%)、日経平均RSIは27%→23%、TOPIXは30%→27%、25日線かい離率は、日経平均が-5.8%→-8.2%、TOPIXは-5.18%→-7.1%に、ともにマイナスかい離が拡大。騰落レシオは63%で横ばい。指数的には、売られ過ぎ局面から反発期待のゾーンにあります。今日の段階で、日経平均の週足サイコロは、6勝6敗(50%)、RSI38%と、ともに先週から低下していますが、RSIの20%台までの低下がほしいところ…。まあ、海外情勢にもよりますが、そろそろ、底値を意識した動きが出てきてもおかしくないところ。銘柄については、直近号で取り上げたところはしっかり、ですから、方針を変える必要はなさそう。次は、来週21日が24節季の「大寒」で変化日になりますが、これまでには勝負がついているかもしれませんね。しかし、先物筋のウリ仕掛けについて書くたびに、恣意的に操作する余地がある上、高すぎるレバレッジのいまの先物制度について、なんとかならないものか…と、思ってしまいますが、不思議なくらいマスコミが書かないのはなぜなんでしょうかね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ