大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



週明けの日本株は、円の上げや先週大幅上昇したことによる益出しの売りなどから、5日ぶりに反落して終了…リスクオフの巻き戻し相場が継続
 先週末発表の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数が予想を大幅に上回ったほか、12月、1月に遡って3万人分上積みするという好内容でした。一気に利上げ懸念が強まったものの、中身をみると時給は2014年12月来のマイナス、週平均労働時間も減少…と、将来の物価上昇のもとになるところが、今一つという内容。景気の強さは確認できたものの、賃金の伸びの弱さは、市場にはプラス、ということで、投資家にとっては、言いとこ取りの内容で、米主要株式指標は4日続伸。今日のアジア株式市場も、米利上げ懸念は遠のいたものの、米景気の強さは確認された、として、総じて強含んで終わりました。

 ドル高や新興国景気減速の影響を受け、最後の砦だった米国景気にも陰りが見えてきた…として、失望感が広がっていたものの、2週前に発表された個人消費支出や耐久財受注、先週発表の製造業PMI、ISM製造業景況指数、建設支出、それに続くベージュブック(地区連銀経済報告)がいずれも予想を上回る内容となり、米景気減速懸念を払しょく。世界的な景気減速を前提にしていた、原油価格が反転、新興国の通貨、株式が買い戻されたほか、倒産の危機まで噂されたドイツ銀行や資源大手グレンコアも買戻しで戻すなど、先週の世界市場の動きは、リスクオフの巻き戻しから好転して終わっています。まあ、CTAなど海外投機筋の過剰な宣伝工作に乗せられ、実態以上に危機感が煽られた…という側面もありますが。

 先週の日本株も、リスクオフの巻き戻しが相場のテーマでした。世界的な景気減速や欧州銀行への不安、リスクオフの円高などを嫌気して売られてきた、海運や銀行、電機、機械などの外需株、商社などが買戻しで上昇する一方、原油安で買われた空運や陸運、ディフェンシブの医薬品、紙パルプ株などが売られていました。また、下落相場の末期には、PERで割高だった小型成長株を貸し株を使って売りたたく動きもありましたが、今月は本決算月で、株券を返済しなければならず、この買戻しと思われる買いに、日本M&Aセンターや物語コーポレーションなどが急伸していました。まあ、銀行などへの売りはかなり大がかりに行われましたので、ここしばらくはリスクオフの巻き戻しが続くのかもしれませんね。ものによっては良いところまで戻ってきているものもありますから、深追いしないようにしないといけませんが…。

 週明けの日本株は、米株高やCME日経平均先物高を受け、小幅に続伸して始まったものの、円が小幅に強含んだことや中国市場への警戒感から、寄り付きの買い一巡後は売りが増え下落。早くも1万7000円の大台を割り込んでいました。前週4日続伸し、日経平均は週間で5%超え上げていたことから益出しの動きが続いたほか、週末のメジャーSQをにらんだ、先物のロールオーバー(3月限りから、6月限りへの乗せ替え)や弱気と強気のポジションが集まる1万7000円をめぐるオプションにからんだ、動きなどから売買が交錯。終日マイナス圏で推移したものの、日経平均のレンジは132円とこう着した動きに…。前週に続き、リスクオフで売られた海運、非鉄、卸売、鉄鋼、証券などが値上りし、週はじめも前週と同様リスクオフの巻き戻し主導の展開でした。

 結局、日経平均は、103円45銭安(0.61%)の1万6911円32銭、TOPIXは13.45ポイント安(0.98%)と、ともに5日ぶりに反落して終了。出来高は、前週末比4.35億株減の22億1694万株、売買代金は、3180億円減の2兆1722億円と、花粉症みたいなぼけーとした相場。騰落状況は、先週も予想したようにかさ上げ的な動きが強まり、フィンテック関連、ライン関連など騰貴性を帯びたテーマ株が買われ、値上がり835、値下がり1000。指数は、下落したものの、VI指数は1.29ポイント下げ、27.76ポイントに低下。

 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは7勝5敗(58%)に低下。RSIは、日経平均が69%→66%に、TOPIXは70%→65%に、それぞれ低下。25日線かい離率は、日経平均が+3.3%→+2.9%に、TOPIXは3.2%→2.4%に、それぞれ低下。騰落レシオは、100%→93%に低下。ともに、3日をピークに頭打ち感があるものの、指数の安定を手掛かりに、循環的に低位株や出遅れ株を買い上げるかさ上げ的な動きも強まっています。当面は、リスクオフの買戻しが一巡し、どんな物色の流れが出てくるかが焦点に…。
 今日のところは、先物筋はロールオーバーなどポジション調整に忙しく、仕掛け的な動きはないようです。すでに先週から始めていたようですから、今日、明日で一巡するかもしれません。ただ、オプションに関しては、1万7000円で、プット、コールとも残高が多く、そろそろ清算を有利にするような動きが始まるかもしれません。レポートでも、日米とも戻りに一巡感が出ていることから、今週は次の上げにつなげる小幅調整もありうる…としました。当面は、25日線の方向転換待ち…。レポートで取利上げてきたテーマ株の押し目買いを持続。今日は日経ビジネスの記事のせいか、AI関連のUBICの上げが目立っていましたね。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ