大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



昨日の米国株は、中国の輸出入統計の改善やJPモルガンの予想を上回る決算に加え、景気拡大基調の持続を確認したベージュブックを好感。主力3指数とも大幅続伸して終了
 おはようございます。
 消費税の再引き上げをやるのか、見送るのか…。市場は見送り必至の方向で織り込みつつあるようですが、先日のOECDに続き、昨日はIMF(国際通貨基金)が再引き上げを要求してきました。前回に続く要求ですが、要請通り引き上げした結果、それまでに積み上げてきたアベノミクスの成果が台無しになったことへの反省の弁はありません。引き上げの根拠として、一般政府債務のGDP比較の数字を持ち出していますが、どこかの国の貧乏神みたいな省庁が主張する論理と同じ。IMFにはこの省庁からの出向者が多く、同省の主張を通したいときに代弁者として使われることが多いようです。いまだにこんなことをしているということは、何としても消費税の再増税をさせたいと考えているということなんでしょう。彼らの試算には意図的に国有資産や独立行政法人が持つ資産などは外されており、これを含めると、日本の財政状況は悲観的なものでは無いとも言います。消費税上げのデフレ効果に対しては財政面で対応すれば良い…といいますが、財政緊縮を旗印にするどこかの省は、前回も税率上げと同時に公共投資の大幅削減を実施。不況感を強めています。こんなところが、税率あげにともなうマイナス面を埋めるに十分な財政出動を容認するはずもなく、また、足を引っ張る動きをするんでしょう。よほど、円高やデフレが好みなんでしょうね。困った人が多いほど、自分たちの権力を維持できるとでも考えているんでしょうか。司馬遼太郎が指摘した、昔の軍部の悪しき慣習が、日本の官僚機構の中に残っている…との懸念は案外本当なのかも…。二日酔いで書いている被害妄想ですが…。

 13日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万7908ドル28セント     +187ドル03セント(1.06%)
 NASDAQ総合指数        4947.42ポイント        +75.33ポイント(1.55%)
 S&P500               2082.42ポイント        +20.70ポイント(1.00%)
 CME日経平均先物        1万6600円           +180円
 10年物国債金利         1.7620%             -0.0190%
 ニューヨーク原油         41.76ドル            -0.41ドル
 GOLD                1248.60ドル          -12.60ドル
 ドルインデックス          94.80              +0.75       


 昨日の米国株は、中国の輸出入統計の改善を好感し、アジア、欧州株が上昇した流れを引き継ぎ買いが先行。朝方発表された金融大手JPモルガン・チェースの決算が予想を上回ったことも投資家の強気を誘い、終日上げる展開に…。この日発表の小売売上高(3月)や卸売物価が予想を下回ったものの、特に売り材料視されず、(景気が拡大基調を続け、賃金上昇圧力が高まっている、とした)ベージュブック(地区連銀経済報告)の内容を好感した買いに引けにかけ上げ幅を拡大する動きに。決算が予想を上回ったJPモルガンが急伸。これを受け、GS,AMEXなど金融関連も上昇。中国の輸出入統計の改善を受けキャタピラーも急伸。NYダウ採用銘柄中15銘柄が1%超え上昇し、指数の上げに寄与しました。結局、主力3指数とも続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2414、値下がり712(NASDAQ市場は、2229-619)。VIX指数は1.01ポイント下げ13.84ポイントに低下。先行き件は払しょくされたようです。

 NYダウは続伸。昨年の史上最高値からの上値抵抗線を抜けた後、このラインが下値支持線に転換したかどうか試していましたが、上昇中の25日線の接近とともにこの上昇圧力を受け、上げ足を速めてきました。以前から、確定申告時期にあたるこの季節は、節税用の年金j購入資金がファンドに流入。需給関係が好転する時期でもあり株価が上がりやすくなる…としてきましたが、想定通りの動きになりました。ただ、確定申告も15日で終了。今後、資金流入が続くかどうかが焦点になってきます。過去、2回の天井では、一番天井を付けた後、次第に高値が切り下がり、最終的に急落するというパターンをたどっており、今後は、次に来る高値の位置が問題になりどうです。今月後半からは「SELL IN MAY」も意識されやすくなってきます。

 米国株は続伸。円は、強いベージュブックの内容や中国景気指標の好転を受けたリスクオンの動きから対ドルは109円20銭台に下落。対ユーロはギリシャ債務問題から123円20銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物を180円上回る1万6600円で帰ってきました。レンジは、1万6065円~1万6660円。出来高は、1万4000枚増の7万6150枚。本日の日本株は欧米株高や円安基調を好感。昨日に続き、主力株や先物の買戻しを中心にした堅調相場が続きそう。米国では、VR技術を生かしAIや自動運転用の半導体分野で新境地を開くエヌビディアが高値を更新。日本でも、一般紙が自動運転用の立体地図の作成プロジェクトを報じており、再び関連株が人気化することもありそう…。昨年8月の中国元切り下げショック以降の先物売りやこれにともなう円買いポジションの規模からみて、まだ、買戻しが終わっているとは思えず、これを一斉に踏ませるような政策対応が望まれます。引き続き、ソニー、ソフトバンクのほか3連休前の28日に決算発表を予定しているヤマハ…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ