大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



週末の米国株は、GDPの上方修正を好感し、戻り高値を更新したものの、利上げ懸念や原油反落から、高安まちまちで終了
 おはようございます。 家内が里帰りしてから、急に忙しくなってきました。ブログ書き込みの準備をしていたら、自治会長さんがきて、広報誌配布の当番になっているとか…。30件近くに配って回ったら、違う自治会の家においてきたのか、部数が足りなくなり自分の分を回して穴埋めするなど、パニック状態。日ごろの近所との関係が疎遠になっていることから、どこが誰の家かわからないことが原因。そのあとは、買い物やら食事作りやらで、な~んにも出来ず。しばらくはご容赦!

 今週の日本株は、堅調な米国株や為替の安定に支えられ、週間で続伸して終わりました。3月のメジャーSQや、日米欧の中銀会合を控え、投機筋がロング&ショートや増えすぎた先物売りなどのポジション調整をしていることから、主力株の物色対象が目まぐるしく変わっているほか、先物筋の間でも日本株の先行きに関し見方が対立。弱気のウリと買戻しが交錯し、指数はこう着感を強めています。G20では、米国の利上げ抑制を求めていますが、昨日発表されたPCEコア物価指数やミシガン大消費者信頼感指数(確定値)のインフレ期待値が上昇していることから見て、3月利上げは無いとしても、市場の落ち着き具合では5月利上げ論も台頭してくる可能性があります。米景気が勢いを取り戻し、長期金利が反転してくれば、弱含みの円など相場環境も好転してくる可能性も…。当面は、世界規模のポジション調整から相場はこう着感を強めそうですが、今週末の騰落レシオの100%乗せなど、出遅れ株やテーマ株を物色する流れは広がりを見せており、週明けは、さらに超低位株を含めたかさ上げ相場に移行していく可能性もでてきました。日銀のマイナス金利採用で、想定通り自社株買いが勢いをましてきました。資本コストからみて、今後は自社株の消却も増えそうなことから、将来的な需給関係は大幅に好転してきそうです。少し、長い目でみた投資を考える時期に来ているような気がしますが…。

 26日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万6639ドル97セント     -57ドル32セント(0.34%)
 NASDAQ総合指数     4590.478ポイント       +8.26ポイント(0.18%)
 S&P500           1948.05ポイント        -3.65ポイント(0.19%)
 CME日経平均先物     1万6315円           +55円
 10年物国債金利       1.7620%             +0.0650%
 ニューヨーク原油       32.78ドル            -0.29ドル
 GOLD             1220.40ドル           -18.40ドル
 ドルインデックス        98.09              +0.65  


 昨日の米国株は、朝方発表された10~12月期GDP改定値が上方修正されたことを好感し、買いが先行。G20財務相・中銀総裁会合での市場の混乱収拾を期待し欧州株が上昇したことも支えとなり、ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の高値1万6795ドル(前日比98ドル高)をつける場面もありました。ただ、この日発表されたPCEコア物価指数が予想を上回ったことやミシガン大消費者信頼感指数(確報値)でインフレ期待値が高まったことから、利上げ懸念が台頭。上昇していた原油価格が、週末のポジション調整から下げに転じたことも嫌気され、引けにかけ上げ幅を縮小。引け近くにはこの日の安値1万6623ドル(同74ドル安)をつけています。結局、ニューヨークダウとS&P500は3日ぶりに反落したものの、NASDAQ総合指数は3日続伸と高安まちまちで終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1940、値下がり1194(NASDAQ市場は、1802-996)。VIX指数は、0.7ポイント上げ19.81ポイントに上昇。

 ダウ30種は、値上がり10、値下がり20。インフレ懸念の上昇を受け、GSが1.35%、JPモルガンが0.93%と金融株が堅調。また、デュポンが1.8%、キャタピラが0.6%、それぞれ上昇するなど景気敏感株もしっかり。一方、金利上昇を受け、コカコーラが2.31%、ウォルマートが2.25%、P&Gが1.51%、それそれ下落するなど消費関連が不調。採用銘柄中7銘柄が1%超え下落し、指数の足を引っ張りました。

 NYダウは3日ぶりの反落。下落中の75日線や13週移動平均線に接近したことや週末のポジション調整から益出しの売りが選考したようです。すでに25日線が上昇に転じており下値不安は減っていますが、短期的には、50日線を下値として意識する動きも出てきそう。上げの道中、1万6500ドル付近でもみ合っており、このゾーンも下値として意識されるか…。NASDAQ総合指数は、下落中の50日線を意識していますが、依然、2月21日高値を抜いていないことが懸念材料に…。週明けは、景気の持ち直しと利上げ懸念の再燃の綱引き相場になるか…。

 米国株は高安まちまち。円は、米物価上昇や長期金利の上げを受け対ドルは113円90銭台に下落。対ユーロは124円60銭台に小幅に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を55円上回る1万6315円と、しっかりで帰ってきました。レンジは、1万6815円~1万6530円。出来高は前日比600枚増の7万2052枚。週明けの日本株は、CME高を受け堅調な始まりが予想されます。現在、開催中のG20財務相・中銀総裁会合は、中国の財政出動や、米国の利上げ抑制の表明などがありそうですが、評価は週明けの市場を待つ必要があります。米国株を中心に先進国の株価は底堅さを増しつつあり、週明けもじり高基調をたどることになるのでしょうか。物色対象、全体の動きなど詳しくは、明日発信のレポートで考察してみます。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ