大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



本日の日本株は、日銀の追加緩和期待から堅調に推移したものの、甘利大臣会見への相場の反応を警戒した売りに反落して終了
 甘利経済財政・再生相の会見を見ていたら遅くなってしまいました。まあ、こういう問題の真相は闇の中ですし、追及している野党議員だって、一皮むけば同じような経験をしているんでしょう。今回のようなトラブルの仲介だけでなく、業界に不利に作用するような法案が出てくると、地方議員を通して有力議員に働きかけ、法案潰しに動いてもらうなどは、日常茶飯事のこと…。もちろん、骨折り料は必要になりますが…。……という、噂を記者時代に聞いたことがあります。ただ、今回は、証拠がそろい過ぎているなど、何か釈然としないものがあります。この雑誌の編集長が交替したばかりで、スクープを連発する必要があったという、事情もあるようですが、もし、意図的にハメた、ということになれば、いくら言論の自由といっても問題があるといわざるを得ないでしょう。安倍政権の経済再生の司令塔を失った、ということは、大きな損失ですが、今は、次のステップに移る大事な時期…。新閣僚を早期に任命して、切れ目を作らないようにしてもらわないといけませんね。

 さて、今日発表された投資主体別売買動向は、海外投資家の日経平均先物売買は、ラージ、ミニを合わせ2240億円の買い越し。今年に入って初めてです。先週の日経平均の上げが先物の買戻しによるものとわかりましたね。レポートでは、今回の下げについて、地政学要因や米利上げ懸念などいろんな悪材料が流されているものの、昨年、8月の中国人民元切り下げショック以来、先物を売り続けているCTA(商品投資顧問)など投機筋による売り仕掛けによるものが多い、としてきました。また、前週号では、裁定買い残や過去の海外投機筋の動きから、新たなレンジ形成作りに動く可能性が強い…として、1万6300円を挟んだゾーンが下値になる可能性が高い、とも書いてきました。先週、このゾーンを下値とした強烈なタクリ線をつけましたが、ECB理事会、FOMC,日銀会合という中銀の会合を控え、売り玉を持続するリスクが高くなっていた、ということから、買戻しを急いだものでしょう。今週に入ってどのくらい買い戻したかわかりませんが、過去2年のやり方をみると、ほぼ、売り仕掛けは終わった、とみてもいいのではないでしょうか。甘いかもしれませんが…。おそらく、原油を含めた他の市場も落ち着きを取り戻してくるものと思われます。

 まあ、いつも投機筋が売り仕掛けするときは、値動きが厳しいので、素人のマスコミは投機筋から流されてきた材料をことさら大きく取り上げて、不安を掻き立ててくれます。彼らにとっては、日本市場はレバレッジの大きさという、マスコミの騒ぎ具合といい、少ないコストで仕掛けがしやすい市場ということができるんでしょうね。まだ売り玉が残っているので、安心はできませんが、しばらくは一息つかせてくれそうです。今日も、米国株は、FOMC声明文が、はっきり3月に利上げはしない…と言ってくれなかったことに失望して、大幅安。日本株も下落してスタートしましたが、中国株安、GLOBEX市場の米株安、原油安にも関わらず、前引けにかけ上昇。プラス圏に浮上する場面もありました。おそらく今日も買い戻しが続いたんでしょうね。後場にかけては一転して売り基調になりましたが、これは今日の引け後に甘利大臣の会見を控えており、市場の反応が読み切れないことから、ポジション調整の売りが出されたものでしょう。

 ただ、昨晩のFOMC声明文の内容は、直接、利上げ延期に言及はしなかったものの、年末にかけての景気減速を認めたことや世界の市場の波乱に留意しているとしたことで、実質的に3月利上げは無いと宣言したようなもの。市場は、次第にこれを織り込む格好で堅調になっていくんでしょう。現にGLOBEX市場の原油価格は上昇し、高値32.88ドルをつけています。また米株もこれを好感しニューヨークダウの先物は三桁の上げになっています。まあ、気が付けば1月の波乱はなんだったのか、ということになるのかもしれませんね。明日の日銀会合も事前予想で、追加緩和を見込む投資家は5人に1人も行かない状態。何もなくても大きな影響はないかもしれませんね。まあ、ちょっと楽観過ぎるかもしれませんが、過去2年間同じような状態だったことを考えると、日柄は重文みたいな気がします。

 日経平均は、122円47銭安(0.71%)の1万7041円45銭、TOPIXは8.60ポイント安(0.61%)の1392.10ポイントと、ともに反落。出来高は、1.1億株減の21億4539万株、売買代金は、753億円減の2兆3772億円と、小幅に減少。騰落状況は、値上がり753、値下がり1063。VI指数は0.04ポイント下げ、38.07ポイントに小幅低下。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、5勝7敗と変わらず。RSIは、日経平均が40%→42%、TOPIXは40%→41%に小幅に上昇。25日線かい離率は、日経平均が-3.8%→-4.1%、TOPIXは-3.45%→-3.66%に小幅に拡大。騰落レシオは62%→64%に上昇。上向きのモメンタムは高まっています。

 今回の相場では、主力株のリバウンドを狙うよりも、以前成長株としてにぎわった銘柄でチャートの崩れていないものが面白い、として、エスエムエスやアクトソーシング、日本M&Aなどを注目。継続注目のエムスリーやカカクコム、ゼンリンなども息を吹き返してきました。まあ、想定通りの展開ですが、焦点は決算発表後…。甘利大臣の辞任で安倍政権の最優先課題は、經濟に移ってきますので政策テーマに移っていくのでしょうか。もし、日銀も含め、本格的に物価の押し上げに動くようなら金融株も含め面白いことになっていくのですが…。まあ、これは先の話しですね。
 今日は、これから外出しますので、思いつくままに書きましたので、わかりにくいところもあるかも…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ