大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



週末の日本株は、日銀のマイナス金利採用のサプライズを受けた買戻しなどから、急反発して終了
 完全に隙を突かれた格好になりました。事前に緩和を予想した投資家は、五人に一人以下、という状態でしたが、その人でも予想したのは資産買い入れ枠の拡大。まさか、日銀当座預金の付利について、マイナス金利に踏み込むとは…。このところ、日銀が国債の買い入れを行っても、売却資金を得た銀行は日銀の当座預金に預けて0.1%の金利を得ることができるため、貸し出し努力をせず、市中に打回る資金が増えないという弊害が出ていました。当面、定められた預金準備率により預けられた当座預金については従来通り0.1%の付利をおこなうものの、超過分については0%、マイナス0.1%の不利に引き下げることにしました。

 効果のほどはまだわかりませんが、ただでさえ、資金運用難に悩む地銀などは運用先に窮し、再編を促す起爆剤になる可能性もあります。また、有利な利回りを求めて、株式運用やリートの購入を増やしてくる可能性もあり、今日は、不動産株や不動産リートの有力企業が上昇。最近追加緩和に備えて取り上げたいちごグループホールディングスが、年初来高値を更新していました。まさに、「瓢箪から駒」でした。ただ、マイナス金利の導入で、同様に注目してきた三菱UFJが、一時、大台を割り込む場面がありましたが、注意したいのは同行は不動産リートの組成で有力であること。今後、資金運用難に悩む地銀向けにリートを組成し収益を上げる機会も増えることになりそう。地銀とは区別してみる必要がありそうですね。まあ、今日は久しぶりに炸裂した黒田バズ―カに翻弄されました。

 レポートでは、海外投機筋が、アベノミクスの行き詰まりや、日銀緩和策の手詰まりを予想し、昨年から日本株の先物を売りまくっており、何か想定外の好材料が出てくると、買戻しから相場が急伸する可能性がある…としてきました。昨日も、海外投機筋が日銀会合やFOMCを前に先物売りを手仕舞いしているとしましたが、まだ、金額的にはまとまっていませんでした。今日のマイナス金利発表後、買戻しと思われる先物買いに、一気に価格は1万7840円(前日比780円高)まで急伸。その後、マイナス金利は銀行にマイナスとして、TOPIX先物が売られると、今度は、逆落としに下落。30分後には高値から1000円安の1万6740円まで下落するなど、バンジージャンプみたいな相場になりました。しかし、その後、日銀の意図するところが伝わり、為替も120円台が定着してくると、午前中に売られていたハイテク株が買い戻され、さらに、先物に買戻しの動きが続き、裁定買いから指数は、引けにかけ上昇。全体にも買いが波及し、ほぼ全面高商状で終わっています。

 結局、日経平均は476円85銭高(2.80%)の1万7518円30銭、TOPIXは39.97ポイント高(2.87%)の1432.07ポイントと、ともに反発して終わりました。出来高は、前日比19.8億株増の41億2505万株、売買代金は、2兆円増の5兆4317億円と、前日から倍増。騰落状況は、値上がり1721、値下がり186。日経平均先物ラージの出来高は約17万枚。昨日から10万枚以上増加しており、売り玉の買戻しがあったことを思わせます。まだ、今回の日銀のマイナス金利の評価は定まらず、今日の先物手口は、欧州系証券は売り越すものが多かったようですが、少なくとも今回の措置で、これまで見送りを決め込んでいた国内投資家が動き出してくる可能性があり、これまでのように海外投機筋の思うようにはならなくなってくるはずです。

 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに5勝7敗で変わらず。RSIは、日経平均が42%→48%、TOPIXは42%→48%に、それぞれ上昇。25日線かい離率は、日経平均が-0.9%、TOPIXは-0.62%に、それぞれ縮小。騰落レシオは、64%→72%にそれぞれ拡大。短期テクニカル指標は、過熱感を伴わず上向きモメンタムの拡大を暗示。週明けは、上値を試す展開に…。直近レポートでは、今回の下落相場がレンジ内にあるとして、戻り相場はレンジ上限になると解説済み…。シカゴIMM通過先物市場にも円買いポジションがたまりこんでおり、ポジション解消から円が下落する期待もあり、主力ハイテク株や銀行の資金運用難を思惑し、高配当銘柄が買われてくる可能性も…。ただ、決算内容によっては「決算プレー」で売りたたかれるものも多く、発表を終えたあとの緩んだところを狙うようにした方がいいかも…。
 今日は、バンジージャンプしたような気分で、少々疲れました。日銀の政策評価や相場への影響については、日曜日発信のレポートで分析してみます。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ