大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



週明けの日本株は、円高や機械受注の落ち込みを嫌気して続落するも、黒田日銀総裁の円高けん制発言などから、下落幅を縮小して終了
 昨日送信したレポートは最近起こった大きな変化と、それに対する対応を間違えたときに考えうる影響について書きました。まさか、過去に犯した過ちを繰り返すことはないと思いますが、何としても自分たちの既得権を守りたい勢力が、自分たちが影響を及ぼせる海外機関を通して提言させるというやり方で、世論を自分たちを有利なように導こうとしているようです。なんだか、わけのわからな、ことを書いているようですが、一昨年の消費税引き上げは、海外経済機関の提言という形を借りたり、マスコミのインチキくさい世論調査などで、さも消費税引き上げが正しいか…という雰囲気を作り上げ、わきあいあいと実施されました。

 消費税の引き上げは、本来、消費者の購買力を奪うもの…。ただでさえデフレ圧力が強まるのに、消費税引き上げと同時に財政再建という名目で公共投資を大幅に削減しています。どの組織がたくらんだのかしれませんが、これだけ一気に需要を奪ったら、景気が落ち込むのは常識。円安で輸出が伸びているから落ち込んだ需要は埋められる…なんて甘い観測でやったんでしょうね。でも、昨年5月に円安が進み始めたら、当時の通貨安誘導への批判的な雰囲気もあり、黒田総裁と浜田内閣府参与が円安をけん制。これで海外投資家の日本株への見方が一大変化。円安でヘッジした取得株を処分し始めたことから、「株先物売り・円買い」となり、現在に至っています。

 明らかに、政策の失敗を重ねていますね。おまけに、財務相の肝いりで国民の所得を把握することが狙いのマイナンバーを実施。資産家は、現金や金など現物資産に財産を振り替えて胎蔵。それまで、株高、不動産高の資産効果で高額品の購入に振り向けられていた消費は、胎蔵品を収納するための金庫の購入を最後に、減少に転じています。今の、市場や日本経済の低迷は、明らかに政策の失敗から起きているものでしょう。経済指標を見るとリーマンショック以来…というかっこ付きの指標が増えています。こんな状態で、消費税の引き上げをやったら、また、デフレ効果を減らすためにと、中途半端は財政支出をやったら…何が起きるかは、明白ですね。少々大げさに書いていますが、もし、再び、政策的な失敗を重ねたら…。レポートでも触れましたが、これ以外でも3月に入って大きな変化が起きています。政策当局は、相当腹をくくってかからないといけませんね。ただ、安倍首相の一言で、事態は一転。日銀が実施したマイナス金利が効果を発揮してくるはずです。今の日本株は大きな分岐点に立たされていることを頭に入れて置かないと…。

 レポートは今年に入り、ソニー、ソフトバンク、ヤマハを除き主力株を避け、2期連続増益になる企業や、自動運転、AI、中小企業支援、人手不足関連などに絞って、逆張り方針でやってきましたが、このところ、ミロク情報サービスのように、エスカレーター相場から直線的に上げるエレベーター相場に移行しそうなものも出てきました。今日は、ミロク情報サービス、JPホールディングス、スタートツデイ、福井コンピュータの4銘柄が新高値を更新。パイオニア、乃村工藝社、UBICなど、このところ連続して取り上げてきたものも上げ足を速めています。今日は、日曜日の日経で伝えられた、自動運転用の立体地図作りが刺激材料になり、立体地図作りに必要な点群データ処理ソフトを持つ福井コンピュータが買われたんでしょう。パイオニア、以前取り上げたゼンリンも同類。前段でも書きましたように、大きな変化が出始めたときに、一方で材料系が仕上げ的な動きが出ている…。やはり、ここは次の展開を考えることに比重を移すべきでしょうね。レポートの見方が正しいとは思いませんが、なんだか、大きな分岐点に立たされてきた、という予感だけはします。

 レポートでは、今週の日本株は、下値支持線を意識した動きが出るのでは…としましたが、いったん、日経平均は円高を受けた先物売りに300円近く下落する場面があったものの、引けにかけ買い戻され、結局、70円39銭安(0.44%)の1万5751円13銭、TOPIXは7.90ポイント安(0.61%)の1279.79ポイントと、ともに3日ぶりに反落。出来高は、先週のオプションSQに絡む玉が無くなり、6.8億株減の18億2657万株、売買代金は7200億円減の1兆8604億円と、閑散商い。騰落状況は、値上がり698、値下がり1116。バルチック海運指数の上昇を受けた海運株や資源関連が買われています。相変らず力のない相場ですが、今日の終値での日経平均のRSIは17%台に低下。他の目先指標では、底離れを暗示するものも出てきました。米国株はやや頭打ち感がでており、ちょっと今週以降の動きが心配ですが、先行きの弱気が多く、膨大な空売りが積みあがっているといい、調整したとしてもしれているんでしょうね。当面は、東証マザーズの動きが焦点ですが、先物売買の日程が発表されたら動きが変わる可能性があります。まあ、あくまで、業績にこだわるところでしょうね。主力への橋渡し的な動きになるソニーの動きに注目。
 薬の処方箋をもらいに病院に行こうと、慌てて書きましたので、わかりづらいかも…。おまけに、結局、病院には間に合わず…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ